きりたんぽ

日本の郷土料理

きりたんぽ(切蒲英、切短穂[1])とは、つぶしたうるち米ご飯の棒に先端から包むように巻き付けて焼いたたんぽ餅を、棒から外し、食べやすく切った食品。秋田県郷土料理(比内地鶏)がらのだし汁に入れて煮込んだり、味噌を付けて焼いたりして食べる。地域によって食べ方は異なる。

たんぽときりたんぽ鍋
たんぽときりたんぽ鍋

起源編集

秋田県大館鹿角地域の郷土料理で、その地のマタギの料理が起源だったとの説がある[2]。他にもいくつかの説があり、

  1. 残った飯を捏ねて棒の先に付け焼いて食べたら旨かった。たまたま、南部藩主が巡視に来たときに食べ、食べ物の名前を訊かれたときに、キリタンポと答えたのが始まり[3]
  2. マタギが山から帰った際、残した飯を潰して棒につけて焼き、獲物のヤマドリや山菜、キノコとともに煮たり味噌をつけて食べたりしていた[2]
  3. 阿仁マタギは狩りに行くときに大きいおにぎりを朝食1個と昼食1個と吹雪で帰れない等の予備に1個持っていき、その予備のおにぎりはほとんどの場合、家に持ち帰りました。その際、冷たいのでおにぎりを棒に刺して焼いて食べていましたが、早く焼くために伸ばしたのが始まりです。又、きりたんぽに関しては秋田県ほぼ全域に広まった(八木マタギ、仙北マタギなどの阿仁マタギ以外の地区を除く。この地区はだまっこ又はきりたんぽは広まっていない)のはマタギが全域で狩りをしていたことからほぼ全域に広まりました。その当時、熊の胆や皮などで商売をしていたマタギは裕福で白米を食べることが出来ましたが、農家ですら粟や根菜を混ぜたご飯(粥)を食していました。民家に泊まりながら商いの旅に出て、民家の子供に焼いたおにぎり(きりたんぽ)をあげるとすごく喜ばれ、秋の収穫の時期に特別な贅沢料理として民家でこれをまねして作られたのが全域に広まった理由です。きりたんぽ鍋は、マタギではなく(熊鍋やウサギ鍋は獣臭を消す為、濃い味噌が主流でこれにきりたんぽは入れない。又、醤油自体がまだ無かった)。その後、日本一の鉱山として阿仁鉱山の最盛期の時、全国から商人が来てその中にその当時珍しい醤油が入って来たのがきりたんぽ鍋の始まりと思われ鉱夫づてでさらに広まったと推測される。(きりたんぽ鍋に糸こんにゃくが入っている理由は、鉱夫の肺病に効くと言われていたからです。他にもなんこ鍋など阿仁発祥で各地に広まった鍋がある)

きりたんぽ鍋は家庭料理であることから、鍋に入れる鶏肉に本来は決まりはない。比内地鶏が使われるようになった契機は、比内地鶏の産地である大館市の企業が、煮込んでも硬くなりすぎず鍋物に最適なことに注目してセットで売り出し、成功したことである。その後、県北部の鹿角市が発祥、大館市が本場と定着し、秋田県の郷土料理として広く親しまれるようになった。

これに対して南部、つまり由利本荘市大仙市横手市湯沢市周辺では、あまりなじみがある料理ではなかった。きりたんぽが全国的に有名になってから秋田県の名物として県南にも普及した[4]。県南部はむしろ、山形県や宮城県などで広く行われている芋煮会の分布範囲である。

