まつもと泉

日本の漫画家 (1958-2020)

まつもと 泉(まつもと いずみ、1958年10月13日 - 2020年10月6日[3])は、日本漫画家男性富山県高岡市生まれ[2]富山県立高岡工芸高等学校卒業[4]

まつもと 泉
本名 寺嶋 一弥
(てらしま かずや)[1]
生誕 (1958-10-13) 1958年10月13日
日本の旗 日本富山県高岡市[2]
死没 (2020-10-06) 2020年10月6日(61歳没)[2]
職業 漫画家
活動期間 1982年 - 2020年
ジャンル 青年漫画
代表作きまぐれオレンジ☆ロード
『せさみ☆すとりーと』
公式サイト デジタル・コミック「COMIC ON」
テンプレートを表示

経歴編集

デビューまで編集

高校卒業後、ロックミュージシャンを目指して上京する。パートはドラムス。無類のロック好きで、シンガーソングライター杉真理ジェネシスTOTOの大ファンである。

しかし、楽譜が読めなかったこともあってミュージシャンは断念し、デザイン専門学校に入学。

専門学校在学中、高校時代の友人と2人で漫画作品を描き、いくつかの出版社に持ち込みをした。「まつもと泉」のペンネームは、当初はユニットとして、高校時代の同級生の友人と二人で組んで活動を始めたため、それぞれが「松本」「いずみ」と語感の好きな名前を出し合い、そのままでは前者は硬すぎる印象で、後者は女性的な印象なので漢字とひらがなを逆にして決定した。その他の候補では、当時二人でよく打ち合わせに利用していた渋谷駅前の喫茶店名から取った「渋谷パテオ」というのもあったが、却下された。

持ち込みの結果、集英社週刊少年ジャンプ』編集部の高橋俊昌に認められ、本格的にデビューへの道を歩み出す。 1980年代当初、硬派・劇画・スポーツ・ギャグを主軸としていたジャンプでは、売り上げの減少を食い止めるために他誌で人気を博していたラブコメ美少女キャラの要素を取り入れる方向で模索していた。ちょうどその路線に合致するまつもとの絵柄を気に入り初代担当編集者となった高橋とともに、連載に向けてコンセプトや企画の打ち合わせを重ねつつ、原稿が落ちた『ストップ!! ひばりくん!』(江口寿史)の穴埋め短編漫画や、懸賞ページのイラストなどを描いていた。なお、友人は連載デビューまでの年間のギャラが数万円という経済状況に耐えきれず脱落し、以降はひとりで活動を続ける。

連載デビュー編集

1984年から『きまぐれオレンジ☆ロード』の連載を開始。それまでのジャンプにはあまり見られなかった絵柄、当時はまだ珍しかったカラースクリーントーンを多用したデザイン性の高いカラーページは注目を集め、瞬く間に人気作品となる。ちば拓桂正和とともにジャンプでのラブコメ美少女路線を開拓。読者アンケートでは作中のキャラクターと同年代の10代を中心に男女共にバランスの良い人気を集めた。

影響を受けたマンガ家は、永井豪山上たつひこ吾妻ひでお田村信江口寿史高橋留美子など。漫画家の友人は、みやすのんき清水としみつ宮崎摩耶ら。

また、まつもとの姉が雑誌を購入していた少女マンガにも影響を受けており、この分野では、多田かおるよしまさこくらもちふさこなどの女流漫画家の画風とラブコメの要素の影響も受けている[5]

『きまぐれオレンジ☆ロード』の連載終了後、『せさみ☆すとりーと』を連載。この作品は、江口寿史の影響が色濃く見られ、イラスト的な手法を取り入れるなど実験的な試行錯誤もなされていた。

闘病生活~死去編集

21世紀に入ってからは、脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)により漫画家活動ができなくなり、闘病に専念。これにより、「スーパージャンプ」で数年ぶりの新連載の予定だったが、延期となり、結果的には中止となった。また、闘病生活を基にした自伝的な書き下し漫画の計画もあったが、実現することはなかった。さらに、心房細動を発病し心臓の手術をしたことから、イラストや漫画の構想のみに活動が絞られた。

