TRIANGLE DERBY(トライアングル・ダービー)は、スターダム主催により開催される、女子プロレスの6人タッグマッチによるリーグ戦トーナメント戦である。2023年に第1回が開催された。

TRIANGLE DERBYⅠはレッドとブルーの2つのトライアングルに分けてレッド対ブルーの総当たり対抗戦を行う。公式戦は15分1本勝負。勝ち2、引分1、負け0の得点制で、各トライアングル上位2チームずつが準決勝に進出、決勝を制したチームが優勝となる。

2回目となるTRIANGLE DERBY 2024はワンデートーナメント戦として行われ、1回戦と準決勝が15分1本勝負で1回戦は時間切れ引き分けか両軍リングアウトは両軍失格となるルールを起用し、決勝は無制限1本勝負で行われる[1]

TRIANGLE DERBYⅠ(2023年) 編集

参加14組[2]
トライアングルレッド
トライアングルブルー
内容
計14チームが2つのリーグ戦に分けての対抗戦形式で戦う初の大会は1月3日に横浜武道館で開幕、3月4日の国立代々木競技場第二体育館で準決勝と決勝が行われた。
準決勝を制して決勝進出を果たしたのは暴れん坊GEとPROMINENCEのトライアングルブルー勢だが、PROMINENCEは決勝にアーティスト・オブ・スターダム王座を賭ける事を表明し、暴れん坊GEも承諾して実現した。
そのアーティスト王座も賭けられた決勝はチームワークの差でPROMINENCEが圧倒。最後は鈴季すずがテキーラショットからの連続ジャーマンスープレックスホールドでMIRAIを降したPROMINENCEが初代TRIANGLE DERBYチャンピオンになると同時にアーティスト王座も防衛した。

TRIANGLE DERBY 2024 ワンデートーナメント 編集

参加8組[1]
  • 朱里&MIRAI&壮麗亜美 ※優勝
  • ジュリア&テクラ&桜井まい ※準優勝
  • 刀羅ナツコ&渡辺桃&スターライト・キッド ※準決勝敗退
  • 鈴季すず&星来芽依&メーガン・ベーン ※1回戦両軍失格
  • 林下詩美&上谷沙弥&AZM ※1回戦両軍失格
  • レディ・C&妃南&天咲光由 ※1回戦不戦敗[4]
  • 岩谷麻優&羽南&飯田沙耶 ※1回戦敗退
  • 琉悪夏&吏南&フキゲンです★ ※1回戦敗退
内容
計8チームによるワンデートーナメントとして1月3日に横浜武道館で行われた。
1回戦を相手組の欠場による不戦勝、準決勝も相手ブロックの両軍失格による不戦勝のジュリア&テクラ&桜井まいのバリバリボンバーズと、大江戸隊との2試合を勝ち抜いた朱里&MIRAI&壮麗亜美のGod's Eye組が決勝進出を果たし、バリバリボンバーズが持つアーティスト・オブ・スターダム王座が賭けられた決勝は総力戦の末、朱里が朱世界でテクラを降してGod's Eye組が優勝すると同時にアーティスト王座も奪取した。

脚注 編集

関連項目 編集