主な種類と概要編集

たんぽたんぽ餅

 
みそつけたんぽ / 味噌をつけて焼いている例。
たんぽ(たんぽ餅)は、切る前の段階でのきりたんぽを指す。ほとんどの人がこれを「きりたんぽ」と考えるが、切っていないので、厳密には誤りである。[要出典]「短穂(たんぽ)」とは、元来、稽古用のにつける綿を丸めてで包んだものであり、(秋田杉)の棒に半殺し(半分潰すという意味[5])のご飯を巻き付けたところがたんぽをつけた槍(たんぽ槍)に似ていることから、その名が付いた[6]
みそつけたんぽ
焼いたたんぽに味噌を塗って食べるもの。みそたんぽとも呼ばれる。■右に画像あり。
きりたんぽ鍋
鶏(比内地鶏)のガラでとった出汁をベースに濃口醤油日本酒砂糖(または味醂)で醤油味のスープを作る。ゴボウマイタケ(金茸、銀茸)、比内地鶏など煮えにくい素材から順に入れ、中火で煮立てる。きりたんぽとネギを入れ、味が染みる直前でセリを投入する。セリに火が通ったら完成。
比内地鶏が品種開発される以前は、出汁には比内鶏のものを用いていた。比内地鶏が手に入らない場合はブロイラーのトリガラ、もも肉、鶏皮、ネクタイ(首の肉)で代用すると良い味が出る。
具材について基本はゴボウ、鶏肉、マイタケ、、たんぽ、セリの6種[注 1] である。入れてはならないとされるものが存在し、シイタケはその代表格で、キノコはシメジかマイタケを使い、他に糸こんにゃくも用いない[7][注 2] 。但し現在は特に都心部の店舗や通信販売などを中心に、これらの食材を用いてきりたんぽ鍋を供している場合もある。うるち米を素材とするきりたんぽは長時間煮ると形が崩れるため、食せる状態まで煮たら早めに鍋から引き上げ食べる事が望ましい。特におみやげ品として売られているきりたんぽには、繋ぎとして米粉が混ぜ込まれているため、その場で米を潰して作ったきりたんぽよりも型くずれしやすい。
だまこもち
たんぽのように焼かず、団子状に丸めた類似の伝統料理。

行事編集

 
本場大館きりたんぽまつり

秋田県内では、北部を中心に野外に集まりきりたんぽ鍋を作る会合が行われ「なべっこ」「たんぽ会」と呼ばれる。また、小学校などでは遠足できりたんぽ鍋を作る「なべっこ遠足」がかつては盛んに行われた[注 3]

  • 本場大館きりたんぽまつり [8]
秋田県大館市大館樹海ドーム(10月)。本場大館きりたんぽまつり実行委員会主催、秋田魁新報社・秋田銀行協賛。
  • きりたんぽ発祥まつり [9]
秋田県鹿角市あんとらあなど(11月)。十和田八幡平観光物産協会。

評価編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ほかに好まれる具材として、サトイモ卵巣を含む鷄モツつみれを入れる場合もある。
  2. ^ シイタケを用いない理由としては風味の他、県北では元々シイタケが「マイタケ採りの副産物として出会うもの」という位置づけであったからである。
  3. ^ 秋田県内の小学校201校のうち、現在も「なべっこ遠足」を実施しているのは15校(全体の7.5%)のみである。きりたんぽの代わりにだまこもちを使う場合もある。

出典編集

  1. ^ 平凡社 編「キリタンポ(切短穂)」 『大辞典』 第八(復刻)、平凡社、1994年、334頁。 
  2. ^ a b 『日本の郷土料理』第2巻(東北II)(石毛直道奥村彪生神崎宣武山下諭一 編、ぎょうせい、1986年) 23頁 : 滑川道夫「郷土料理につながるふるさとの味」
  3. ^ 小松三郎、「秋田」 『日本釀造協會雜誌』 1978年 73巻 1号 p.32-34, doi:10.6013/jbrewsocjapan1915.73.32
  4. ^ 『日本の郷土料理』第2巻(東北II)(石毛直道・奥村彪生・神崎宣武・山下諭一 編、ぎょうせい、1986年) 48頁 : 山下諭一「きりたんぽを食べる」
  5. ^ 日テレNEWS24 きりたんぽ製造の秘けつは「半殺し」?
  6. ^ きりたんぽとは、どういう食べ物ですか。 - 農林水産省”. 2022年6月3日閲覧。
  7. ^ きりたんぽ鍋の作り方 秋田県大館市のホームページより
  8. ^ 本場大館きりたんぽまつり”. 本場大館きりたんぽまつり実行委員会. 2013年7月1日閲覧。
  9. ^ 行政インフォメーション 2011年11月号 (PDF)”. 「きりたんぽ発祥まつり」・「花輪かっぽ軽トラ市」を開催します. 鹿角市 (2011年11月). 2013年7月1日閲覧。[リンク切れ]

関連項目編集

外部リンク編集