UFC 243: Whittaker vs. Adesanya(ユーエフシー・ツーフォーティスリー:ウィテカー・バーサス・アデサンヤ)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2019年10月6日オーストラリアビクトリア州メルボルンマーベル・スタジアムで開催された。

UFC 243: Whittaker vs. Adesanya
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 WME-IMG
開催年月日 2019年10月6日
開催地 オーストラリアの旗 オーストラリア
ビクトリア州メルボルン
会場 マーベル・スタジアム
試合数 全11試合
放送局 PPV
ESPN2
日本の放送局 WOWOW
FOXスポーツ&エンターテイメント
入場者数 57,127人[1]
入場収益 547万ドル[1]
イベント時系列
UFC Fight Night: Hermansson vs. Cannonier UFC 243: Whittaker vs. Adesanya UFC Fight Night: Joanna vs. Waterson

大会概要編集

本大会では正規王者ロバート・ウィテカーと暫定王者イスラエル・アデサンヤによるUFC世界ミドル級王座統一戦が組まれ、アデサンヤがスウェーで体をのけぞらせた体勢から右、左フックのカウンターを2連続で当てダウンを奪い追撃のパウンドでKO勝ちを収め王座統一に成功した。

本大会には57,127人の観衆が集まり、2015年11月14日に同じマーベル・スタジアム(当時の名称はドックランズ・スタジアム)で開催されたUFC 193の56,214人を抑えて、UFCの最多観客動員記録を更新した[2]

試合結果編集

アーリープレリム編集

第1試合 63.5kg契約 5分3R
  カリッド・タハ vs.   ブルーノ・シウバ ×
3R 3:00 肩固め
※タハの体重超過によりバンタム級から変更。
第2試合 58.1kg契約 5分3R
  キム・ジヨン vs.   ナディア・カッセム ×
2R 4:59 TKO(ボディーブロー)
※ジヨンの体重超過によりフライ級から変更。

プレリミナリーカード編集

第3試合 女子フェザー級 5分3R
  ミーガン・アンダーソン vs.   ザラ・フェアン ×
1R 3:57 三角絞め
第4試合 ライト級 5分3R
  ブラッド・リデル vs.   ジェイミー・ムラーキー ×
3R終了 判定3-0(29–27、30-26、30-26)
第5試合 ウェルター級 5分3R
  キャラン・ポッター vs.   マキ・ピトーロ ×
3R終了 判定3-0(29–28、29–28、29-28)
第6試合 ウェルター級 5分3R
  ジェイク・マシューズ vs.   ロスタム・アクマン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)

メインカード編集

第7試合 ヘビー級 5分3R
  ヨルガン・デ・カストロ vs.   ジャスティン・タファ ×
1R 2:10 KO(右フック)
第8試合 ウェルター級 5分3R
  ディエゴ・リマ vs.   ルーク・ジュモー ×
3R終了 判定2-1(28-29、29-28、29-28)
第9試合 ヘビー級 5分3R
  セルゲイ・スピバック vs.   タイ・トゥイバサ ×
2R 3:14 肩固め
第10試合 ライト級 5分3R
  ダン・フッカー vs.   アル・アイアキンタ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30–26)
第11試合 UFC世界ミドル級王座統一戦 5分3R
  イスラエル・アデサンヤ vs.   ロバート・ウィテカー ×
2R 3:33 KO(左フック→パウンド)
※アデサンヤが王座統一に成功。

各賞編集

ファイト・オブ・ザ・ナイトブラッド・リデル vs. ジェイミー・ムラーキー
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトイスラエル・アデサンヤ、ヨルガン・デ・カストロ
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

カード変更編集

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注編集

  1. ^ a b Staff (2019年10月6日). “UFC 243 sets new UFC attendance record, Adesanya gets a bonus”. asiamma.com. 2019年10月6日閲覧。
  2. ^ Record crowd watches Israel Adesanya stun Robert Whittaker in UFC 243The Guardian 2019年10月6日

関連項目編集

外部リンク編集