2020年10月6日、入院療養中の病院にて死去[3]。享年61歳。

エピソード編集

  • 『きまぐれオレンジ☆ロード』連載中のハードスケジュールの中、連載中盤で体の調子を崩し、半年ほど休養した。その休養期間にアニメ化の企画の話が来た[6]
  • 平井和正は『きまぐれオレンジ☆ロード』をファンとして愛読していた。90年代中盤、まつもとの仕事場に平井本人から「『きまぐれオレンジ☆ロード』のアニメと漫画を読んで、とても感銘を受けた」とのファックスが届いた。『きまぐれオレンジ☆ロード』へのオマージュとして『ボヘミアンガラス・ストリート』を描いたとのこと。何度か会い、電子出版の未来に新しい出版の形態がある事に意気投合し、デジタルコミックCOMIC-ONを制作した[7][8]
  • 『きまぐれオレンジ☆ロード』はリアルタイムでストーリーが進んでいたために、長期連載により主人公である恭介たちは中学3年生から高校3年生になっていた。翌年は大学生の年となり純粋な世界観にすることが難しく連載を続けることが出来ないと思い至った。担当編集者に「連載を終わらせたい」と相談した所「最終回まで5週で終わらせろ」と言われ、引き続きさらに「最終回まで3週」に縮まってしまった。本当は最終回に繋がる終盤の展開は半年ぐらいかけて終わりたかったとのこと。ジャンプ本誌では苦労してどうにか3週で終わらせたが、どうしてもページ数が足りなかったので、ジャンプコミックス単行本に最終回の45Pを書き足した[6]
  • 『きまぐれオレンジ☆ロード』で自身が好きなエピソードは、恭介が過去にタイムスリップして、まだ幼いまどかに出会って赤い麦藁帽子を買ってあげる長編エピソード[9]。ストーリーが自分の中できちんとまとまったことが理由。テレビアニメの最終回はこのエピソードで最終回を迎えたが、原作の最終回もここで終わっても良かったとのこと。連載中にこのエピソードはここで終わるつもりで描いていなかったが、このエピソードの最後のページの大きな樹のシーン[10]を描いた時に、「先生、これで話が終わるんじゃないの?」と当時のアシスタントたちは全員シーンと黙ってしまったという[11]
  • オレンジ・ロードの女性キャラクターで一番好きなのは「鮎川まどか」。オレンジ・ロードを描いているエネルギーの比重の70%ぐらいがまどかで、楽しいし辛いけど描くのに気合が入るし好きで描いていたキャラクターだという。しかしまどかを描く時、描いては消しを繰り返すのでとても時間が掛かるキャラクターで、『きまぐれオレンジ・ロード』で何が印象に残っているかというと「まどかを描いていた」ことだという[12]

年表編集

  • 1981年、週刊少年ジャンプのフレッシュジャンプ賞で佳作入選。「LIVE! とってもロックンロール」「週刊少年ジャンプ」でショート短編掲載。
  • 1982年、「フレッシュジャンプ」に掲載された『ミルク☆レポート』で正式デビュー。
  • 1984年、「週刊少年ジャンプ」において『きまぐれオレンジ☆ロード』を連載開始。
  • 1988年、「スーパージャンプ」初月刊号から『せさみ☆すとりーと』を連載。
  • 1993年、竹書房「コミックガンマ」新年号から大倉らいた原作で『BLACK MOON』の作画を担当。
  • 1994年、ジャンプJブックスで 寺田憲史との共同原作で小説『新きまぐれオレンジ☆ロード』を制作。
  • 1996年、東芝EMI(現:EMIミュージック・ジャパン)と共同でデジタルコミックCD-ROMマガジン『COMIC ON』を発売。プロデュース業と作家陣の一人二役を兼ねる。以降、紙媒体の雑誌からデジタル・メディアでのマンガ制作に発表の場を移す。
  • 1999年6月2000年初めから「スーパージャンプ」で数年ぶりの新連載の予定だったが、原因不明の体調不良により延期となった。
  • 2004年7月、上記の病気が4歳の時に遭った交通事故が原因の脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)であったことが判明。まつもとの姉が脳脊髄液減少症という病名と症状を知った時、「弟(まつもと)の症状と同じ」と思ったため、病院で受診するよう勧めた。検査の結果、病名が判明した。効果があると言われているブラッドパッチ(硬膜外自家血注入)治療を受け、以前より体調は改善されたという。闘病生活を基にした自伝的な書き下し漫画の準備を進めている。「この病気のことを知らないために、死んでいった人もたくさんいるだろう。漫画の力でこの病気のことを伝えたい」とのこと[13][14]
  • 2007年10月19日、母校の富山県立高岡工芸高等学校で講演をした。
  • 2010年1月10日、「NHKニュースおはよう日本」に出演、自らの持病である脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)や自身の今後の活動に関して語った。
  • 2011年7月1日 - 4日、ロサンゼルスで行われた『アニメエキスポ2011』に15年ぶりに参加した[15]
  • 2011年7月21日、若いころからファンだった杉真理のライブを楽しんだ後、知人の紹介で杉と対面を果たし感激。記念撮影をしたことをブログに掲載した[16]
  • 2015年3月26日心房細動の持病を持っていることを明らかにし、4月3日より8日まで入院して手術を行った[17]
  • 2016年8月27日、同年4月末に駅で男性とぶつかり頭部を強打し、脳脊髄液減少症が再発したこと、3ヶ月間寝たきりの状態で自宅療養をしていたことを公式サイトで明らかにした。PCなどを操作することが困難であるため暫くはそれらには触れず治療に専念するという[18]
  • 2017年11月19日、公私ともに親交のあった鶴ひろみが同年11月16日に死去した。まつもとは療養中の身を押して、自身の公式サイトへ追悼のコメントを掲載した[19]
  • 2018年10月1日、1年1ヶ月ぶりにブログを更新。2年に及ぶ闘病生活を経て活動再開を宣言。
  • 2019年2月、杉真理デビュー40周年アルバム「MUSIC LIFE」リリースを記念したスペシャルサイトに祝辞コメントを寄稿[20]
  • 2020年10月6日、入院療養中であった病院で死去。61歳没。脳脊髄液減少症による不定愁訴に苦しみながら復帰に向けて闘病を続けていたが、数年前に手術をした心臓にも不安を抱え、身体が保たなかったという。葬儀は近親者のみで執り行われた[3]

