ZUN (ゲームクリエイター)

日本の作曲家、ゲーム製作者

ZUN(ずん、1977年3月18日[1] - )は、日本ゲーム開発者、プログラマーゲームミュージック作曲家脚本家小説家漫画原作者イラストレーター。本名太田 順也[2](おおた じゅんや)。東京電機大学理工学部卒業。オリジナル同人ゲーム同人音楽制作サークル上海アリス幻樂団」主宰。『東方Project』シリーズを始めとした同サークルの著作物において、シナリオプログラミングキャラクターデザインサウンド制作等、ゲーム開発に必要な大半の作業を個人で行っているゲームクリエイターである[3]

ZUN
生誕 太田 順也
(1977-03-18) 1977年3月18日(40歳)
長野県北安曇郡白馬村
国籍 日本の旗 日本
別名 博麗神主、神主
教育 学士
出身校 東京電機大学理工学部
職業 ゲームクリエイター
作曲家
小説家
漫画原作者
代表作 東方Project
配偶者 既婚
子供 1男1女

目次

来歴編集

早期キャリア編集

1977年3月18日[4]長野県[5]北安曇郡白馬村[6]で誕生。生家は喫茶店を経営しており、当時人気のあったテーブル筐体型のアーケードゲームが身近な環境で子供時代を過ごしたことで、ゲーム制作に興味を持つようになった[7]。小学生時代にキーボードトランペットの演奏方法を学び、中学生で音楽を作曲し始めた。 東京電機大学入学後、プログラミングを学び、またゲームミュージック作曲に関心を持ったため、同大学のゲーム制作サークル「Amusement Makers」に参加した。大学卒業後はタイトーに入社し、ゲーム開発者として勤務した[8][9]。彼がタイトー在籍時に開発に携わったゲームソフト『ラクガキ王国』には「ハクレイのミコ」という隠しキャラクターが登場し、これは『東方Project』の主人公の一人博麗霊夢が由来となっている。現在はタイトーを退職し、個人でゲーム制作を行っている[10]

ZUNは既成作品の中に好きなタイプのゲームが見つけられなかったため、自分でゲーム制作を行うことにしたという。スウェーデンの雑誌とのインタビューでは「私は引き続きベストを尽くすつもりだ。私のサポーターが全て消えたら、私は好きなゲームを作り続けることが出来て嬉しい」と語っている[11]。ZUNはMicrosoft Visual StudioAdobe PhotoshopCubase SXを使って東方Projectのゲームを開発したと述べている[12]

PC-98時代編集

東京電機大学在学中の1996年、ZUNは東方Projectの第1作『東方靈異伝』を制作した。 その後1997年から1998年にかけて『東方封魔録』、『東方夢時空』、『東方幻想郷』、『東方怪綺談』を制作した。 ZUNは元々『幻想郷』をこのシリーズの最後に位置づけ、その後はプレイヤーの想像に任せるとしていたが、『幻想郷』の制作終盤に突然新しい曲のアイデアが出てきたので、『怪綺談』を制作することにしたという[13]。その後ZUNは、サークル「Amusement Makers」に参加し、西方Project中国語版の『秋霜玉』『稀翁玉』などのシューティングゲームに作曲者として参加した。 『東方怪綺談』の後、丸4年間は新しい東方Projectシリーズを制作しなかった[14]

Windows時代編集

2002年6月、ZUNの個人ホームページ「東方幻想空間 博麗神社」は正式に「上海アリス幻樂団」と改称された[15]。 同年8月のコミックマーケット62において、東方Project第6弾『東方紅魔郷』をリリースして同シリーズの展開を再開すると同時に、音楽CD『蓬莱人形』をリリースし同人音楽活動も開始した。『紅魔郷』は、Windowsプラットフォームの東方Projectの最初の作品である[16]。 その後、東方Projectは原作ゲームだけでなく二次創作同人活動の対象としても人気を高め、2003年のコミックマーケットでは僅か7つしかファンサークルがなかったものが、2008年にはファンサークルは885に増加している[17]。ZUNは東方Projectに関する二次創作について著作権者としてのガイドラインを定め、ガイドラインの範囲内で他者が自由に二次創作活動を行うことを公式に認めている[18]

その後、2003年8月のC64で第7作『東方妖々夢』、2004年8月のC66で第8作『東方永夜抄』をそれぞれ発表した。2005年と2007年の夏にも第9作『東方花映塚』と第10作『東方風神録』をリリースした。2006年末、ニコニコ動画の出現により、人々が東方Projectの音楽やビデオにアクセスしやすくなり、東方Projectの人気を更に高めた[19]

その後も東方Projectの同人ゲームタイトルのリリースを継続すると共に、商業誌において小説家漫画原作者としても活動の幅を広げている。小説家としては2004年以来『東方香霖堂 〜 Curiosities of Lotus Asia.』を発表しており、漫画原作者としては2005年から連載された『東方三月精』(角川書店月刊コンプエース』連載、作画:松倉ねむ比良坂真琴)以降、複数の著作がある。

