葉月 (プロレスラー)

はづき蓮王から転送)

葉月(はづき 、1997年9月29日[3] - )は、日本の元女子プロレスラー福岡県福岡市出身[3]スターダム所属。

葉月
Hazuki
葉月 Hazukiの画像
2018.12.24 スターダムアワード
プロフィール
リングネーム 葉月
HZK
はづき蓮王
ニックネーム 世IV虎2世[1]
ワイルドハート
野生少女[2]
身長 155cm[3]
体重 52kg[3]
誕生日 (1997-09-29) 1997年9月29日(22歳)[3]
出身地 福岡県福岡市[3]
所属 スターダム
トレーナー 風香
デビュー 2014年7月6日
コグマ
引退 2019年12月24日
テンプレートを表示

所属編集

来歴編集

中学卒業後の2013年10月に入門[4][5]。レスラーを目指すため自宅でトレーニングばかりをしていた[1]

2014年
  • 6月5日、プロテストで合格[3]。このときは葉月(はづき)名義だった。
  • 7月6日、はづき蓮王(はづき れお)[6]のリングネームで、新木場1stRING大会にて希望していた同い年のコグマ相手にデビューするが[5][7][8]、腕ひしぎ十字固めを決められ敗れる[9]
  • 7月27日、名古屋大会で世IV虎と初タッグを組み、紫雷イオ&コグマ組と対戦し世IV虎のダイビングセントーンがコグマに決まり勝利[10]
  • 8月10日、後楽園ホール大会にてコグマ、これがデビュー戦となるクリス・ウルフと3WAY、コグマを丸め込んで初の直接勝利[11]
  • 12月17日、新木場1stRING大会にてルーキー・オブ・スターダム2014優勝[12]
2015年
  • 8月の「STARDOM 5★STAR GP」にもエントリーするが、家庭の事情のため離脱[13]。その後、復帰せぬままスターダム所属選手から名前が消えた。
2016年
  • 11月11日、スターダム新宿FACE大会における紫雷イオ&岩谷麻優(サンダーロック)vs美闘陽子&宝城カイリ(BY宝)試合中に紫雷イオ岩谷麻優を裏切り,BY宝の優勝となる。試合後にイオにより、黒いマントとマスクをつけたはづきに似たマスクウーマンが呼び込まれる。
  • 11月20日、スターダム新木場1stRING大会にHZK(はづき)名義で登場[14]し紫雷イオとのタッグで岩谷麻優&渡辺桃戦で復帰。桃が岩谷を裏切った事により勝利。桃を加えたユニットを「Queen's Quest」とする。
  • 12月9日、スターダム大阪大会で宝城カイリのもつワンダー・オブ・スターダム王座に挑戦するも敗北。
  • 12月22日、スターダム後楽園ホール大会でツインデットシスターズのもつNWAベンデッタプロタッグ選手権に桃と組んで挑戦するも敗北。
2017年
2018年
  • 4月17日 - 4月15日に行われたチーム編成ドラフトにおいて大江戸隊所属に。リングネームをHZKから葉月に変更。
  • 12月24日 - 後楽園大会にてマリー・アパッチェに勝利しハイスピード王座を奪取。
2019年
  • 1月6日、大阪世界館大会の対スターライト・キッド戦にてハイスピード王座1度目の防衛に成功。
  • 2月17日、後楽園ホール大会の対AZM戦にてハイスピード王座2度目の防衛に成功。
  • 3月9日、新木場1stRING大会で小波・AZMとの3way戦にてハイスピード王座3度目の防衛に成功。
  • 3月28日、後楽園ホール大会の対ザイヤ・ブルックサイド戦にてハイスピード王座4度目の防衛に成功。
  • 4月5日、ニューヨーク市クイーンズ区NYCアリーナ大会、対ダスト戦にてハイスピード王座5度目の防衛に成功。
  • 5月5日、新木場1stRING大会の対スターライト・キッド戦にてハイスピード王座6度目の防衛に成功。
  • 5月25日、大阪世界館大会の対DEATH山さん。戦にてハイスピード王座7度目の防衛に成功。
  • 6月9日、札幌マルスジム大会の対鹿島沙希戦にてハイスピード王座8度目の防衛に成功。
  • 11月24日の新木場大会において、年内最終戦となる12月24日の後楽園ホール大会をもって引退することを発表[15]
  • 12月24日、刀羅ナツコとのシングルマッチにて敗戦。引退セレモニーにて『こういう不本意な引退はしたくなかったし、すると思ってなかった』と、明確な理由は話していないが、会社側との意見相違からの引退と思われる[16]

