メインメニューを開く
画像提供依頼:旧・都自動車の車両の画像提供をお願いします。2011年4月

株式会社HMC東京(エイチエムシーとうきょう)は、東京都及び千葉県観光バス事業などを営む日の丸自動車興業グループの企業である。本社は東京都江戸川区北葛西に存在する。

株式会社HMC東京
HMC-TOKYO
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
134-0081
東京都江戸川区北葛西2-21-11
設立 1955年
業種 陸運業
法人番号 4011701004706
事業内容 観光バス事業[1]、旅行斡旋業 他
代表者 代表取締役社長 磯部達也[1]
資本金 8,000万円[1]
従業員数 90名[1]
主要株主 日の丸自動車興業
外部リンク http://www.hmc-tokyo.co.jp/
特記事項:旧「大東観光バス」および「都自動車」をグループ化
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 2006年(平成18年)3月1日 - 東京都江戸川区に所在した株式会社大東観光バスが、日の丸リムジングループ入り[2]
    • (時期不明)- 大東観光バスが「HMC大東」と社名変更。その後「HMC東京」と再び社名変更。
  • 2010年(平成22年)2月5日 - 都自動車東京営業所の移管を受け、HMC東京東京営業所とする。
  • 2010年(平成22年)2月6日 - 千葉県茂原市に旅行事業部(旅行斡旋業)開設[2]
  • 2010年(平成22年)8月10日 - 前日に営業終了した都自動車茂原営業所の貸切部門の移管を受け、HMC東京千葉営業所を開設[2]。以後、路線バスが移管される2011年3月31日までは都自動車茂原営業所を同所に併設する。
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 都自動車より茂原営業所の乗合部門の移管を受け、都自動車からの業務移管完了。HMC東京による路線バスの運行開始[2]
  • 2016年(平成28年)3月31日 - 一般路線バスの営業を廃止。全路線を小湊鉄道に譲渡[3]

営業所編集

  • 東京営業所 - 東京都江戸川区北葛西
    • 観光バス事業
    • 所属車輛数 28両(大型24、中型2、小型2)[1]
    • 旧・大東観光バス(「HMC大東」)の本社車庫。江東区亀戸にあった都自動車東京営業所も当所に統合。
  • 千葉営業所 - 千葉県茂原市千代田町
    • 観光バス事業・乗合バス事業
    • 所属車輛数 26両(大型15、中型2、乗合9)[1]
    • 旧・都自動車茂原営業所
  • 旅行事業部 - 千葉県茂原市千代田(千葉営業所内)
    • 旅行斡旋業

運行路線編集

都自動車からの事業継承時には、路線バスを2系統継承したが、その何れも2016年3月31日を以って営業を廃止し、全路線を小湊鉄道に譲渡した[3]


一般路線バス (現在廃止)編集

茂原線編集

茂原駅~給田~市野々~大多喜駅

長南線編集

茂原駅~給田~長南

  • 長南バス停は小湊鐵道の長南三又バス停北の岩瀬酒店横にあった。

コミュニティバス編集

  • いすみ市民バスいすみ市
    • いすみシャトルバス
    • 大原巡回
      • 大原巡回線(東線、浪花線、大原線、東海線、大原・国吉線、布施線)は、2015年9月30日を以って運行休止[4][5]

車両編集

一般路線車・コミュニティバス編集

都自動車からの継承車であるいすゞ自動車製と、日野自動車製の車両を使用していた。

貸切車・特定車編集

前身会社2社からの継承車両と日の丸自動車興業からの転属で国産2メーカーを保有する。

  • 大東観光バスからの継承車:三菱ふそう
  • 都自動車からの継承車:いすゞ
  • 日の丸自動車興業からの転属車:三菱ふそう

旧・大東観光バスのスーパーハイデッカー車は「ゴールデンライン」、ハイデッカー車は「ゴールデンエイト」、旧・都自動車の貸切車は「ミューズ」などと称していたが、買収後は日の丸自動車興業と共通の愛称(ハイデッカー:ウェストコースト、国産スーパーハイデッカー:スーパーウェスト、中型車:スニーカー)に改められ、塗装も変更されている。HMC大東時代に購入したメルセデス・ベンツ・トゥーロは2012年に売却され、日の丸自動車興業から転入した「サンディエゴ」(ネオプラン・スペースライナー)も現在は引退している。

特定車はIHI契約輸送用に三菱ふそう・ローザを保有する。2008年から2009年までKDX豊洲グランスクエア送迎用に日の丸自動車興業から東京ベイシャトル用のデザインライン製ノンステップバスが1台貸し出されていた。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集