NTT西日本レグルス

NTT西日本レグルス(エヌティーティーにしにほんレグルス)は、かつて愛知県名古屋市を拠点に活動していた、男子バレーボールチームである。

NTT西日本レグルス
クラブカラー
創設年 1948年
廃部年 2002年
チーム所在地 愛知県名古屋市中区
 表示 

概要編集

1948年昭和23年)創部、2002年平成14年)休部。母体は西日本電信電話(NTT西日本)。前身の日本電信電話公社東海電気通信局のバレー部時代から長く活動していたが、NTT西日本の経営不振に伴い休部となった。

「レグルス(Reg'ulus)」とは、しし座アルファ星である「レグルス」のこと。この星のように光り輝き、獅子のように強いチームをイメージして名付けられた。

所在地および練習拠点は名古屋市中区のNTT東海体育館に置かれた。

歴史編集

1948年、日本電信電話公社名古屋中央電話局の9人制バレーボール部「電電名古屋」として創部した。その後しばらく9人制バレーで活躍した。1957年(昭和32年)「電電東海」に改称、1968年(昭和48年)全日本9人制バレーボール総合男子選手権大会初優勝を飾る。[1]

1970年(昭和45年)6人制バレーに本格移行し、1980年(昭和55年)実業団リーグ(現チャレンジリーグ)に昇格を果たす。1980年代初頭は地域リーグ(西部)と昇降格を繰り返し、1985年(昭和60年)ファイナルリーグで優勝し実業団リーグへの再昇格を果たす。また同年にはNTTグループ誕生に伴い、「NTT東海」に改称した。以降、実業団リーグに定着した。1998年(平成10年)、悲願だったVリーグ(現プレミアリーグ)昇格を果たした[1]

1999年(平成11年)7月1日、NTTは4社分割による再編成が行われた。それに伴い全国11支社にあったスポーツチームは過去の実績などを基に再編され、男子バレーボール部(レグルス)と女子バレーボール部(神戸)陸上競技部硬式野球部ラグビー部(大阪)をNTT西日本本社直轄のシンボルチーム、ソフトテニス(広島)のうち全日本メンバーをシンボル選手に認定した。そこから外れたスポーツチームは支店のスポーツサークル、クラブチーム化、あるいは休廃部していった[2]。これに伴い、チーム名をNTT東海から「NTT西日本」に改称した。

2001年(平成13年)、NTT西日本は経営不振に伴い人員合理化を進めた。その中で、社員の新規採用が2001年度から2年間見送られることとなり、新入部員を勧誘することが出来なかった。そのため、同好会化したNTT西日本支社チームの主力選手をかき集めることになった。[3]

その後NTT西日本の業績不振により、2002年3月31日付で野球部を残しシンボルチームは解散することが決定[4]、同年5月の黒鷲旗を最後に休部した。選手の幾人かは他のVリーグチームへ移籍したり、同系列のNTT西日本大阪へ移籍したり、クラブチーム「NTT東海鯱友会」でプレーした。

成績編集

主な成績編集

Vリーグ
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし
V1リーグ
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし
地域リーグ西部
  • 優勝 1983年、1985年
  • 準優勝 1982年
黒鷲旗全日本選手権
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし

年度別成績編集

大会名 順位 参加チーム数 試合数 勝率
実業団リーグ 第12回 (1980/81) 6位 6チーム 10 1 9 0.100
第15回 (1983/84) 8位 8チーム 14 2 12 0.143
第17回 (1985/86) 6位 8チーム 14 6 8 0.429
第18回 (1986/87) 7位 8チーム 14 3 11 0.214
第19回 (1987/88) 5位 8チーム 14 5 9 0.357
第20回 (1988/89) 4位 8チーム 14 6 8 0.429
第21回 (1989/90) 4位 8チーム 14 10 4 0.714
第22回 (1990/91) 4位 8チーム 14 7 7 0.500
第23回 (1991/92) 7位 8チーム 14 5 9 0.357
第24回 (1992/93) 7位 8チーム 14 3 11 0.214
第25回 (1993/94) 6位 8チーム 14 5 9 0.357
第26回 (1994/95) 3位 7チーム 12 7 5 0.583
第27回 (1995/96) 4位 8チーム 14 8 6 0.571
第28回 (1996/97) 6位 8チーム 14 5 9 0.357
第29回 (1997/98) 3位 8チーム 14 9 5 0.648
Vリーグ 第5回 (1998/99) 8位 10チーム 18 3 15 0.167
第6回 (1999/00) 8位 10チーム 18 3 15 0.167
第7回 (2000/01) 10位 10チーム 18 2 16 0.111
第8回 (2001/02) 9位 10チーム 18 2 16 0.111

選手・スタッフ編集

休部前年となる2001/02シーズン時の登録メンバー。

選手編集

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 中川一   日本 MB
2 其田大輔   日本 S
3 金近潤   日本 WS
4 山元克之   日本 S
5 前田悟   日本 S
6 和田一彦   日本 MB
7 小林宙史   日本 WS
8 西田靖宏   日本 O
9 山口雅行   日本 WS
11 美保考男   日本 WS
12 置本雅司   日本 L
13 古城弘路   日本 WS
15 五十里朗   日本 MB 主将
16 加々見安洋   日本 MB
17 半田剛史   日本 MB
18 砂川登   日本 WS

スタッフ編集

役職 名前 国籍
監督 柴田輝幸   日本
コーチ 吉野明則   日本
アナリスト 荻野信宏   日本
トレーナー 加藤仁   日本
トレーニングコーチ 仲田健   日本
マネージャー 西野克行   日本

在籍していた主な選手編集

  • 川端正利志:(NKK→NTT東海)
  • 上田鈴貴:セッター(鎮西高→NTT東海)
  • 小脇道明:(中央大→NTT東海)
  • 植木祐司:センター(駒沢大→NTT東海)
  • 小澤勇介:(関東学院大→NTT東海)
  • 松林敏彦:(東北学院大→NTT東海)
  • 早野俊成
  • 山名邦卓
  • 中村成輔
  • 森三紀夫
  • 鈴木泰:(東海大学第一高等学校→NTT東海)
  • 角直行
  • 寺園幸司:セッター(大垣日大高→NTT東海)
  • 栗田敏也
  • 島村昌典:(駒沢大→NTT東海)
  • 空閑和也:セッター(順天堂大→NTT東海)
  • 長谷川富也
  • 清水祐一郎:センター(日本大学→NTT東海)
  • 泰永友池
  • 村江克己
  • 濱頭辰治
  • 横井晃一
  • 持原勝彦


脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b レグルス公式(Internet Archive). “NTT西日本の歴史”. 2010年9月13日閲覧。
  2. ^ 中国新聞 (2000年8月26日). “アマスポーツNOW NTT再編”. 2010年9月13日閲覧。
  3. ^ 中国新聞(Internet Archive) (2002年1月8日). “バレーのNTT西日本、リーグ撤退へ”. 2010年9月13日閲覧。
  4. ^ 中国新聞(Internet Archive) (2002年3月30日). “NTT西日本、陸上部をサークル化”. 2010年9月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集