メインメニューを開く

概要編集

  • 2017年5月4日髙山善廣が試合中のアクシデントにより負傷、入院先で頸髄損傷および変形性頚椎症と診断された。9月4日に個人事務所である高山堂とDDTプロレスリングが合同で記者会見を開き、支援団体「TAKAYAMANIA」を設立を発表。同席した鈴木みのるは涙ながらに協力を訴えた。

TAKAYAMANIA EMPIRE編集

TAKAYAMANIA EMPIRE
イベント詳細
シリーズ TAKAYAMANIA
主催 (株)高山堂/TAKAYAMANIA実行委員会
開催年月日 2018年8月31日
開催地   日本東京都文京区
会場 後楽園ホール
試合数 全7試合
放送局 Abema TV(生中継)
実況:鈴木健.txt
入場者数 1500人(超満員札止め)
備考 総合リングアナ

木原文人

特別ゲスト解説(試合)

小橋建太(2、6、7)

高木三四郎 (3)

前田日明(4)

山崎一夫(5、6、7)

佐々木健介(6、7)


Makuake購入者

解説権

・中司年哉 (3)

リングアナ権

・藤村敏文(4)

花束贈呈権

・緑川治久(7)

・ozzi-michifan(7)

  • 2018年、支援イベント「TAKAYAMANIA EMPIRE」の開催を発表。興行団体、プロモーション会社ではないため、運営費ゼロからのスタートとしてクラウドファンディングサイト「Makuake」でチケット販売、協賛募集、リターン支援、グッズ制作費を実施した。またチケットは紙や電子媒体ではなく、席番号が印字されているシリコンバンドを採用し後日発送された。
  • 当日、会場ロビーには蝶野正洋垣原賢人垣原綾乃、垣原つくし、北斗晶小島聡桜井マッハ速人所英男菊田早苗大江慎渡辺健吾桜庭和志ヨシタツ等、プロレスラー仲間が事前告知もなく募金活動を行い、試合終了後には佐々木健介と北斗晶が急遽サイン会を行うなど入場者を驚かせ、会場内だけの募金総額は1,031,728円になった[1]
  • 興行終了後、鈴木みのるが「第2回、第3回…あいつが帰ってくるリングが今日生まれたんで。これを残していかないと。」と次回開催を示唆する発言をした[2]

試合編集

第1試合 時間差入場バトルロイヤル 時間無制限勝負
大谷晋二郎 13分35秒 オーバー・ザ・トップロープ
レフェリー:西永秀一
井上雅央×
高木三四郎×
グルクンマスク×
坂口征夫×
KAZMA SAKAMOTO×
中澤マイケル×
佐々木貴×
ロッキー川村×
第2試合 30分1本勝負
杉浦貴
里村明衣子
9分56秒 オリンピック予選スラム
レフェリー:和田京平
佐藤光留×
橋本千紘
第3試合 30分1本勝負
大森隆男
×男色ディーノ
10分58秒 エクスプロイダー
レフェリー:西永秀一
秋山準
ディック東郷
第4試合 30分1本勝負
丸藤正道
木高イサミ
9分42秒 イサミとの絶・虎王
レフェリー:和田良覚
佐野巧真
冨宅飛駈×
第5試合 新日本プロレス提供試合 30分1本勝負
永田裕志
成田蓮
10分57秒 バックドロップ・ホールド
レフェリー:レッドシューズ海野
天山広吉
海野翔太×
セミファイナル いつも心にノーフィアー!加藤朋央プレゼンツ6人タッグマッチ 30分1本勝負
諏訪魔
浜亮太
×樋口和貞
18分2秒 蒼魔刀
レフェリー:和田良覚
石川修司
火野裕士
HARASHIMA
メインイベント ヒーリングと占い 金魚堂プレゼンツ6人タッグマッチ 30分1本勝負
鈴木みのる
NOSAWA論外
MAZADA
20分51秒 ゴッチ式パイルドライバー
レフェリー:和田京平
太陽ケア
TAKAみちのく×
近藤修司

クラウドファンディング リターン編集

  • クラウドファンディングでの目標額800万円に対し、1,055人の支援者から933万5千円の支援金が集まった。
項目 金額 支援者数
赤文字は予定数達成[3]
スペシャルリングサイド席 20,000円 52人
特別リングサイド席 8,000円 218人
リングサイド 7,000円 297人
指定席 5,000円 347人
リングアナウンサー出来る権 50,000円 1人
セコンドとして入場出来る権 50,000円 0人
リング上にて花束贈呈権 20,000円 2人
1試合ゴング打鐘権 30,000円 0人
解説席でゲスト解説出来る権 50,000円 1人
リング上で選手と記念撮影出来る権 20,000円 10人
大会記念パンフレットに広告載せる権 (大)180,000円
(中)100,000円
(小)30,000円
2人
0人
5人
DVDエンドロールに名前載せる権 5,000円
(DVD付)10,000円
2人
30人
パンフレットに名前載せる権 5,000円
(パンフ付)7,000円
8人
21人
選手サイン入りパンフレット購入権 10,000円 20人
1試合のネーミング購入権 (第1~5試合)50,000円
(第6試合)80,000円
(第7試合)100,000円
1人
1人

0人
記念Tシャツに名前載せる権 (大)50,000円
(中)20,000円
(小)10,000円
3人
3人
30人
大会リングマットに広告載せる権 (中央)1,000,000円
(コーナー)500,000円
0人
1人

