メインメニューを開く

UEFA欧州選手権1980: 1980 UEFA European Football Championship)は欧州サッカー連盟の主催で1980年に開催された第6回目の欧州選手権である。

UEFA欧州選手権1980
大会概要
開催国 イタリアの旗 イタリア
日程 1980年6月11日 - 6月22日
チーム数(UEFA連盟)
開催地数(4都市)
大会結果
優勝 西ドイツの旗 西ドイツ (2回目)
準優勝 ベルギーの旗 ベルギー
3位 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
4位 イタリアの旗 イタリア
大会統計
試合数 14試合
ゴール数 27点
(1試合平均 1.93点)
得点王 西ドイツの旗 クラウス・アロフス(3点)
 < 19761984

目次

概要編集

今大会から開催国と予選を勝ち抜いた7か国の合計8か国を集めて決勝大会に参加する大会へと規模が拡大された。

最終トーナメントは、先ず8か国を2つのグループに振り分け、それぞれのグループリーグの1位通過国が決勝戦へ、2位通過国が3位決定戦へと進出した。今大会では準決勝戦は行われなかった。

今大会は、一般観衆とテレビ視聴者から支持を得ることが出来なかった。地元観衆は、イタリアの試合以外には関心が薄く、また多くの国々が採用した守備的な戦術は、退屈な試合の横行に繋がった。

また、グループリーグの、イングランドベルギー戦においてフーリガン(すでに1970年代から存在する問題)の暴動が発生し、機動隊催涙ガスによる鎮圧を行ったため、試合開始が遅れるトラブルも発生した。

明るい話題はカール=ハインツ・ルンメニゲベルント・シュスターらの新しいスター選手を擁した西ドイツと、エリック・ゲレツヤン・クーレマンスらを擁したダークホースのベルギーの活躍のみであった。両者の間で決勝戦が行われ、西ドイツが2度目のヨーロッパ王者となった。

予選編集

予選は31か国を7つのグループに分けて、それぞれホームアンドアウェー方式の総当たり戦を行い、勝利には勝ち点2、引分けには勝ち点1、敗北には勝ち点0が与えられた。各組の1位が本大会への出場権を獲得した。

出場国編集

 
UEFA欧州選手権1980出場国

本大会には、開催国であるイタリア、及び予選を通過した7か国が出場した。出場国は次の通り。

スタジアム編集

グループリーグ編集

グループ A編集

チーム 勝点 試合数 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
  西ドイツ 5 3 2 1 0 4 2 +2
  チェコスロバキア 3 3 1 1 1 4 3 +1
  オランダ 3 3 1 1 1 4 4 0
  ギリシャ 1 3 0 1 2 1 4 −3

オランダ   1 – 0   ギリシャ
キスト   65分 (pen.)

西ドイツ   3 – 2   オランダ
アロフス   20分60分65分 レップ   79分 (pen.)
ファン・デ・ケルクホフ   85分


オランダ   1 – 1   チェコスロバキア
キスト   59分 ネホダ   16分
サン・シーロミラノ
観客数: 11,889人

ギリシャ   0 – 0   西ドイツ

グループ B編集

チーム 勝点 試合数 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
  ベルギー 4 3 1 2 0 3 2 +1
  イタリア 4 3 1 2 0 1 0 +1
  イングランド 3 3 1 1 1 3 3 0
  スペイン 1 3 0 1 2 2 4 −2

ベルギー   1 – 1   イングランド
クーレマンス   29分 ウィルキンス   26分

スペイン   0 – 0   イタリア
サン・シーロミラノ
観客数: 46,816人

ベルギー   2 – 1   スペイン
ゲレツ   17分
クールス   65分
キニ   36分
サン・シーロミラノ
観客数: 11,430人


スペイン   1 – 2   イングランド
ダニ   48分 (pen.) ブルッキング   19分
ウッドコック   61分

決勝トーナメント編集

最終結果編集

 UEFA欧州選手権1980優勝国 
 
西ドイツ
2大会ぶり2回目

主な記録編集

得点ランキング編集

3得点

2得点

最短得点編集

6分 :   アントニーン・パネンカ(チェコスロバキア対ギリシャ戦)

関連項目編集