メインメニューを開く
CHAGE and ASKA > ひとり咲き

ひとり咲き」(ひとりざき)は、チャゲ&飛鳥(現:CHAGE and ASKA)のデビューシングル1979年8月25日に発売された。発売元はワーナー・パイオニア(現:ワーナーミュージック・ジャパン)。

ひとり咲き
チャゲ&飛鳥シングル
初出アルバム『風舞
B面 あとまわし
リリース
規格 7インチレコード
デジタル・ダウンロード
ジャンル フォークポップ
レーベル ワーナー・パイオニア
作詞・作曲 飛鳥涼 (#1,#2)
プロデュース チャゲ&飛鳥・山里剛
チャート最高順位
チャゲ&飛鳥 シングル 年表
ひとり咲き
(1979年)
流恋情歌
1980年
テンプレートを表示

解説編集

デビューまでの道のり編集

  • 1978年10月、チャゲ&飛鳥(当時は7人編成のバンドだった)は、第16回ヤマハポピュラーソングコンテスト(通称:ポプコン)「つま恋本選会」において「流恋情歌」で入賞を果たす。この時すでにヤマハ側からデビューの話を持ちかけられていたが、彼らは「ポプコンでグランプリを獲ってからデビューしたい」と断った。そして次の大会のために用意された曲が「ひとり咲き」であった。
  • 1979年の第17回大会では予選を順調に突破し、周囲からはグランプリの最有力候補として期待をかけられていた。そして5月の「つま恋本選会」に出場したが、肝心の本番で飛鳥涼(現:ASKA)が歌の最後のサビのタイミングを間違えるというミスを犯し、結果は前回と同じ入賞で終わった。飛鳥はこの件について「1人で舞い上がっていたから。あれから何百回とこの歌を歌ってきたが、歌のサイズを間違えたのはこのときの1度だけ」と後に語っている。
  • グランプリこそ逃したものの、彼らは再度ヤマハ側からデビューとレコーディングの話を打診された。だがそれはチャゲ(現:CHAGE)と飛鳥の2人だけでというものだった。7人でのデビューを望んでいた二人は難色を示すものの、「とりあえず歌だけ録ってみては?」と勧められ、1979年初夏、2人はレコーディングのために上京した。
  • そのレコーディングで2人は、プロの手によって生まれ変わった自分たちの曲と、プロのミュージシャンによる演奏に圧倒され、大きな衝撃を受ける。レベルの違いを見せ付けられた格好となった彼らは、熟慮の末に2人だけでデビューすることを決意する。こうして「九州から大型台風上陸!熱い喉が衝き叫ぶ!」というキャッチコピーで、彼らのデビュー曲「ひとり咲き」は8月25日に発売された。

デビュー後編集

  • 1979年11月、フジテレビ系『夜のヒットスタジオ』に出演し「ひとり咲き」を披露した。彼らが全国ネットの音楽番組に出演するのはこの時が初めてだったが、実は当日出演予定だった吉田拓郎が直前になり出演をキャンセルしたことから、彼らに急遽出演依頼が舞い込んできたという背景があった。そのため、セットや演出は吉田拓郎のためのものであった。
  • 「ひとり咲き」のシングルオリコンチャートの週間最高位は24位に留まるも、100位以内には通算31週間もランクインされるロング・ヒットとなった。

収録曲編集

  1. ひとり咲き
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三
    シンガーソングライター高橋優は、一人で音楽活動するか悩んだ際にこの曲を聞いて「一人で音楽活動をやっていくのも悪くないかな」と思ったという[1]
  2. あとまわし
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三)
    LP盤未収録であるが、アルバム『風舞』がCD化される際にボーナス・トラックとして収録された。

収録アルバム編集

「ひとり咲き」カバー作品編集

  • Alex To (杜德偉) 「情難定」というタイトルでカバーしている。
  • 寺島まゆみがアルバム「今夜だけ恋人」の中でカヴァーしている。

脚注編集

参考文献編集

  • PRIDE I 〜10年の複雑〜 (八曜社、1989年7月20日発行) ISBN 4827000956

関連項目編集

外部リンク編集