メインメニューを開く
Kinoko vs Takenoko.jpg

きのこたけのこ戦争(きのこたけのこせんそう)は、明治のチョコレートスナック菓子「きのこの山」と「たけのこの里」のどちらが美味しいかという、消費者間の論争[1][2]。姉妹商品同士の優劣を論じるこの論争は1980年頃から始まり[3]、21世紀になってからもネット上で定番の話題(いわゆるインターネット・ミーム)になっている[1]2001年には、明治自らこの論争に便乗した「きのこ・たけのこ総選挙」キャンペーンを実施し、低迷していたきのこの山の売り上げ回復を成功させた[4]

相対的に若年層はたけのこの里を好むが、年齢が上がるにつれてきのこの山を買う傾向にある[5][6]

きのこの山が勝った例編集

  • 2010年米Amazonでは、きのこの山がたけのこの里よりも多くのレビューを集めていた[7]
  • 2013年Yahoo! Japanがキーワード検索数を調査したところ、大半の都道府県できのこの山がたけのこの里を上回った[8][9]
  • 2018年8月18日から19日にかけてスプラトゥーン2で開催されたフェスマッチ「あなたはどっち派? きのこの山vsたけのこの里」では、2-1できのこの山が勝利した[10]

たけのこの里が勝った例編集

  • 2001年に明治が実施した「きのこ・たけのこ総選挙」ではたけのこの里が勝利した[2]
  • 2005年に明治は取材に対し「数年前に調査させていただいたところ、若干ではありますが、『たけのこの里』の方が多く売れているようです」と回答した[5]
  • 2014年に無料家計簿アプリ ReceReco(レシレコ)の購買データを分析したところ、たけのこの里がきのこの山のほぼ2倍買われており、その傾向に地域・性別の差は見られなかった[6]
  • 2016年6月18日から19日にかけてスプラトゥーンで開催されたフェスマッチ「明治 presents あなたはどっち派? きのこの山vsたけのこの里」では、たけのこの里が351ポイント、きのこの山が349ポイントでたけのこの里が勝利した[11]
  • 2016年11月27日テレビ朝日系で放送された『日本国民がガチで投票! お菓子総選挙2016』では、たけのこの里は8位、きのこの山は30位圏外だった[1]
  • 2018年に明治が17年ぶりに実施した「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018」では、「たけのこ党」が6,931,220票、「きのこ党」が6,761,773票、「どっちも党」が2,238,204票となり、僅差で[3]たけのこの里が勝利した[12]

脚注編集

  1. ^ a b c 「きのこの山・たけのこの里」総選挙実施 激突前から「たけのこ派」勝利宣言のわけ”. J-CAST (2018年2月27日). 2019年3月4日閲覧。
  2. ^ a b 明治 きのこ・たけのこ論争に終止符? 「総選挙」実施へ”. 毎日新聞 (2018年2月26日). 2019年3月4日閲覧。
  3. ^ a b きのこVS.たけのこ戦争ついに終結 「たけのこ党」が国民総選挙で勝利!「吉田沙保里とつくるたけのこの里」などマニフェスト実行へ”. Biglobe (2018年9月11日). 2019年3月4日閲覧。
  4. ^ アポロチョコが転じて…国民的お菓子「きのこの山」誕生秘話”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2015年7月22日). 2019年1月25日閲覧。
  5. ^ a b 「きのこの山」と「たけのこの里」はどっちが売れているのか”. Excite (2005年1月31日). 2019年3月4日閲覧。
  6. ^ a b 「きのこの山」VS.「たけのこの里」戦争に決着!? 購買データ分析で“大差”あり”. ITMedia (2014年2月4日). 2019年3月4日閲覧。
  7. ^ 日本のお菓子や調味料が米Amazonで絶賛)”. R25. リクルート (2010年4月26日). 2014年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月26日閲覧。
  8. ^ 「きのこの山VSたけのこの里」決着!? 「きのこの山」圧倒的勝利!”. Yahoo! Japan (2013年4月22日). 2019年3月4日閲覧。
  9. ^ 「きのこの山 vs.たけのこの里」論争にジャッジメント!? Yahoo!検索数で勝負あり”. ITMedia (2013年4月22日). 2019年3月4日閲覧。
  10. ^ 『スプラトゥーン2』「きのこの山 vs たけのこの里」フェスはきのこ派が大勝利!
  11. ^ 「スプラトゥーン」ユーザーを巻き込んだ「きのこの山 vs たけのこの里」フェスがついに決着 勝ったのは……
  12. ^ きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018 特設サイト”. 明治 (2018年). 2019年3月4日閲覧。