作品リスト編集

  • きまぐれオレンジ☆ロード
  • せさみ☆すとりーと
  • 新きまぐれオレンジ☆ロード(小説)
  • Graffiti(短編集)
  • BLACK MOON(作画)
  • カッパ・トゥ・ザ・ティーチャー(原案、監修)
  • エンジェルグラフィティ 〜あなたへのプロフィール〜(キャラクターデザイン)
  • EE(漫画)
  • 幕末綿羊娘情史(構想のみ)
  • DIGITAL SHORT CONTENTS(フルカラー短編集)
  • GRAPHIC ANTHOLOGY(フルカラー画集)
  • 公式ファンブック第1巻「Recurrence」(インタビュー、ネーム集)
  • 公式ファンブック第2巻「Orange Blossom」(インタビュー、ネーム集)

影響を受けた漫画家編集

アシスタント編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ まつもと泉さんが死去 漫画家”. 日本経済新聞 (2020年10月13日). 2020年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月13日閲覧。
  2. ^ a b c 「きまぐれオレンジロード」漫画家・まつもと泉さん死去、61歳 脳脊髄液減少症で闘病”. スポニチアネックス (2020年10月13日). 2020年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月13日閲覧。
  3. ^ a b c 『まつもと泉についてWAVE STUDIOから皆さまへのご報告』”. IZUMI MATSUMOTO Home Page. 2020年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月11日閲覧。
  4. ^ No.210-2:「まんが甲子園」で日本一、県立高岡工芸高校”. Toyama Just Now. 2020年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月11日閲覧。
  5. ^ Graffiti(短編集)の本人コメントより
  6. ^ a b MANGA姉っくす!Vol.21「ゲスト:まつもと泉」2014年10月1日[出典無効]
  7. ^ サイキンのまつもと 「平井和正先生死去」 2015年01月18日付
  8. ^ COMIC-ON SPECIAL対談~平井和正の世界~
  9. ^ 単行本15巻「想い出の樹の下で!」「のぞいてジェラシー!」~単行本16巻「ハプニング・キッス!」「帰れない男!」「そしてダ・カーポ!」
  10. ^ 単行本16巻「そしてダ・カーポ!」P63
  11. ^ MANGA姉っくす!Vol.21「ゲスト:まつもと泉」2014年10月1日 
  12. ^ MANGA姉っくす! Vol.21「ゲスト:まつもと泉」2014年10月1日 
  13. ^ 脳脊髄液減少症:闘い6年、人気漫画家が再び活動開始!」(インターネットアーカイブのキャッシュ) MSN毎日インタラクティブ、2005年9月3日。
  14. ^ 「ひと――脳脊髄液減少症からの復帰をめざす漫画家 まつもと泉さん(52)」『朝日新聞』2010年10月14日付朝刊、第13版、第2面。
  15. ^ サイキンのまつもと 「ANIME EXPO AX2011」 2011年07月15日付
  16. ^ サイキンのまつもと 「YOKOHAMA BLITZZ 杉真理&ドリーマーズ」 2011年07月27日付
  17. ^ サイキンのまつもと 「カテーテル アプレーション手術」 2015年03月26日付
  18. ^ サイキンのまつもと「脳脊髄液減少症 再発」2016年8月27日付
  19. ^ サイキンのまつもと 『鶴ひろみ逝く』 2017年11月19日付
  20. ^ SPECIAL”. 杉真理40周年記念スペシャルサイト. 2019年9月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集