メインメニューを開く

WBSC女子野球ワールドカップ英語WBSC Women's Baseball World Cup )は、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催する、各国代表女子選手による野球の国際大会である。

WBSC女子野球ワールドカップ
開始年 2004年
主催 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)
参加チーム数 12(2018年大会)
前回優勝 日本の旗 日本
最多優勝 日本の旗 日本(6回)
テンプレートを表示

概要編集

  • 第1回大会は2004年カナダエドモントンで開催され、カナダ、日本米国豪州台湾の5ヵ国が参加。以来2年に1度開催されている。
  • 2006年、台湾で7ヵ国が参加し第2回大会が開催された。2大会連続で米国が優勝、日本が2位。
  • 第3回大会は2008年に日本・松山で開催され、開催国の日本が大会初優勝を果たした。
  • 2010年の第4回大会において、試合中に香港の選手がふくらはぎに銃弾を受けるという事件が発生した[1]
  • 出場枠数は2014年の第6回大会までは8。2016年の第7回大会からは12[2]

大会の結果・予定編集

獲得メダル総数編集

順位 国・地域
1  日本 6 2 0 8
2  アメリカ合衆国 2 2 2 6
3  カナダ 0 2 4 6
4  オーストラリア 0 1 1 2
5  チャイニーズ・タイペイ 0 1 0 1
6  ベネズエラ 0 0 1 1

日本代表の出場・成績編集

  • 第6回大会(2014年)
    • 第6回IBAF女子ワールドカップ日本代表
    • 順位:優勝(金メダル)
  • 第7回大会(2016年)
    • 第7回IBAF女子ワールドカップ日本代表
    • 順位:優勝(金メダル)
  • 第8回大会(2018年)
    • 第8回IBAF女子ワールドカップ日本代表
    • 順位:優勝(金メダル)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集