MIQ

日本のアニメソング歌手

MIQ(みく、10月3日 - )は、東京都出身の歌手・ヴォーカルトレーナー。血液型はAB型。hiMe story所属。

MIQ
生誕 1955年10月3日(67歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル アニメソング
職業 歌手
活動期間 1982年 -
レーベル キングレコード
ビクターエンタテインメント
事務所 hiMe story(2011年 - )

人物編集

東京都に生まれ、3歳から18歳まで鳥取県鳥取市気高町浜村で育つ[1]

早稲田大学文学部在学中より、松浦竹夫演劇研究所、平尾昌晃歌謡教室に通う[1]。その傍らソウル・バンド「テイク・イージー」のヴォーカリストとして活動。渋谷公園通り音楽祭、湘南フェスティバル等において、その歌唱力で脚光を浴びる。その後、大学は2年で中退[1]

1982年MIO(みお)の歌手名でTVアニメ『戦闘メカ ザブングル』の挿入歌「Hey You」でキングレコードよりデビュー。

MIOの名はカンツォーネ曲の「アモーレ・ミオ」に由来する。(ザテレビジョン1984.1.28~2.3号より)

その他、1983年にTVアニメ『聖戦士ダンバイン』のOP「ダンバインとぶ」/ED「みえるだろうバイストン・ウェル」、1984年にTVアニメ『重戦機エルガイム』のOP「エルガイム-Time for L-Gaim-」/ED「スターライト・シャワー」など、数々のアニメソングを歌唱。

1983年には、アニメファン層向け雑誌「アニメージュ」の第6回アニメグランプリ女性歌手部門で第1位、翌1984年の第7回では同部門で第2位を受賞。

TVアニメ『聖戦士ダンバイン』第33話「マシン展開」に、バルベラ役としてゲスト出演。

1984年後楽園・ダンシングR&B NIGHTに唯一の女性シンガーとして出演し、スタイリスティックスバブルガムブラザーズらと共演。

アニメ以外でも、「ヨドバシカメラの歌」を1990年より歌唱[2]。店舗によっては他歌手に変更されている場合もあるが、多くの店舗でMIQのバージョンが流されている。[3]

1994年1995年アメリカ東海岸での2年連続コンサートで熱狂的な歓迎を受ける。

1997年アニメソングのライブコンサート「スーパーロボット魂」ライブの初回へ参加。以降も同ライブの中核メンバーとして毎年参加している。

2001年歌手名をMIOからMIQ(みく)に改名。

2007年より鳥取市観光大使を歴任。

2009年7月CD「GUNDAM 30th ANNIVERSARY I, Senshi 〜哀 戦士 トリビュート」にて、井上大輔の「哀 戦士」をカバー。

2010年2月アニメ『天体戦士サンレッド』の挿入曲「鳥取戦士サキューンのテーマ -MIQ ver.-」を発売し、地元鳥取の活性化に貢献。

2011年4月よりhiMe storyに所属。

2011年「MIQ(MIO)パーフェクトベスト」発売。(キングレコード)

2012年デビュー30周年を迎え、オリジナルアルバムリイシュー「STARLIGHT SHOWER」「Mr.Monday Morning」を発売。デビュー30周年記念コンサートをなかのZEROホールにて開催。

2012年より『とっとりふるさと大使』を務める。

2014年アーケードカードゲームガンダムトライエイジBUILD-G テーマ曲「Build up TRYAGE」を歌唱。

2017年デビュー35周年を迎える。

2018年6月8日広島市民球場(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)にて国歌斉唱[4]

2022年デビュー40周年を迎える。

代表曲編集

オリコン「TVマンガ・童謡部門」年間2位(1983年度)[5]
  • GET IT!/Coming Hey You(『ザブングルグラフィティ』)
  • Why(『ダンシング・ザブングル』)
  • エルガイム-Time for L-GAIM-/スターライト・シャワー(『重戦機エルガイム』)
オリコンチャートで自己最高の16位(1984年2月27日付)を記録した。

アルバム編集

  • スターライト・シャワー(1984年7月5日)
  • I LOVE EXCITING MINI(1984年 ミニアルバム)
  • Mr. Monday Morning(1985年12月)
  • aesthetic(1986年7月)
  • Best of MIQ-MIQUEST-魂は刻をこえて・・・(2005年1月7日)
  • MIO(MIQ)パーフェクト・ベスト(2011年6月8日)
  • STARLIGHT SHOWER(2012年7月25日)
  • Mr. Monday Morning(2012年7月25日)

脚注編集

  1. ^ a b c 河北新報 1984年3月27日 20面「登場」コーナー
  2. ^ 関東地区(新宿・横浜など)版では、当初山手線の読みを「やまてせん」としていたが、CMを見た客から「読み方が異なる」という指摘を受け短期間で「やまのてせん」と修正したものに作り直した経緯がある。
  3. ^ 英語版では他歌手に変更されたものは存在せず、全店舗ともにMIQの歌唱曲のみ。
  4. ^ MIQ国歌斉唱inマツダスタジアム(広島東洋カープ×東北楽天ゴールデンイーグルス戦)2018.6.8
  5. ^ 『オリコン年鑑 1984年版』88頁。

外部リンク編集