人物編集

得意技編集

シューティングスタープレス
ダイビングセントーン
顔面ウォッシュ
スリーパーホールド
世IV虎の欠場・引退以降、引き継ぐように上記の技を多用し始める。
コード・ブレイカー
コーナーに座らせた相手の両足をロープに引っ掛け、急角度で落とすように見舞っていく。
スタイルズクラッシュ
どすこい
コーナートップで直立後、空中で相撲の四股のような蟹股の体勢になり、そのまま落下するヒップ・ドロップアトミック・ボムズアウェイの名称で使用されたこともあるが、本来のアトミック・ボムズアウェイはダイビング・フットスタンプである。
ダイヤル固め
クロスフェイス
スイングDDT
垂直落下式ブレーンバスター
みちのくドライバーⅡ
葉・月ストラル
スワンダイブ式ミサイルキック

獲得タイトル編集

入場テーマ曲編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d “スターダムで“世Ⅳ虎2世”葉月がデビューへ”. 東京スポーツ. (2014年7月5日). http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/womens_prores/286865/ 2014年7月6日閲覧。 
  2. ^ “【スターダム】HZK「WWEのディーバになりたくて…」”. 東京スポーツ. (2017年4月20日). https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/stardom/676843 2020年2月8日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h 今年度第1回のプロテストで葉月&明日香が合格!”. 株式会社スターダム (2014年6月5日). 2014年7月5日閲覧。
  4. ^ NEWS”. 株式会社スターダム. 2013年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年7月5日閲覧。
  5. ^ a b ““女子プロ版尻職人”誕生か スターダムプロテスト2人合格”. 東京スポーツ. (2014年6月6日). http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/womens_prores/274677/ 2014年7月6日閲覧。 
  6. ^ 「蓮王」は大好きな弟の名前からとったとブログで語っている。
  7. ^ 7月大会の主要カード発表会見”. 株式会社スターダム (2014年6月26日). 2014年7月5日閲覧。
  8. ^ 7・6新木場大会最終情報”. 株式会社スターダム (2014年7月5日). 2014年7月6日閲覧。
  9. ^ Shining Stars2014”. 株式会社スターダム (2014年7月6日). 2014年7月6日閲覧。
  10. ^ Shining Stars2014”. 株式会社スターダム (2014年7月27日). 2016年4月8日閲覧。
  11. ^ STARDOM × STARDOM2014”. 株式会社スターダム (2014年8月10日). 2016年4月8日閲覧。
  12. ^ ルーキー・オブ・スターダム2014”. 株式会社スターダム (2014年12月7日). 2016年4月8日閲覧。
  13. ^ はづき蓮王に代わり加藤悠が出場!”. 株式会社スターダム (2015年8月20日). 2016年4月8日閲覧。
  14. ^ http://wwr-stardom.com/?new01=2016%E5%B9%B411%E6%9C%8820%E6%97%A5%E3%80%80goddesses-of-stars2016#more-14619
  15. ^ “スターダムの葉月が12・24後楽園で引退「あと1カ月、堪能してください」”. デイリースポーツ. (2019年11月25日). https://www.daily.co.jp/ring/2019/11/25/0012906594.shtml 2019年11月26日閲覧。 
  16. ^ 引退式を終えた葉月がリング上でスターダムへの不満を激白!「人間としてみんなみたいにクソになりたくない。『お前らのせいだぞ』って思います」” (日本語). バトル・ニュース. 2019年12月24日閲覧。

外部リンク編集