メインメニューを開く
東日本旅客鉄道 > ジェイアール高崎商事

株式会社ジェイアール高崎商事(ジェイアールたかさきしょうじ)は、過去に存在した、東日本旅客鉄道(JR東日本)の完全子会社連結子会社)。

株式会社 ジェイアール高崎商事
JR Takasaki Trading Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 JR高崎商事
本社所在地 370-0846
群馬県高崎市下和田町5-3-21
設立 1989年4月1日[1]
業種 サービス業
事業内容 店舗事業
開発事業
その他
代表者 代表取締役社長 鎌田伸一郎(東日本旅客鉄道株式会社高崎支社長)
主要株主 東日本旅客鉄道
外部リンク http://www.jr-t-syouji.co.jp/
特記事項:解散時
テンプレートを表示

概要編集

JR東日本支社別グループ会社の一つとして、高崎支社管轄の子会社であった(このため、高崎支社長が社長を兼任していた)。管内において飲食店(高崎駅構内商業施設「イーサイト」ほか)、コンビニエンスストアNEWDAYSの一部)、スーパーなどの運営、新幹線高架下の開発など不動産業、旅行代理業、松井田駅西松井田駅の駅業務の受託(参考:業務委託駅)、JR東日本ホテルズ「ファミリーオ新治」の運営など、幅広い事業を手掛けていた。

2008年4月1日をもって、高鉄開発を吸収合併した。ただし、清掃業務は高崎鉄道整備に移管[1]

2009年4月1日をもって、JR東日本グループ事業再編のため、店舗・自動販売機関連の事業をJR東日本リテールネット、不動産関連の事業をジェイアール東日本都市開発に譲渡した上で、鉄道事業(及び法人本体)を高崎鉄道整備へ吸収合併させることにより法人が消滅した(同時に高崎鉄道整備は「JR高崎鉄道サービス株式会社」に商号を変更した)[2][3]。また、ファミリーオ新治・イーサイトは、高崎ターミナルビルに移管されていたことが後に明らかになった(移管対象に高崎ターミナルビルも含まれていたが、個別の移管項目は明らかにされていなかった。現在ファミリーオ新治は日本ホテル系列「ホテルメトロポリタン高崎」に移管されている)[4]

事業所編集

営業編集

以下は2009年3月時点のものである。

商業施設運営編集

貸駐車場編集

(新幹線高架下などJR東日本所有の土地を開発)

現在は、ジェイアール東日本都市開発が運営。

宿泊施設運営編集

  • ファミリーオ新治
現在は、日本ホテルが経営、ホテルメトロポリタン高崎が運営受託。

駅業務受託編集

その他、高鉄開発が受託していた駅の業務委託も継承していた。
JR高崎鉄道サービスを経て、現在はJR東日本ステーションサービスに関東地区の他支社管内を含め、統合されている。

大清水編集

高崎商事では上越新幹線・大清水トンネルの開削工事の際に湧き出た水を原料とした「大清水(おおしみず)」ブランドのミネラルウォーター、清涼飲料の販売(製造は三国コカ・コーラボトリング丸善食品工業等に委託)を手掛けていたが、JR東日本グループの飲料事業再編に伴い「JR東日本ウォータービジネス」が2006年10月1日に設立され、高崎商事が行っていた大清水関連の事業も同日付でウォータービジネス社に完全移管された。

ちなみに、トンネルの名称は「“だい”しみずトンネル」であるが、飲料水ブランドとしての名称は『名水「大清水(おおしみず)」』である。この名称は「おいしい水」をもじったものである[2]

ウォータービジネス社はミネラルウォーターを新ブランド「From AQUA(フロム・アクア)」としてリニューアルし、2007年7月17日に発売開始。また伊藤園カゴメ日本コカ・コーラアサヒ飲料キリンビバレッジ大正製薬など大手各社と駅構内専売の飲料製品の共同開発を進めるなど事業展開を進めている。

移管後はそれまで買えた構内の自動販売機・NEWDAYSなどで商品は一切並んでいない(2007年3月頃まで水戸支社管内・千葉支社管内の一部の駅では自販機には在庫があったが、これらは賞味期限が同年6月までのため姿を消した。高崎支社管内含め他地区では、移管直後の2006年9月下旬~10月初旬、駅構内などの大清水ブランド専用の自動販売機の一部で商品補充を停止、全商品売切れにした後、一時的に販売停止にし商品を入れ換えた)。2007年には、新潟県内をはじめとする三国コカ・コーラボトリング管内の一部自販機や一部店頭(どちらもJR施設内以外)では在庫処分に近い形で大清水の緑茶・ティーオレ・ココアが販売された(賞味期限は2008年3月頃のため製造中止直前の物と思われる)。また、旧大清水ブランド専用自動販売機の一部には、「名水 大清水」のロゴ表記が残されているものがあるが、順次消され、緑のラインのみが残されている。この緑のラインのみ残された自動販売機も順次、置き換えが進んでいる。

大清水ブランドとしてお茶・コーヒー・ジュースなど多様な商品が販売されていたが、2010年現在、JR東日本ウォータービジネス発売商品として同社ウェブサイトで紹介されているのは2007年7月17日より発売を開始した『「From AQUA」~谷川連峰の天然水~』のみであり、直営販売以外は伊藤園と提携開発した『朝の茶事』など大手メーカーとのタイアップによる谷川岳の湧水が使用された商品となっている(一部使用していない商品もある)。三国コカ・コーラボトリング向けには特にブランド名を冠しないが引き続き谷川岳の湧水を使用した狭山茶、烏龍茶、ココア、ティーオレが供給されている。

大清水ブランドの氷(製造:蒲田製氷冷蔵)は2009年頃までNEWDAYSなどで販売された。

主なラインナップ編集

  • ミネラルウォーター(「大清水」「大清水源水」)
  • 緑茶狭山茶
  • 烏龍茶
  • コーヒー(「大清水珈琲」を経て複数種類の「大清水SELECT COFFEE」というブランド展開になった)
  • 紅茶
  • ココア
  • (2009年頃まで販売)

炭酸、お茶製品等は主に三国コカ・コーラボトリング埼玉第二工場、果汁、ココア飲料等は主に丸善食品工業本社工場で生産されていた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2008年04月07日交通新聞
  2. ^ 「FromAQUA~谷川連峰の天然水~」がちょっぴり新しくなります - JR東日本ウォータービジネスニュースリリース、2014年8月26日閲覧。

外部リンク編集