メインメニューを開く

ぼくが泣く」(I'll Cry Instead) はイギリスロックバンドビートルズの楽曲である。

ぼくが泣く
ビートルズ楽曲
収録アルバム ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
リリース 1964年7月10日
録音 1964年6月1日
ジャンル ロックンロール[1]
カントリー[2]
時間 1分49秒 (monaural version)
1分45秒 (stereo version)
2分8秒 (monaural version of "Something New")
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

ビートルズシングル盤 U.S. 年表
ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!
b/w
恋する二人
(1964年)
ぼくが泣く
b/w
すてきなダンス
(1964年)
アンド・アイ・ラヴ・ハー
b/w
恋におちたら
(1964年)
ビートルズシングル盤 日本 年表
ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!
b/w
今日の誓い
(1964年)
恋する二人
b/w
ぼくが泣く
(1964年)
アンド・アイ・ラヴ・ハー
b/w
恋におちたら
(1964年)
ハード・デイズ・ナイト 収録曲
A面
  1. ハード・デイズ・ナイト
  2. 恋する二人
  3. 恋におちたら
  4. すてきなダンス
  5. アンド・アイ・ラヴ・ハー
  6. テル・ミー・ホワイ
  7. キャント・バイ・ミー・ラヴ
B面
  1. エニイ・タイム・アット・オール
  2. ぼくが泣く
  3. 今日の誓い
  4. 家に帰れば
  5. ユー・キャント・ドゥ・ザット
  6. アイル・ビー・バック

解説編集

本作は1964年発表のアルバムビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』に収録されている。名義はレノン=マッカートニーとなっているが、ジョン・レノンによって書かれた楽曲。トリッキーなギターのリフが印象的なナンバーである。

この曲のレコーディングは、1964年6月1日にAとBセクションの二つに分けて行なわれた[3]。ジョンは、この曲を映画『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』における脱走シーンのために書いており[4]、映画で使える曲の長さにするために、この2つのセクションを繋ぎ合わせた。しかし、同映画の監督であるリチャード・レスターによって却下され、このシーンには「キャント・バイ・ミー・ラヴ」が使用された[5][注釈 1]

米国では1964年7月20日に本作のシングル盤(B面は「すてきなダンス」)がリリースされている。同シングル盤は、『ビルボード』誌では最高位25位[6]、『キャッシュボックス』誌では最高22位を記録している[7]。アメリカでは50万枚以上のセールスを記録している。

ミキシング編集

映画および米盤サウンドトラック(のちにキャピトルから発売された『サムシング・ニュー』のモノラル盤も含む)では最後にBメロおよびAメロが繰り返されている。

プレイヤー編集

収録盤編集

カバー編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 結果、映画本編で使用されることはなかったが、後日付け足された予告編で使用されている。

出典編集

  1. ^ ぼくが泣く - オールミュージック
  2. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 117. ISBN 1-84413-828-3. 
  3. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 44. ISBN 0-517-57066-1. 
  4. ^ a b MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 117. ISBN 1-84413-828-3. 
  5. ^ Harry, Bill (1994). The Ultimate Beatles Encyclopedia. p. 321. 
  6. ^ The Beatles I'll Cry Instead Chart History”. Billboard. 2019年1月18日閲覧。
  7. ^ Hoffmann, Frank (1983). The Cash Box Singles Charts, 1950-1981. Metuchen, NJ & London: The Scarecrow Press, Inc. pp. 32–34. 
  8. ^ I'll Cry Instead. Beatles Music History.”. 2019年1月18日閲覧。
  9. ^ Alan W. Pollack's notes on "I'll Cry Instead".”. 2019年1月18日閲覧。