苫小牧東部地域

苫小牧東部地域(苫東地域)(とまこまいとうぶちいき)は、北海道苫小牧市勇払郡厚真町・勇払郡安平町勇払平野にある大規模開発地域。国家プロジェクト「苫小牧東部開発計画」に端を発している。

目次

概要編集

苫小牧東部開発は「第3期北海道総合開発計画」(昭和45年7月閣議決定)において重要な施策として位置付けられ、「苫小牧東部大規模工業基地開発基本計画」(昭和46年8月北海道開発庁)に基づいて日本の工業生産の新たな発展基盤を創出するとともに、北海道の長期的発展に資する先導的開発事業として始まった[1]重厚長大型の工業地域を目指したが産業構造の変化などに伴い計画の見直しを余儀なくされ、「苫小牧東部開発新計画」(平成7年8月北海道開発庁)及びその段階計画である「苫小牧東部開発新計画の進め方について【第2期】」(平成20年12月国土交通省北海道局)に基づき[2][3]、「自然と共生するアメニティに満ちあふれた複合都市形成」を目指している[1][4]

およそ1万ヘクタールの広大な敷地があり、新千歳空港苫小牧港高規格幹線道路鉄道など陸・海・空の交通条件、弁天沼などの自然環境に恵まれている[1]。また、勇払油ガス田から天然ガスパイプラインが供給されている[5]

事業主体編集

株式会社苫東
TOMATOH
種類 株式会社
略称 苫東
本社所在地   日本
059-1362
北海道苫小牧市字柏原211番地の1
設立 1999年(平成11年)7月30日[6]
代表者 成田一憲(代表取締役社長)[6]
資本金 6,210万円[6]
外部リンク http://www.tomatoh.co.jp
テンプレートを表示

苫小牧東部開発株式会社編集

第三セクター方式により1972年(昭和47年)に設立。株主構成は国(北海道東北開発公庫)25%、地方自治体(北海道+1市3町)25.25%、民間金融機関29行29.25%、民間企業等20.5%。事業内容は開発に必要な土地の取得、用地の造成、分譲・賃貸、諸施設の建設・管理運営等を行った[7]。計画当初は企業立地が進んだが、その後契約企業数が著しく減少し、1997年時点で当初計画の1万700ヘクタール中契約済みの敷地はおよそ820ヘクタールのみであった(1995年の計画見直しにより、分譲面積は当初予定より縮小されて5,500ヘクタールとなった)[7]。抜本的な対策がとられないまま苫小牧東部開発株式会社は膨大な開発・造成費用の返済を抱えることになり、借入金は1,800億円にも達した[7]

株式会社苫東編集

苫小牧東部開発株式会社より事業継承する形で1999年(平成11年)設立。株主構成は国(日本政策投資銀行)50%、地方自治体(北海道+1市2町)32%、民間金融機関23行16%、民間企業2%[6]。事業内容は土地の取得、造成、分譲、賃貸および管理、埠頭等開発を促進するために必要な施設の建設および管理運営、公共緑地、公共施設等の維持管理業務の受託を行っている[6]

沿革編集

「開発のあゆみ」参照[8]

  • 1970年昭和45年):「第3期北海道総合開発計画」閣議決定。
  • 1971年(昭和46年):北海道開発審議会で「苫小牧東部大規模工業基地開発基本計画」を了承。
  • 1972年(昭和47年):苫小牧東部開発株式会社設立。
  • 1980年(昭和55年):苫小牧港東港区供用開始。
  • 1995年平成07年):北海道開発審議会で「苫小牧東部開発新計画」を了承[2]
  • 1998年(平成10年):苫小牧東部開発株式会社の清算および新会社の設立について閣議了承。
  • 1999年(平成11年):株式会社苫東設立。
  • 2005年(平成17年):東港区「国際コンテナターミナル」暫定供用開始。
  • 2007年(平成19年):つた森山林隣接地において『第58回全国植樹祭』開催[9]
  • 2008年(平成20年):西港区から東港区へ「国際コンテナターミナル」が完全移転し供用開始。「苫小牧東部開発新計画の進め方について【第2期】」策定[3]

