wyolica(ワイヨリカ)は、日本の男女2人組音楽グループ[1][2]。1999年にエピックレコードよりメジャーデビュー。2013年に解散[3][4]

wyolica
ワイヨリカ
出身地 日本の旗 日本東京[1]
活動期間 1999年 - 2013年
レーベル EPIC Records Japan
(1999年 - 2005年)
事務所 アミューズ
(1999年 - 2009年)
公式サイト

wyolica公式サイト

wyolicaオフィシャルブログ
メンバー azumiボーカル
so-to(ギタープログラミング

デビュー20周年記念日の2019年5月21日に再結成を発表した。

概要編集

それぞれ個別に活動していたazumiとso-toが、同時期に別々に応募したSonyMusic Auditionをきっかけに知り合い、意気投合して結成[5][6]大沢伸一プロデューサーとして迎えたシングル「悲しいわがまま」でメジャーデビュー[5]

グループ名はアメリカ先住民族の言葉を用いた造語で、「草原の民」の意[1][2]

ギターと歌という組み合わせを核として、さまざまなサウンドでアプローチする[6][7]

メンバー編集

北海道札幌市出身[5]。2005年からソロシンガーとして活動。
池宮 創人(いけみや そうと)、大阪府出身[2][5]。SoulColor Music代表。2012年からソロユニットSoulcolorとして活動。

来歴編集

1997年春、オーディションで知り合ったazumi(Vo)とso-to(G, Programming)の2人により結成[1][2][6]

1999年5月21日、シングル「悲しいわがまま」[注 1] でデビュー。

2000年2月2日、大沢伸一プロデュースによる1stアルバム『who said "La La..."?』をリリース。5月、初のライヴ・ツアー、「who said "La La..."? tour 2000」を開催。

2001年11月、Steady&Co.のアルバム『CHAMBERS』収録曲「Only Holy Story」にazumiが客演し、プロモーションビデオにも出演。12月5日、大沢伸一・Ashley Ingram藤本和則田中義人福富幸宏らのプロデューサー陣を迎えた2ndアルバム『almost blues』をリリース。

2003年11月6日、セルフプロデュース楽曲を基軸に4枚のシングルを収録する他、渡辺善太郎、坂田学、エマーソン北村、河野伸らが参加した3rdアルバム『fruits & roots』をリリース。

2004年5月26日、デビュー5周年を記念してベストアルバム『wyolica Best Collection 1999-2004 〜ALL THE THINGS YOU ARE〜』を発売[8]

2005年、wyolicaのネクスト・ステージへと向かうべく、活動を休止してヴォーカルazumiのソロデビュー、ギターso-toの作家活動とそれぞれのソロ活動を開始[8]

2006年8月26日・8月27日、『THE 夢人島 Fes.2006』に参加。

2007年6月、約3年ぶりのシングル「星」を配信限定でリリース[8]

2008年、沖縄・宮古島にて開催されたイベント「美ぎ島島(かぎすま)MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND」に翌2009年まで2年連続で出演。

2009年2月4日、デビュー10年目を迎えて約5年3か月ぶりのリリースとなるミニアルバム『Balcony』をアミューズより発売。3月末、アミューズとの契約が終了。

2010年9月29日、フルアルバムとしては7年ぶりのオリジナル・アルバム『Castle of wind』をDeep Blue Recordingsより発売。

2011年11月、それぞれソロ活動を再開し、事実上の解散となる[1][2]

2013年5月1日、so-toが自身のフェイスブックにてWyolicaの解散を発表。5月31日、azumiが自身のソロライブと公式ブログでWyolicaの解散を発表[3][4]

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考
1st 1999年5月21日 悲しいわがまま CD ESCB-1976 EPIC Records Japan オリコン92位
2nd 1999年10月1日 風をあつめて CD ESCB-2024 オリコン22位、登場回数7回
3rd 2000年1月21日 愛をうたえ CD ESCB-2073
4th 2000年4月19日 さあいこう CD ESCB-2112 オリコン96位
5th 2000年8月2日 Red song CD ESCB-2158 オリコン75位
6th 2001年5月23日 シェルター CD ESCB-2225
7th 2001年8月1日 チャイム CD ESCB-2248
8th 2001年10月24日 ありがとう CD ESCL-2264 オリコン63位
9th 2002年7月10日 one wish CD ESCL-2304 オリコン50位
10th 2003年2月19日 Mercy Me〜いつか光を抱けるように〜 CD ESCL-2378 オリコン38位、登場回数7回
11th 2003年7月16日 青い月 レーベルゲートCD ESCL-2404 オリコン67位
12th 2003年10月22日 忘れそう レーベルゲートCD ESCL-2457 オリコン81位
13th 2004年4月28日 スパークル レーベルゲートCD ESCL-2549 オリコン126位
CD ESCL-2784

