JABA高砂市長杯争奪大会

JABA高砂市長杯争奪大会(JABAたかさごしちょうはいそうだつたいかい)は、兵庫県高砂市で開催される社会人野球の大会。近年はクラブチームのみ出場する大会となっている。

概要編集

近畿・中国地区を中心としたチームが出場。かつてはトーナメント戦だったが、2004年以降はクラブチームのみが参加となりリーグ戦・トーナメントを併用して優勝を争う。

7回戦制を導入している数少ない大会である(2005年以降は、予選リーグで7回戦制(5回7点差以上でコールドゲーム、延長回はタイブレーク)、決勝トーナメントで9回戦制を導入した)。

2013年まで、クラブ選手権の近畿出場枠が3チームとなっている年に限り、この大会で最も高い成績を残した近畿地区所属の1チームがクラブ選手権の出場権を得ていた。

歴代優勝チーム編集

開催年 開催月 参加チーム数 優勝チーム 準優勝チーム
1 1974 4 16 エアロマスター 神戸製鋼
2 1975 4 16 住友金属 三菱重工神戸
3 1976 4 16 住友金属 新日本製鐵広畑
4 1977 4 16 神戸製鋼 川崎重工
5 1978 4 16 神戸製鋼 日産自動車
6 1979 4 16 神戸製鋼 川崎重工
7 1980 4 15 三菱重工神戸 川崎重工
8 1981 4 16 川崎重工 本田技研
9 1982 4 19 新日本製鐵八幡 新日本製鐵名古屋
10 1983 4 19 住友金属 日本新薬
11 1984 4 19 川崎製鉄神戸 松下電器
12 1985 4 28 本田技研鈴鹿 住友金属
13 1986 4 28 住友金属 NTT関東
14 1987 4 28 大阪ガス 日本生命
15 1988 4 28 松下電器 本田技研
16 1989 4 30 松下電器 西濃運輸
17 1990 4 31 大阪ガス 川崎製鐵神戸
18 1991 4 28 大阪ガス 日本生命
19 1992 4 28 三菱重工長崎 川崎製鉄水島
20 1993 4 30 西濃運輸 神戸製鋼
21 1994 4 26 新日本製鐵大分 川崎製鉄水島
1995 開催見送り[1]
22 1996 4 27 JR東日本 新日本製鐵君津
23 1997 4 26 川崎製鉄水島 三菱重工神戸
24 1998 4 30 神戸製鋼 東京ガス
25 1999 4 31 NTT九州 三菱自動車水島
26 2000 4 神戸製鋼
27 2001 4 18 三菱重工三原 神戸製鋼
28 2002 4 16 日本生命 三菱自動車京都
29 2003 4 16 三菱重工名古屋 デュプロ
30 2004 4 12 全播磨硬式野球団 和歌山箕島球友会
31 2005 4 12 アスピア学園 全播磨硬式野球団
32 2006 4 12 NOMOベースボールクラブ 中山硬式野球クラブ
33 2007 4 12 中山製鋼野球クラブ 京都ファイアーバーズ
34 2008 4 12 OBC高島 中山製鋼野球クラブ
35 2009 4 12 エイデン愛工大OB BLITZ 八尾ベースボールクラブ
36 2010 4 12 滋賀・高島ベースボールクラブ 中山製鋼野球クラブ
37 2011 4 12 滋賀・高島ベースボールクラブ 全播磨硬式野球団
38 2012 4 12 和歌山箕島球友会 全播磨硬式野球団
39 2013 4 12 和歌山箕島球友会 滋賀・高島ベースボールクラブ
40 2014 10 12 和歌山箕島球友会 大和高田クラブ
41 2015 9 12 大和高田クラブ NOMOベースボールクラブ
42 2016 10 12 和歌山箕島球友会 大和高田クラブ
43 2017 10 12 和歌山箕島球友会 OBC高島
44 2018 10 12 和歌山箕島球友会 大和高田クラブ
45 2019 10 12 大会中止[2]
46 2020 10 12 大会中止[3]
47 2021 10 マツゲン箕島硬式野球部 OBC高島

脚注編集

  1. ^ 阪神・淡路大震災の影響のため。
  2. ^ 開催地の1つである日本製鉄広畑球場の外周防球ネットが強風の為破損し、周辺の安全確保が困難と判断され球場が使用できなくなったたため。
  3. ^ 新型コロナウイルス感染拡大防止のため。

関連項目編集