メインメニューを開く

LEOC(レオック)は、学校・病院給食や企業の食堂などの管理・運営を行う企業グループ。サッカークラブの横浜FCのスポンサーである。

株式会社LEOC
LEOC Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
東証JQ 2366
2009年3月26日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
100-0004
東京都千代田区大手町1丁目1番3号 大手センタービル16階
設立 2003年8月1日
業種 サービス業
法人番号 7010401086168
代表者 代表取締役会長兼社長 小野寺裕司
資本金 5000万円
決算期 3月31日
主要株主 株式会社小野寺事務所 100%
外部リンク http://www.leoc-j.com/
特記事項:現法人は、2003年8月1日設立の株式会社レオックジャパンが、2011年4月に地域事業会社を合併し商号変更したもの。初代法人(1983年4月設立)は、2009年9月に株式会社小野寺事務所と合併し消滅。
テンプレートを表示

目次

概略編集

  • 社名のLEOCは「Life Expert Offer Contribution」から取ったものであり、給食事業を通して私たちの日々の暮らし・社会に貢献できる企業姿勢を打ち出している。

沿革編集

  • 前身は北海道札幌市にあった「メディカルサポート」で、1983年に設立。
  • 当初は北海道を中心に展開していたが、1995年8月埼玉県深谷市での受託事業開始を皮切りに全国展開を開始し、三菱商事の出資も受け、各地の病院給食の管理・運営会社を次々と買収。
  • 2001年10月、三菱商事系の同業会社であるソデックスコーポレーションと合併し、「ソデッソジャパン」に社名を変更。
  • 2002年にはダイエー系の給食管理会社・キャプテンクックを傘下におさめた。
  • 2003年8月、ソデッソジャパンが単独株式移転で持株会社株式会社レオックジャパン」を設立。10月には持株会社傘下に各地の地域事業会社を設け、レオックジャパングループが確立。
  • 2004年10月、東海地方の事業会社・レオック東海を東海旅客鉄道(JR東海)との合弁にて設立。
  • 2007年7月、「株式会社LEOC(初代)」を親会社、レオックジャパンを中間持株会社とする形にグループ組織を変更。
  • 2009年3月マネジメント・バイアウト(MBO)により、LEOC(初代)が上場廃止。さらに同年9月、LEOC(初代)は新設された「株式会社小野寺事務所」と合併し消滅した。なおグループ組織の形態は、持株会社が小野寺事務所となった以外は従前同様。
  • 2010年2月、本社を港区東新橋に移転。
  • 2011年4月、レオックジャパンがレオック東海を除く地域会社・レオックサービス・レオックヒューマンケアを吸収合併、「株式会社LEOC(2代目)」に商号変更。旧事業会社の営業エリアを18支店に再編。
  • 2011年5月、LEOC(2代目)がレオック東海を吸収合併、東海支店を新設。
  • 上記のように、グループ内の合併等が非常に多く、企業体の変遷が複雑である。

LEOCグループの傘下企業編集

  • 小野寺事務所 - 現在の持株会社。
  • LEOC(2代目) - 旧レオックジャパン。事業会社。
  • レオックフーズ
  • レオックオペレーション
  • ディア・マザー
  • フィートエンターティメント
かつてのグループ企業
  • LEOC(初代) - 旧来の持株会社。MBOに伴い2009年9月に消滅
  • ライフコミューン - 2008年9月木下工務店に全株式を売却
  • レオックサービス - 2011年4月、レオックジャパンと合併
  • レオック北日本(北海道) - 2011年4月、レオックジャパンと合併
  • レオック東北(東北) - 2005年4月レオック北日本より移譲。2011年4月、レオックジャパンと合併
  • レオック関東(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・新潟・長野) - 2011年4月、レオックジャパンと合併
  • レオック東京(東京) - 2011年4月レオックジャパンと合併
  • レオック南関東(神奈川・山梨・静岡) - 2011年4月、レオックジャパンと合併
  • レオック東海(愛知・岐阜・三重) - 東海旅客鉄道(JR東海)との合弁。2011年5月、レオックジャパンと合併
  • レオック関西(近畿・北陸・岡山・香川・徳島) - 2011年4月、レオックジャパンと合併
  • レオック西日本(岡山を除く中国・愛媛・高知・九州) - 2011年4月、レオックジャパンと合併

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集