しなの川』(しなのがわ)は、1973年2月から1974年2月までヤングコミックに連載された上村一夫の漫画作品(原作 岡崎英生)である[1]。また、1973年に野村芳太郎監督によって映画化された日本映画である。

しなの川
監督 野村芳太郎
脚本 ジェームス三木
原作 岡崎英夫
上村一夫
製作 樋口清
出演者 由美かおる
仲雅美
音楽 冨田勲
撮影 川又昴
編集 太田和夫
配給 松竹
公開 日本の旗 1973年11月3日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あらすじ編集

昭和3年、17歳の朝田竜吉は、十日町の高野家に奉公となる。高等女学校3年生の娘の高野雪絵と知り合う。雪絵は、駆け落ちした母親のことを気にしていた。その後、雪絵は長岡の高女に転校させられ、竜吉とは離れ離れになる。昭和5年、高女の国語教師で左翼の沖島雄介と恋仲になり、駆け落ちすることとなる。しかし、処女を与えた後、疎遠となる。十日町にかえり、雪絵と竜吉は再会する。そして、信濃川に落ちて心中するが、どちらも命は助かる。母が佐渡にいると聞いた雪絵は、母を訪ねまわり、ついに母に再会する。そして父親が同性愛者であること、雪絵の父は父親ではないこと、さらに女としての生き方について母から話を聞く。雪絵は自分の中に流れている母の血を感じて母と和解し、家に戻ってから父親をも許し、父の進める縁談を受けることにする。嫁入りの日、雪絵の姿を見つめる竜吉は満州へと旅立つ。

漫画編集

  • 『しなの川』全3巻、K&Bパブリッシャーズ、2005年

映画編集

スタッフ編集

キャスト編集

新・同棲時代 愛のくらし

製作編集

由美かおるは前作『同棲時代 ―今日子と次郎―』のヌードや大胆な濡れ場が話題を呼び[2][3]、大人の演技で人気を取り戻したが[2][3]、続編(『新・同棲時代 愛のくらし』)のオファーにはカマトトぶりを発揮し「裸はもうイヤ!」と出演を拒否した[2]。しかし『同棲時代』以上にエロティック描写が織り込まれると予想された本作の主演を受けた[2]

エピソード編集

  • 由美かおるが全裸で水浴びして、和服姿の男性に抱きつく、美しいCMNFシーンがある。男性ヌードはない。
  • 映画およびレコードに対し、ある作家が自著を盗作したとの指摘がなされたが、その後類似性無しとしてヤングコミック誌において抗議見解を掲載した[4]

ビデオソフト編集

出典編集

  1. ^ 『しなの川』第3巻巻末、K&Bパブリッシャーズ、2005年
  2. ^ a b c d 「NEWS MAKERS 由美・上村コンビ "二作目"の皮算用」『週刊ポスト』1973年6月15日号、小学館、 40頁。
  3. ^ a b 「死ぬまで死ぬほどSEX 夏目雅子、松坂慶子、名取裕子、十朱幸代、秋吉久美子、樋口可南子、黒木瞳、関根恵子ほか 『女優だからこそ脱いだ』 銀幕を彩った大女優31人『覚悟のセックスシーン』」『週刊ポスト』2017年7月7日号、小学館、 160頁。
  4. ^ 『しなの川』第3巻巻末、および、『リリシズム』p135、まんだらけ、2011年
  5. ^ 「ビデオコレクション1982」1981年、東京ニュース通信社、「週刊TVガイド」臨時増刊12月2日号
  6. ^ 「'89ビデオソフト全カタログ」1989年、小学館、テレパル/ビジパル共同編集

外部リンク編集