人物編集

ZUNというクリエイターネームは、アーケードゲームハイスコア入力画面等で用いるアルファベット3文字の個人名に由来している[20]。また、「上海アリス幻樂団」作品のファンからは、代表作『東方Project』の作品世界における中心舞台である「博麗神社」(はくれいじんじゃ)の主という意味から、「神主」「博麗神主」、と慣習的に呼ばれている[21]。「博麗神主」は、ZUNが自身のtwitterアカウントで使用している名前でもある。

ゲーム制作の際には、郷里である長野県を中心とした神話・伝説・民俗を引用することが多い[22]。例えば『東方風神録』は前作『東方花映塚』のリリース後、発表までに2年を要したが、これは彼が長野県内の各神社等に取材を行っていたことが影響している。

私生活では、2012年に結婚し、同年5月27日に挙式した。同日には『東方Project』の二次創作オンリーイベントである「博麗神社例大祭」が行われていた。 夫人は、ZUNが2004年8月に出会い、彼のゲーム制作を長年補助していたコンピュータエンジニアである[23]

を嗜むことを趣味とし、ブログには酒関連の話題が多くある[24]

人生についての彼の見解について質問された時には、「悲観的に考えない方がいいな。人生一回しかないですから。何でもやっちゃえばいい」と回答している[6]

作品編集

脚注編集

  1. ^ 其在由愛好者舉辦的東方實況錄音活動「Flowering Night 2008」(2008年3月15日)中的發言,於2011年3月18日在Twitter上發言
  2. ^ 東方紅魔鄉』等のライナーノーツには、サークルの連絡先として当時のZUNの所属先であったタイトー社員寮の住所と、太田順也の本名がクレジットされていた。
  3. ^ ZUN-VGMdb”. 2013年2月22日閲覧。
  4. ^ 2011年3月18日ZUN在Twitter上的發言
  5. ^ 『博麗幻想書譜』「何処に行っても望郷の念」” (2006年8月7日). 2013年2月22日閲覧。
  6. ^ a b あきば通 inニコニコ動画 試験動画002”. niconico動畫 (2009年2月4日). 2013年2月22日閲覧。
  7. ^ 東方文花帖 ~ Bohemian Archive in Japanese Red.》收錄的訪問錄「“東方”ゲームデザイン概論」第163-167頁。
  8. ^ 4Gamer.netの記事”. 2017年12月2日閲覧。東方Projectに関する研究のスライド” (2008年9月28日). 2013年2月22日閲覧。
  9. ^ TAITO開發的遊戲《武刃街》的官方網頁:ソフト開発者インタビュー”. bujingai.com. 2013年2月22日閲覧。
  10. ^ 「【特別対談】ZUN×竜騎士07 同人ゲームの起こした「奇跡」の真相」『PLANETS』vol.7、第二次惑星開発委員会、2010年8月、第122-131頁
  11. ^ Ryan Puchalski: An Analysis of Touhou Project 08: Imperishable Night”. the gameplay archive (2013年4月). 2013年2月22日閲覧。
  12. ^ ZUN (2005年8月). 東方文花帖 ~ Bohemian Archive in Japanese Red. 一迅社. p. 166. ISBN 4-7580-1037-4. 
  13. ^ 东方奇迹谈”. 2012年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月22日閲覧。
  14. ^ 瞬殺サレ道?”. 2013年2月22日閲覧。
  15. ^ 存档副本”. 2002年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年9月2日閲覧。
  16. ^ -特集- シューティングの方法論第1回 ZONE Z
  17. ^ 东方Project 历届Comiket社团数发展浅观”. 天极网 (2008年8月1日). 2013年2月22日閲覧。
  18. ^ 東方Projectの版権を利用する際のガイドライン 2011年版”. 博麗幻想書譜(ZUN公式ブログ) (2011年2月18日). 2017年12月6日閲覧。
  19. ^ 上海アリス幻樂団:幻想履歴”. 上海アリス幻樂団. 2013年2月22日閲覧。
  20. ^ Twitterでの2010年7月29日のZUNの発言” (2010年7月29日). 2013年2月22日閲覧。
  21. ^ 「博麗神社 神主・ZUNインタビュー 神主の言霊」 『三月精 第1部』単行本 pp.110-113。
  22. ^ 一迅社雜誌キャラ☆メルVol.3「神主ZUN、『風神録』についてかく語りき!」第104-111頁,2007年出版。
  23. ^ 光希樱恋 (2012年2月29日). “「東方project」神主ZUN宣布结婚,例大祭当天举行婚礼”. jpbeta.net. 2013年2月22日閲覧。
  24. ^ 広田稔. ““酒神主”東方ProjectのZUN氏のビールがニコニコ超会議で飲めるっ!!”. 週刊アスキーPLUS. 2013年2月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集