チャーリー・エックス・シー・エックス

チャーリー・エックス・シー・エックス
Charli XCX
Charli XCX.jpg
基本情報
出生名 Charlotte Emma Aitchison
生誕 (1992-08-02) 1992年8月2日(24歳)
出身地 イギリスの旗 イギリス
ハートフォードシャー
スティーブニッジ
ジャンル シンセ・ポップ
エレクトロ・ポップ
ポップ・パンク
ニュー・ウェーヴ
ダンス・ポップ
職業 シンガーソングライター
活動期間 2008年 -
レーベル アサイラム・レコード
アトランティック・レコード
公式サイト www.charlixcxmusic.com

チャーリー・エックス・シー・エックスCharli XCX、本名:シャルロッテ・エマ・エイチスン(Charlotte Emma Aitchison)、1992年8月2日 - )は、イギリスのシンガーソングライターである。2008年、『!Franchesckaar!』と『Emelline/Art Bitch』の2作のシングルでデビュー。2012年、最初のEPである『You're the One』をリリース。またこの年、アイコナ・ポップに提供した楽曲『I Love It』が世界中で大ヒットした。2013年、デビュー・アルバムとなる『True Romance』をリリース。本作は、ピッチフォーク・メディアから賞賛された[1]ほか、 メタクリティックによると、18の媒体から平均して100点満点中76点という好意的な評価を集めた[2]

目次

略歴編集

イギリスのケンブリッジ生まれ。父親はスコットランド人、母親はウガンダインド人。14歳から歌作りを始めた。ビショップス・ストートフォード・カレッジ中退。2008年にマイスペースに自分の曲を上げたのをきっかけに、ロンドンのライブに出演するようになる。同年末にOrgy Musicからシングル曲「!Franchesckaar!」と「 Emelline/Art Bitch」をリリース。

2011年5月、ワーナー・ブラザース・レコードからのファーストシングル「Stay Away」をリリース、同年11月に発表された「Nuclear Seasons」がイギリス大手音楽雑誌Pitchforkからの注目を集める。

2012年5月、スウェーデンのエレクトロ・デュオ、アイコナ・ポップとの共作「I Love It」をリリース。この曲がスウェーデン、イギリスのみならず、アメリカや日本でもヒットし、両組の出世作となる。

2013年4月、ファーストアルバムの「True Romance」をリリース。イギリスやアメリカのチャートにランクイン。

2014年2月にはオーストラリア出身の女性ラッパー、イギー・アゼリアのシングル「Fancy」に客演参加。この曲がアメリカで400万枚以上売り上げ、年間ランキング4位にランクインする等、「I Love It」を超える大ヒットとなり、世界的に大きな注目を集めるようになる。

同年6月、「Fancy」のヒットが続く中でジョン・グリーン脚本の恋愛映画「きっと、星のせいじゃない。」の挿入歌、「Boom Clap」を発売。 映画の記録的な大ヒットと共にセールスを伸ばし、アメリカで8位、イギリスで6位、日本でも28位のヒットとなる。

2014年12月には2枚目のアルバム「Sucker」をリリース。米ローリング・ストーン誌の2014年度年間ポップアルバム20で1位にランクインした[3]

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
UK AUS AUT BEL FRA GER IRE JPN NL SWI US
2013 True Romance 85 -
2014 Sucker
  • 発売日: 2014年12月15日
  • レーベル: Asylum, Atlantic
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 世界売上: 85万枚
15 53 44 61 42 57 17 70 65 33 28
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

EP編集

  • You're the One (2012年)
  • iTunes Festival: London 2012 (2012年)
  • Vroom Vroom (2016年)

ミックステープ編集

  • Heartbreaks and Earthquakes (2012年)
  • Super Ultra (2012年)

シングル編集

  •  !Franchesckaar! (2008年)
  • Emelline/Art Bitch (2008年)
  • Stay Away (2011年)
  • Nuclear Seasons (2011年)
  • You're the One (2012年)
  • You (Ha Ha Ha) (2013年)
  • What I Like (2013年)
  • Superlove (2013年)
  • Boom Clap (2014年)
  • Break The Rules (2014年)
  • Doing It (featuring Rita Ora)(2015年)
  • Famous (2015年)

客演参加シングル編集

  • Starkey 『Lost in Space』 (2011年)
  • Alex Metric 『End of the World』 (2011年)
  • Icona Pop 『I Love It』 (2012年)
  • J£ZUS MILLION 『Illusions of』 (2013年)
  • Iggy AzaleaFancy』(2014年)
  • Ty Dolla Sign 『Drop That Kitty』 feat. Tinashe (2015年)
  • Mr Oizo 『Hands in the Fire』(2015年)

客演参加曲編集

  • Ocelot 『Your Eyes』(『No Requests』収録) (2010年)
  • Benga 『Smile』(『Chapter II』収録) (2013年)
  • Danny Brown『Float On』(『Old』収録) (2013年)
  • Simon Le Bon 『Kingdom』(サントラ『The Hunger Games: Mockingjay – Part 1』収録) (2014年)
  • Madeon 『OK』(『Adventure』収録) (2015年)
  • Giorgio Moroder『Diamonds』(『74 Is the New 24』収録) (2015年)

コラボレーション編集

ソングライティング編集

  • Neon Jungle 『So Alive』(『Welcome to the Jungle』収録) (2014年)
  • Ryn Weaver 『OctaHate』(『Promises』収録) (2014年)
  • Buckcherry『Say Fuck It』(『Fuck』収録) (2014年)
  • James Blunt 『When I Find Love Again』(『Moon Landing (Apollo Edition)』収録) (2014年)
  • Bella Thorne 『Boyfriend Material』(『Jersey』収録) (2014年)
  • Iggy Azalea featuring MØ 『Beg For It』(『Reclassified』収録) (2014年)
  • Gwen Stefani 『Hard 2 Love』 (2015年)
  • Gwen Stefani『Hell Yeah Baby』(2015年)
  • Selena Gomez『Same Old Love』(2015年)
  • will.i.am (feat. Pia Mia)『Boys & Girls』(2016年)

脚注編集

  1. ^ Charli XCX: True Romance”. Pitchfork Media (2013年4月25日). 2013年12月21日閲覧。
  2. ^ Critics Reviews for True Romance - Metacritic”. Metacritic. 2013年12月21日閲覧。
  3. ^ 20 Best Pop Albums of 2014”. ローリング・ストーン誌 (2014年12月19日). 2016年11月20日閲覧。

外部リンク編集