立地企業編集

「苫小牧東部開発新計画」策定後[2]、国際化、情報化などに対応した総合的な経済発展基盤を創出する方針へ転換した。国・北海道・地方自治体による優遇措置や各種支援制度が設けられている[10]。域内を横断する日高自動車道と並行している国道235号を境に北側を「臨空地域」(2地区)、南側を「臨海地域」(4地区)としている。

臨空地域編集

臨空柏原地区

新千歳空港に最も近接している地区であり、北海道道129号静川美沢線でアクセスしている。海岸から6km~12kmの距離に位置しており、苫小牧市テクノセンター(道央産業振興財団)が立地している[11][12]

臨空東地区

国指定の史跡静川遺跡」がある[13]

臨海地域編集

臨海北地区

臨空柏原地区の南に位置し日高自動車道・国道235号、北海道道259号上厚真苫小牧線に近接している。土木研究所寒地土木研究所の苫小牧寒地試験道路・苫小牧施工試験フィールドがある[14]

臨海東地区

石油備蓄基地が立地しており、世界最大級の地上タンク方式による施設となっている[15]。内閣衛星情報センター北受信管理局が設置されている[16]。周文埠頭には苫小牧東港周文フェリーターミナルがあり、秋田港新潟港敦賀港への日本海航路が就航している[17]

臨海臨港地区

2008年(平成20年)に西港区から「国際コンテナターミナル」が完全移転して供用開始した。

臨海西地区

弁天沼周辺は野鳥の生息地となっており、環境保全に配慮している[18][19]

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 北海道:苫小牧東部地域開発”. 国土交通省. 2015年4月17日閲覧。
  2. ^ a b c 苫小牧東部開発新計画 (PDF)”. 北海道開発庁 (1995年8月). 2015年4月17日閲覧。
  3. ^ a b 苫小牧東部開発新計画の進め方について【第2期】”. 国土交通省北海道局 (2008年12月17日). 2015年4月17日閲覧。
  4. ^ 苫小牧東部地域”. 苫小牧市企業立地ガイド. 北海道苫小牧市. 2015年4月17日閲覧。
  5. ^ 天然ガスパイプラインネットワーク”. 石油資源開発(JAPEX). 2015年4月17日閲覧。
  6. ^ a b c d e 苫東::会社概要”. 苫東. 2015年4月17日閲覧。
  7. ^ a b c 苫小牧東部大規模工業基地の破綻と無責任の構図 (Report). PHP研究所. (1998-02). http://research.php.co.jp/seisaku/report/98-3-2.html 2015年4月17日閲覧。. 
  8. ^ 苫東::開発の構想”. 苫東. 2015年4月17日閲覧。
  9. ^ 全国植樹祭開催一覧 (PDF)”. 林野庁. 2015年4月17日閲覧。
  10. ^ 苫東::優遇措置”. 苫東. 2015年4月17日閲覧。
  11. ^ 苫小牧市テクノセンター”. 2015年4月17日閲覧。
  12. ^ 道央産業振興財団”. 2015年4月23日閲覧。
  13. ^ 静川遺跡 - 文化遺産オンライン(文化庁
  14. ^ 施設紹介(構外研究施設)”. 土木研究所寒地土木研究所. 2015年4月23日閲覧。
  15. ^ 苫小牧東部国家石油備蓄基地”. 石油天然ガス・金属鉱物資源機構. 2014年11月10日閲覧。
  16. ^ 内閣衛星情報センターの概要 (PDF)”. 内閣情報調査室. 2015年4月23日閲覧。
  17. ^ 苫小牧東港フェリーターミナル”. 新日本海フェリー. 2015年4月23日閲覧。
  18. ^ “野鳥の会が弁天沼保全を道に要望”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2008年1月9日). https://www.tomamin.co.jp/2008/tp080109.htm 2015年4月17日閲覧。 
  19. ^ “環境に配慮し河道調整地方式 安平川河川整備”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2011年3月9日). http://www.tomamin.co.jp/2011t/t11030903.html 2015年4月17日閲覧。 
  20. ^ 「新千歳空港の24時間運用」等に係る主な経緯 (PDF)”. 北海道. 2014年12月22日閲覧。
  21. ^ ご利用時に注意が必要なICやJCT(NEXCO東日本エリア)”. ドラぷら. 東日本高速道路(NEXCO東日本). 2015年4月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集