デジタル・シングル編集

発売日 タイトル レーベル 備考
2007年6月13日 配信限定

アルバム編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考
1st 2000年2月2日 who said "La La..."? CD ESCB-2074 EPIC Records Japan オリコン17位、登場回数6回
2nd 2001年12月5日 almost blues CD ESCL-2265 オリコン24位、登場回数7回
3rd 2003年11月6日 fruits & roots CD+DVD ESCL-2461<初回生産限定盤> オリコン19位、登場回数7回
CD ESCL-2463<通常盤>
4th 2010年9月29日 Castle of wind CD XQEX-1005 Deep Blue Recordings オリコン115位

ミニアルバム編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考
1st 2002年12月4日 Folky Soul CD ESCL-2354 EPIC Records Japan オリコン37位、登場回数8回
2nd 2009年2月4日 Balcony CD QVCA-0003 Outreef Records/アミューズ オリコン85位

ベストアルバム編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考
2004年5月26日 wyolica Best Collection 〜ALL THE THINGS YOU ARE〜 レーベルゲートCD ESCL-2558<初回生産限定盤> EPIC Records Japan オリコン19位
ESCL-2560<通常盤>
2005年7月27日 CD ESCL-2684<通常盤>

ライブアルバム編集

  発売日 タイトル 形式 オーディオフォーマット 収録曲 レーベル 備考
1st 2010年7月1日 Live at The Globe Tokyo Vol.1 配信限定 24bit/48kHz Deep Blue Recordings 2009年12月13日に東京グローブ座で行われたワンマンライブから。
2nd 2010年8月2日 Live at The Globe Tokyo Vol.2
3rd 2010年9月2日 Live at The Globe Tokyo Vol.3

リミックス・コンピレーションアルバム編集

アーティスト名 リミックス曲タイトル 収録作品 発売日 規格 規格品番 レーベル
Liga Oriente 13. ありがとう -Liga Oriente Remix- Remistura/Remixed and Compiled by Liga Oriente
(リミスチュラ リミックスド アンド コンパイルド バイ リーガ・オリエンティ)
2007年6月13日 CD KSCL-1144 Ki/oon Records

ミュージックビデオ集編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考
2001年12月5日 wyolica clips VHS ESVL-553 EPIC Records Japan デビューから8thシングルまでの計8曲のビデオクリップと8thシングル「ありがとう」のビデオのメイキング映像を収録。
DVD ESBL-2091

主なタイアップ編集

客演・楽曲提供編集

azumi

  • MOOMIN GET HERE (2001年5月23日)
    • 「Kissing You」にヴォーカルでゲスト参加
  • スネオヘアー カナシミ(2005年12月7日)、悲しみロックフェスティバル(2005年11月23日)
    • 「happy end」にヴォーカルでゲスト参加。
  • SOFFet NEW STANDARD(2008/02/27),Love Story(2007/11/14)
    • 『Love Story』にゲストボーカルとして参加
  • FLOW アイル(2008/03/18)
    • 「陽だまり feat.azumi from wyolica」に作詞とヴォーカルで参加

so-to

  • as 帰り道 (2005年10月19日)
    • 「帰り道」に作詞・作曲・編曲で参加
    • 「stage」に作曲で参加
  • 柴咲コウ  (2006年2月15日)
    • 「あのひとこのひと」に作曲で参加
  • 柴咲コウ at home (2007年2月21日)
    • 「sonoinochi」に作曲で参加
  • 柴咲コウ 嬉々♥ (2007年4月25日)
    • 「甘いさきくさ。」に作曲で参加
  • SOFFet Love Story (2007年11月14日)
    • 「Jackal」に作曲で参加
  • 中孝介 絆歌 (2008年10月1日)
    • 「あいのうた」に作曲で参加
  • 柴咲コウ Love Paranoia (2009年11月18日)
    • 「きみが残していったもの」に作曲で参加
  • 柴咲コウ EUPHORIA (2010年11月3日)
    • 「となり -100709-」に作曲・編曲で参加
  • 茉奈 佳奈 夢の画用紙 (2011年2月23日)、Sweet Home (2011年4月6日)
    • 「こころの花」に作曲とアコースティクギターで参加

脚注編集

注釈編集

  1. ^ この曲は結成のきっかけとなった曲である[5]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g プロフィール”. CDジャーナル. 2017年11月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e プロフィール ワイヨリカ”. TOWER RECORDS ONLINE (2012年7月30日). 2017年11月11日閲覧。
  3. ^ a b Wyolicaが解散、14年の活動に終止符”. 音楽ナタリー (2013年5月31日). 2017年11月9日閲覧。
  4. ^ a b Wyolica、15年目で解散 ボーカルAzumi「なにひとつ悔いはない」”. オリコン (2013年6月1日). 2017年11月11日閲覧。
  5. ^ a b c d e BIOGRAPHY”. wyolica.net、ソニーミュージック. 2017年11月11日閲覧。
  6. ^ a b c Wyolica(ワイヨリカ)の記事まとめ”. 音楽ナタリー. 2017年11月11日閲覧。
  7. ^ ワイヨリカ”. TOWER RECORDS ONLINE (2003年11月13日). 2017年11月11日閲覧。
  8. ^ a b c wyolica、3年ぶりのシングルを配信限定でリリース!”. BARKS (2007年7月5日). 2017年11月11日閲覧。

外部リンク編集