ビートルズ > ビートルズの作品 > すてきなダンス
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > すてきなダンス
アン・マレー > すてきなダンス

すてきなダンス」(英語: I'm Happy Just To Dance With You) は、ビートルズの楽曲である。1964年に公開された主演映画『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』のサウンドトラックとして書かれた楽曲で、同作のサウンドトラック盤にあたる3作目のイギリス盤オリジナル・アルバム『ハード・デイズ・ナイト』やユナイテッド・アーティスツ編集盤『A Hard Day's Night』にも収録された。レノン=マッカートニーの作品で[1]、リード・ボーカルはジョージ・ハリスンが務めた。

すてきなダンス
ビートルズシングル
初出アルバム『ハード・デイズ・ナイト
A面
B面 日本の旗 テル・ミー・ホワイ
リリース
録音
ジャンル ロック
時間
レーベル
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート最高順位
下記を参照
ビートルズ シングル U.S. 年表
ビートルズ シングル 日本 年表
ビートルズ シングル U.K. 年表
ビートルズ シングル U.S. 年表
ビートルズ シングル 日本 年表
ハード・デイズ・ナイト 収録曲
恋におちたら
(A-3)
すてきなダンス
(A-4)
アンド・アイ・ラヴ・ハー
(A-5)
ミュージックビデオ
I'm Happy Just to Dance with You」 - YouTube
テンプレートを表示

ビートルズ活動期のイギリスではシングル・カットされなかったが、アメリカではシングル盤『ぼくが泣く』のB面としてリカットされ、8月1日付のBillboard Hot 100最高95位を獲得した[2]。日本でも翌年にシングル・カットされ、B面には『テル・ミー・ホワイ』が収録された。

背景・曲の構成編集

レノン=マッカートニーの作品で、ハリスンがリード・ボーカルを務めた楽曲。ハリスンがリード・ボーカルを務めたレノン=マッカートニーの作品は「ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット」以来2曲目となる。1980年のPLAYBOY誌のインタビューでジョン・レノンは「ジョージのために書いた曲。僕は歌えなかった」と語っている[3]ポール・マッカートニーも、1997年に出版された伝記の中で「映画でジョージに歌ってもらうために作った曲。定型ものさ。キーがEの曲でA♭マイナーに行こうとするとだいたいこんな風になる。このコード進行にはいつもわくわくさせられる」と語っている[1]

「すてきなダンス」のレコーディングは、1964年3月1日にEMIスタジオに行われた。これは通常労働日ではない日曜日にEMIスタジオを使用した初の例となった[4]

リリース編集

「すてきなダンス」は、アメリカでは1964年6月26日にユナイテッド・アーティスツ・レコードから発売された『A Hard Day's Night』、イギリスでは7月10日に発売されたオリジナル・アルバム『ハード・デイズ・ナイト』の収録曲として発売された。アメリカでは7月20日に発売されたキャピトル編集盤『サムシング・ニュー』にも収録された。ビートルズ活動期のイギリスではシングル・カットされなかったが、アメリカではシングル盤『ぼくが泣く』のB面としてリカットされ、8月1日付のBillboard Hot 100最高95位を獲得した[2]。日本でも翌年にシングル・カットされ、B面には『テル・ミー・ホワイ』が収録された。また、本作は1982年に発売されたシングル盤『ザ・ビートルズ・ムービー・メドレー』のB面にも収録された。

BBCセッションでも演奏され、1964年7月17日にロンドンにあるBBCのスタジオでレコーディングされた音源が、同年8月3日に放送された。映画『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』のテレビ放送のリハーサルのシーンでは、ピアノのみのインストゥルメンタルが使用された。

演奏編集

※出典[5]

プロデュースはジョージ・マーティンが手がけ、レコーディング・エンジニアノーマン・スミス英語版が務めた。

収録アルバム編集

カバー・バージョン編集

アン・マレーによるカバー編集

すてきなダンス
アン・マレーシングル
初出アルバム『倖わせの岸辺英語版
B面 愛は永遠に英語版
リリース
ジャンル
時間
レーベル キャピトル・レコード
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース ジム・エド・ノーマン英語版
チャート最高順位
下記を参照
アン・マレー シングル 年表
  • すてきなダンス
  • (1980年 (1980)
倖わせの岸辺英語版 収録曲
フランチ・ワルツ
(A-5)
すてきなダンス
(B-1)
月影のブルックリン
(B-2)
ミュージックビデオ
「I'm Happy Just To Dance With You」 - YouTube
テンプレートを表示

アン・マレーは、1980年に発売したアルバム『倖わせの岸辺英語版』に「すてきなダンス」のカバー・バージョンを収録した。ビートルズ・バージョンと異なり、マレーによるカバー・バージョンはアダルト・コンテンポラリー調のバラードとなっている。

1980年6月にシングル・カットされ、Billboard Hot 100で最高位64位[6]Hot Country Songsで最高位23位[7]Adult Contemporaryチャートで第13位を獲得した[8]

その他のアーティストによるカバー編集

チャート成績編集

ビートルズ版編集

チャート(1964年) 最高位
US Billboard Hot 100[2] 95
US Cash Box Top 100[13] 91

アン・マレー版編集

チャート(1980年) 最高位
カナダ (RPM Adult Contemporary)[14] 1
カナダ (RPM Country) 10
カナダ (RPM Top Single) 74
US Billboard Hot 100[2] 64
US Adult Contemporary (Billboard)[7] 23
US Adult Contemporary (Billboard)[8] 13

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b Miles 1997, p. 163.
  2. ^ a b c d The Hot 100 Chart”. Billboard (1964年8月1日). 2019年1月8日閲覧。
  3. ^ Sheff 2000, p. 546.
  4. ^ Harry 2000, p. 546.
  5. ^ MacDonald 2005, p. 112.
  6. ^ The Hot 100 Chart”. Billboard (1980年7月5日). 2020年11月11日閲覧。
  7. ^ a b I'm Happy Just To Dance With You Chart History (Hot Country Songs)”. Billboard. 2020年11月11日閲覧。
  8. ^ a b I'm Happy Just To Dance With You Chart History (Adult Contemporary)”. Billboard. 2020年11月11日閲覧。
  9. ^ Original versions of Quiero bailar contigo by Los Impala”. SecondHandSongs. 2020年11月11日閲覧。
  10. ^ Unterberger, Richie. Neon - The Cyrkle | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年11月11日閲覧。
  11. ^ Jukebox - Bachman Cummings | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年11月11日閲覧。
  12. ^ Deming, Mark. B-Sides the Beatles - The Smithereens | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年11月11日閲覧。
  13. ^ Cash Box Top 100 Singles, August 8, 1964”. 2018年3月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年11月11日閲覧。
  14. ^ RPM Adult Oriented Playlist”. RPM. カナダ国立図書館・文書館. 2020年11月11日閲覧。

参考文献編集

  • Harry, Bill (2000). The Beatles Encyclopedia: Revised and Updated. London: Virgin Publishing. ISBN 0-7535-0481-2 
  • Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt & Company. ISBN 0-8050-5249-6 

外部リンク編集