よいとまけ

よいとまけ(Yoitomake)は、北海道苫小牧市の銘菓。製造元は三星(みつぼし)。「よいとまけ」の名は、地元苫小牧にある製紙工場の木場で丸太を上げ下ろしする時のかけ声に由来し、外観も丸太をモチーフにしている。

よいとまけ
よいとまけ(三星)
販売会社 三星
種類 菓子
販売開始年 1949年
完成国 日本の旗 日本
関係する人物 小林正俊(三星初代社長)
外部リンク http://yoitomake.jp/
テンプレートを表示

目次

特徴編集

勇払原野に自生するハスカップの実のジャムロールケーキの内側と外側にたっぷりと塗ったあと、グラニュー糖をまぶした菓子。表面にはベタ付かないように、オブラートが巻かれている。しかし切り分けるためにはオブラートが邪魔をし、かといってオブラートを取り外せば結局手がベタ付いてしまうので、自称「日本一食べにくいお菓子」[1]。このため、発売当初から食べにくいという客の声がよく届いたが、考案者の小林正俊は、苫小牧の象徴の丸太であると根気よく説明し、形を守ったという[2]。しかし2009年に7等分に切れているタイプが発売され、翌2010年には元のタイプが発売中止となった。2012年1月には『あの食べづらさが懐かしい』というファンの希望に応え、そのままの形の「復刻版」が発売されている[3]。 「よいとまけ、食べづらい。でも、とってもおいしい、よいとまけ」という歌詞の15秒のTVスポットCMも作成された。

沿革編集

  • 1912年、小林慶義(創業者)とその次男俊二が苫小牧に和菓子店小林三星堂を開店。
  • 1953年、小林俊二の長男正俊(後に三星初代社長に就任)が、「これぞ苫小牧だというお菓子を」と子供の頃よく口にしたハスカップを使った菓子を考案し、「よいとまけ」が発売される。

販売編集

全道各地の三星の売店のほか、道内おみやげ店やインターネット通販でも購入できる。

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ 楽天市場内の三星ホームページ。
  2. ^ 「よいとまけ生みの親 初代社長小林正俊の肖像」、三星ホームページ
  3. ^ 「日本一食べづらいお菓子」が復活

外部リンク編集