TAKAYAMANIA EMPIRE II編集

TAKAYAMANIA EMPIRE II
イベント詳細
シリーズ TAKAYAMANIA
主催 (株)高山堂/TAKAYAMANIA実行委員会
開催年月日 2019年8月26日
開催地   日本東京都文京区
会場 後楽園ホール
試合数 全7試合
放送局 Abema TV(生中継)
実況:鈴木健.txt
入場者数 1500人(超満員札止め)
備考 リングアナ

田中秀和

宮田充

特別ゲスト解説(試合)

高木三四郎(3、4)

小橋建太(6、7)

山崎一夫(5、6、7)

Makuake購入者

解説権

加藤朋央(4)

リングアナ権

・中司年哉(6)

  • 2019年4月、公式SNSで「TAKAYAMANIA EMPIRE II」の開催を発表。クラウドファンディングサイト「Makuake」では協賛募集、リターン支援を実施し、今回のチケットはプレイガイド販売による紙チケットとなる。当日入場者全員にシリコンバンドが配布される予定。
  • 7月、トークイベントとして「TAKAYAMANIA SPECIAL FORCE」を開催。ゲストは男色ディーノ、鈴木秀樹、296。進行は鈴木健.txt。ここで追加カードとして武藤と前田のトークバトルの開催が発表された。

試合編集

第1試合 超スペシャル6人タッグ
×男色ディーノ
高木三四郎
ストーカー市川
 5分28秒 卍固め
レフェリー:和田良覚
アントーニオ本多
アントニオ小猪木
アントン川村
第2試合 センダイガールズ提供試合
里村明衣子
〇橋本千紘
7分44秒

オブライト
レフェリー:西永秀一

松本浩代
DASH・チサコ×
第3試合 井上雅央 試練の高山善廣 指名試合
×井上雅央 9分54秒

アルゼンチン・バックブリーカー
レフェリー:和田良覚

関本大介
第4試合 邪道VS野獣ストリートファイトバンクハウス有刺鉄線ボードデスマッチ~SPORTSBARゴング熊本プレゼンツ
大仁田厚
樋口和貞
大家健
12分54秒

サンダー・ファイアー・パワーボム
レフェリー:西永秀一

藤田和之
NOSAWA論外×
FUJITA
スペシャルトークバトル
武藤敬司  20分00秒

時間切れ引き分け
進行:田中秀和

前田日明△
第5試合 新日本&ゼロワン交流戦~ニッポン・クリエイター加藤朋央プレゼンツ
〇 永田裕志
大谷晋二郎
辻陽太
14分9秒

バックドロップホールド
レフェリー:西永秀一

小島聡
高岩竜一
北村彰基×
第6試合 セミファイナル NOAH vs DDT~正太郎受験頑張れプレゼンツ
清宮海斗
原田大輔
宮脇純太
 14分40秒

片山ジャーマン・スープレックス・ホールド
レフェリー:和田良覚

竹下幸之介
上野勇希×
渡瀬瑞基
第7試合 メインイベント ヒーリングと占い金魚堂プレゼンツ
△鈴木みのる
鈴木秀樹
 30分00秒

時間切れ引き分け
レフェリー:西永秀一

丸藤正道△
田中将斗

クラウドファンディング リターン編集

  • 今大会でのチケットは一般販売となった。5月29日から8月6日まで、クラウドファンディングでの目標額250万円に対し、150人の支援者から262万円の支援金が集まった。その他にチケット代、会場内で集めた募金の集計金から、会場代、人件費、グッズ製作費等、開催にかかる必要経費を除いた収益はすべて高山への医療費として納められた。
項目 金額 募集数
※赤文字は完売。
・リングアナウンサー出来る権 50,000円 1人
・リング上にて花束贈呈権 20,000円 7人
・1試合ゴング打鐘権 30,000円 1人
・解説席でゲスト解説出来る権 50,000円 1人
・リング上で選手と記念撮影出来る権 20,000円 10人
・大会記念パンフレットに広告載せる権 (大)100,000円
(中)70,000円
(小)20,000円
0人
1人
8人
・DVDエンドロールに名前載せる権 DVD付 10,000円 30人
・パンフレットに名前載せる権 パンフ付き 7,000円 30人
・開場前にリングで記念写真を撮れる権 10,000円 4人
・選手サイン入りパンフレット購入権 20,000円 10人
・1試合のネーミング購入権 (第1~5試合)50,000円
(第6試合)80,000円
(第7試合)100,000円
2人
1人
1人
・限定記念Tシャツに名前載せる権 (大)50,000円
(中)20,000円
(小)10,000円
4人
6人
30人
・リングコーナーポスト1対 広告権(制作費込) 80,000円 2人
・リングコーナーマット1対 広告権(制作費込 持ち帰り可) 80,000円 2人
・大会リングマットに広告載せる権 500,000円 0人

脚注編集

  1. ^ EMPIRE会場での募金総額! 高山善廣オフィシャルブログ(2018年09月04日)
  2. ^ 高山支援で37選手躍動…鈴木音頭で「ノーフィアー」大合唱、高山もVTRで感謝と決意 小橋、健介もチョップ敢行”. ぼくらのプロレス. GignoSystem Japan, Inc. (2018年8月31日). 2018年10月23日閲覧。
  3. ^ クラウドファンディングでのみの集計

外部リンク編集