メインメニューを開く

HD 117618は、ケンタウルス座にある太陽型の黄色い恒星である[1][8]見かけの等級は7.17と、肉眼ではみえない明るさである[2]。周囲に1つの太陽系外惑星が発見されている[7]

HD 117618
星座 ケンタウルス座[1]
視等級 (V) 7.17[2]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 13h 32m 25.5555942170s[3]
赤緯 (Dec, δ) -47° 16′ 16.913384391″[3]
視線速度 (Rv) 1.28 km/s[3]
固有運動 (μ) 赤経: 25.247 ミリ秒/[3]
赤緯: -125.429 ミリ秒/年[3]
年周視差 (π) 26.4417 ± 0.0641ミリ秒[3]
(誤差0.2%)
距離 123.3 ± 0.3 光年[注 1]
(37.82 ± 0.09 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 4.27[4]
Centaurus constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
HD 117618の位置(丸印)
物理的性質
半径 1.17 R[4][注 2]
質量 1.077 M[4]
表面重力 26 G[4][注 3]
自転速度 3.2 km/s[5]
スペクトル分類 G2 V[6]
光度 1.587 ± 0.031 L[4]
表面温度 5,990 ± 13K[4]
色指数 (B-V) 0.603 ± 0.010[2]
色指数 (V-I) 0.67 ± 0.01[2]
金属量[Fe/H] 0.03 ± 0.01[4]
年齢 5.6 +0.7
−0.8
×109[7]
別名称
別名称
CD-46 8708, HIP 66047, SAO 224228[3]
Template (ノート 解説) ■Project

特徴編集

大きさの比較
太陽 HD 117618
   

ガイア衛星が測定したHD 117618の年周視差は、26.4417ミリ秒で、距離に直すと約123光年である。固有運動は大きいが、視線速度は1.3km/sと小さく、太陽からはゆっくりと遠ざかっている[3]

HD 117618は、スペクトル型がG2 Vとされ、太陽に似たG型主系列星で、彩層活動は活発ではない[6][8]質量太陽より1割程、半径太陽より1-2割大きく、年齢は太陽よりやや上とみられ、自転速度は3.2km/sと推定される[4][7][5]光度太陽の1.6倍程度で、表面温度は6,000K近い[4]

惑星系編集

2005年アングロ・オーストラリアン惑星探査計画 (AAPS) によって、HD 117618の周りを比較的質量が小さい惑星公転している、と報告された。AAPSは、HD 117618の視線速度を詳しく測定し、恒星固有のふらつきでは説明できない変動を検出した。分析の結果、視線速度の変化は、周期約25.8ケプラー運動でうまく説明できることが明らかとなった。発見当初、軌道離心率は0.37、軌道長半径は0.17 au、惑星の下限質量は木星の0.16倍と推定された[7]。その後、惑星系の物理量は修正され、離心率は0.15、軌道長半径は0.180 au、惑星の下限質量は木星の0.174倍となっている[9]

HD 117618の惑星[9]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b > 0.174 ± 0.014 MJ 0.180 ± 0.005 25.800 ± 0.004 0.15 ± 0.07

名称編集

2019年、世界中の全ての国または地域に1つの系外惑星系を命名する機会を提供する「IAU100 Name ExoWorldsプロジェクト」において、HD 117618とHD 117618 bはインドネシア共和国に割り当てられる系外惑星系となった[1]。このプロジェクトは、「国際天文学連合100周年事業」の一環として計画されたイベントの1つで、インドネシア国内での選考、国際天文学連合 (IAU) への提案を経て、2019年12月に最終結果が発表される予定である[10]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ シュテファン=ボルツマンの法則により計算。
  3. ^ 出典での表記は、 

出典編集

  1. ^ a b c List of stars and planets”. Name ExoWorlds. IAU. 2019年7月11日閲覧。
  2. ^ a b c d ESA (1997), The HIPPARCOS and TYCHO catalogues. Astrometric and photometric star catalogues derived from the ESA HIPPARCOS Space Astrometry Mission, ESA SP Series, 1200, Noordwijk, Netherlands: ESA Publications Division, Bibcode1997ESASP1200.....E, ISBN 9290923997 
  3. ^ a b c d e f g h HD 117618 -- High proper-motion Star”. SIMBAD. CDS. 2019年7月11日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i Sousa, S. G.; et al. (2008-08), “Spectroscopic parameters for 451 stars in the HARPS GTO planet search program. Stellar [Fe/H] and the frequency of exo-Neptunes”, Astronomy & Astrophysics 487 (1): 373-381, Bibcode2008A&A...487..373S, doi:10.1051/0004-6361:200809698 
  5. ^ a b Valenti, Jeff A.; Fischer, Debra A. (2005-07), “Spectroscopic Properties of Cool Stars (SPOCS). I. 1040 F, G, and K Dwarfs from Keck, Lick, and AAT Planet Search Programs”, Astrophysical Journal Supplement Series 159 (1): 141-166, Bibcode2005ApJS..159..141V, doi:10.1086/430500 
  6. ^ a b Houk, Nancy (1978), Michigan catalogue of two-dimensional spectral types for the HD stars, Department of Astronomy, University of Michigan, Bibcode1978mcts.book.....H, LCCN 78-10745 
  7. ^ a b c d Tinney, C. G.; et al. (2005-04), “Three Low-Mass Planets from the Anglo-Australian Planet Search”, Astrophysical Journal 623 (2): 1171-1179, Bibcode2005ApJ...623.1171T, doi:10.1086/428661 
  8. ^ a b Henry, Todd J.; et al. (1996-01), “A Survey of Ca II H and K Chromospheric Emission in Southern Solar-Type Stars”, Astronomical Journal 111: 439-465, Bibcode1996AJ....111..439H, doi:10.1086/117796 
  9. ^ a b Wittenmyer, Robert A.; et al. (2019-04), “Truly eccentric - I. Revisiting eight single-eccentric planetary systems”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 484 (4): 5859-5867, arXiv:1901.08471, Bibcode2019MNRAS.484.5859W, doi:10.1093/mnras/stz290 
  10. ^ Methodology”. Name ExoWorlds. IAU. 2019年7月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集