メインメニューを開く

うま辛王(うまからおう)とは、岐阜県高山市第3セクターの飛騨唐辛工房が発売しているソースである。

概要編集

  • トウガラシを自然発酵させた物をペースト状としたソース。
  • 元々は、岐阜県高山市の「キッチン飛騨」のステーキハウスの料理長が、1970年頃、ステーキにあう調味料として開発した「唐辛」というソースである。
  • 1997年平成9年)、唐辛は岐阜県特産品開発コンテストで大賞を受賞する。
  • 2000年(平成12年)、製造特許取得。村おこしとして岐阜県大野郡高根村(現高山市)に第3セクターの飛騨唐辛工房を設立。唐辛をうま辛王と改称して生産開始。
  • うま辛王の製造工場は、御嶽山の山麓の標高1,200 mにある古いトンネルの中にある。これは、トンネルの中は1年を通じて温湿度が安定しており、トウガラシの自然熟成に適しているため。

製造方法編集

  1. 乾燥赤トウガラシを御嶽山の湧き水と天然塩に浸す。
  2. 一定間隔で攪拌しながら、15 - 24か月(平均18か月)熟成させる。
  3. 熟成終えたものを粉砕し、米を加えた後、攪拌しながら1か月熟成させる。
  4. ペースト状にする。