メインメニューを開く

ぼくの伯父さん』(ぼくのおじさん、フランス語: Mon Oncle)は、ジャック・タチ監督・脚本による1958年フランス映画である。第31回アカデミー賞外国語映画賞[3]第11回カンヌ国際映画祭審査員賞[4]を受賞した。

ぼくの伯父さん
Mon Oncle
監督 ジャック・タチ
脚本 ジャック・タチ
製作 ジャック・タチ
出演者 ジャック・タチ
音楽 アラン・ロマン
フランク・バルチェッリーニ
撮影 ジャン・ブールゴワン
編集 シュザンヌ・バロン
配給 フランスの旗 ゴーモン
日本の旗 新外映
公開 フランスの旗 1958年5月10日
日本の旗 1958年12月23日
上映時間 120分[1]
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア[2][1]
言語 フランス語
テンプレートを表示

目次

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替 役柄
NHK総合 テレビ朝日
ユロ伯父さん ジャック・タチ 嶋俊介 チャールズの妻の兄でジェラールの伯父。
無職・独身で下町のアパートで飄々と暮らす。
無口で優しくとぼけた雰囲気がある。
ジェラール・アルペル アラン・ベクール 丸山裕子 伯父ユロを慕う少年。
便利で裕福な生活に違和感を持つ。
チャールズ・アルペル ジャン=ピエール・ゾラフランス語版 桑山正一 石田太郎 ジェラールの父で恰幅がよい。
最新設備のホース工場社長。
アルペル夫人 アドリアンヌ・セルヴァンティフランス語版 水城蘭子 翠準子 チャールズの妻でジェラールの母。
専業主婦だが家事は機械任せ。恰幅がよい。
ドミニク・マリー 平井道子 アルペル家の隣人の中年婦人。
チャールズが手配したユロの見合い相手。
ピシャール ルシアン・フレジス 峰恵研 アルベル夫妻の友人。会社の会長。
ベティ ベティ・シュナイダー 高木秀代 ユロのアパート1階に住む元気な思春期の少女。
ジョルジェット イヴォンヌ・アルノーフランス語版 小宮和枝 小柄で初老のアルペル家の家政婦。
  • 吹き替え放映
NHK総合版:1971年8月28日 22:10~23:40
テレビ朝日版:1982年9月25日 『ウィークエンドシアター

製作編集

映画のセットはジャック・ラグランジュによって設計され、1956年ニース付近のスタジオ・ド・ラ・ヴィクトリー(現在のスタジオ・リビエラ)に建てられ、撮影が完了した後に取り壊された[5]

参考文献編集

  1. ^ a b Mon Oncle: My Uncle (France - Italy)”. Variety (1958年). 2009年5月24日閲覧。
  2. ^ Crowther, Bosley (1958年11月4日). “Screen: Tati's Look at Modern Life”. The New York Times. 2009年5月24日閲覧。
  3. ^ The 31st Academy Awards (1959) Nominees and Winners”. oscars.org. 2011年10月27日閲覧。
  4. ^ Festival de Cannes: Mon Oncle”. festival-cannes.com. 2009年2月10日閲覧。
  5. ^ Visitez la villa arpel au 104” (フランス語). SortirAParis.com (le 02/04/2009). 2009年5月24日閲覧。 “Le décor du film Mon Oncle fut monté en 1956 aux Studios de La Victorine, près de Nice, et détruit à la fin du tournage.”

関連項目編集

外部リンク編集