チャーリー・エックス・シー・エックス

{{Infobox Musician

Name = チャーリー・エックス・シー・エックス
Charli XCX Img =Charli_XCX_at_the_NME_Awards_2020.jpg | Img_capt = | image_size = 240px | Landscape = | Background = solo_singer | Birth_name = Charlotte Emma Aitchison | Born = (1992-08-02) 1992年8月2日(29歳) | Origin = イギリスの旗 イギリス
ハートフォードシャー
スティーブニッジ | Genre = エレクトロ・ポップ
シンセ・ポップ
アヴァン・ポップ
ポップ・パンク
ダンス・ポップ
ハイパーポップ | Occupation = シンガーソングライター | Years_active = 2008年 - | Label = アサイラム・レコード
アトランティック・レコード | Associated_acts = | URL = charli-the-album.co.uk | Production = }} シャーロット・エマ・エイチスン(Charlotte Emma Aitchison、1992年8月2日 - )は、チャーリー・エックス・シー・エックスCharli XCX)の芸名で知られるイギリス女性歌手ソングライター俳優である。

2008年にソロデビューシングルを発売し、当初ロンドンレイブで演奏していた。2010年アサイラム・レコード音楽プロデューサー、ティム・ゴンザレスと契約し、2012年に『ハートブレイクス・アンド・アースクエイク』『スーパー・ウルトラ』という2つのミックステープを発表。2013年にメジャー・デビュー・アルバム『トゥルー・ロマンス英語版』を発表し、「ユー (ハ・ハ・ハ)英語版」「ヌークリア・シーズンズ英語版」などのシングルを生み出した。

2013年から2014年にかけて、アイコナ・ポップの「アイ・ラブ・イット英語版」、イギー・アゼリアの「ファンシー」に客演し、両曲とも世界的なヒットとなった。2014年、映画『きっと、星のせいじゃない。』のサウンドトラック英語版からのシングル「ブーム・クラップ英語版」は、多くの国でトップ10入りした。2作目のアルバム『SUCKER英語版』からは、「ブレイク・ザ・ルールズ英語版」「ドゥーイング・イット英語版feat.リタ・オラ」「フェイマス英語版」がシングル化された。

2016年に、EP『ヴィルーム・ヴィルーム英語版』を発表し、シングル「アフター・ジ・アフターパーティー 2次会じゃまだ終われない!英語版」を発売。2017年3月にミックステープ「ナンバー1エンジェル英語版」を発表。

略歴編集

イギリスのケンブリッジ生まれ。父親はスコットランド人、母親はウガンダインド人。14歳から歌作りを始めた。ビショップス・ストートフォード・カレッジ中退。2008年にマイスペースに自分の曲を上げたのをきっかけに、ロンドンのライブに出演するようになる。同年末にOrgy Musicからシングル曲「!Franchesckaar!」と「 Emelline/Art Bitch」をリリース。

2011年5月、ワーナー・ブラザース・レコードからのファーストシングル「Stay Away」をリリース、同年11月に発表された「Nuclear Seasons」がイギリス大手音楽雑誌Pitchforkからの注目を集める。

2012年5月、スウェーデンのエレクトロ・デュオ、アイコナ・ポップとの共作「I Love It」をリリース。この曲がスウェーデン、イギリスのみならず、アメリカや日本でもヒットし、両組の出世作となる。

2013年4月、ファーストアルバムの「True Romance」をリリース。イギリスやアメリカのチャートにランクイン。

2014年2月にはオーストラリア出身の女性ラッパー、イギー・アゼリアのシングル「Fancy」に客演参加。この曲がアメリカで400万枚以上売り上げ、年間ランキング4位にランクインする等、「I Love It」を超える大ヒットとなり、世界的に大きな注目を集めるようになる。

同年6月、「Fancy」のヒットが続く中でジョン・グリーン脚本の恋愛映画『きっと、星のせいじゃない。』の挿入歌、「ブーム・クラップ英語版」を発売。映画の記録的な大ヒットと共にセールスを伸ばし、アメリカで8位、イギリスで6位、日本でも28位のヒットとなる。

2014年12月には2枚目のアルバム『Sucker』をリリース。米ローリング・ストーン誌の2014年度年間ポップアルバム20で1位にランクインした[1]

2016年2月、2枚目のEP『Vroom Vroom』をリリース。スコットランドのプロデューサーSophieが全曲に関わっており、内容もエクスペリメンタルなダンス・ポップに接近したものとなった。10月に発売した米ラッパーLil Yachtyをゲストに迎えたシングル「After the Afterparty」がイギリスでスマッシュヒットを記録。

2017年3月10日、ミックステープ『Number 1 Angel』をリリースする[2]。7月にはシングル「Boys」をリリースし、ミュージックビデオと共に話題となる。同曲は批評家から絶賛を受け、NMEガーディアン誌は年間ベストトラックの2位に選出した[3][4]。12月15日にはミックステープ『Pop 2』をリリースした[5]

2019年9月13日、3作目のアルバム『Charli』をリリースする。アルバムは高く評価され、Variety誌は年間ベストアルバムの1位に選んだ[6]

2020年5月15日、4作目のアルバム『How I'm Feeling Now』をリリースする。この作品は新型コロナウイルスのクアランティン下で制作された[7]

音楽性と影響編集

チャーリーの音楽はエレクトロ・ポップ[8][9][10][11][12]ポップ・パンク[13][14][15][16][17]シンセ・ポップ[18][19][20]ダンス・ポップ[21][22]ゴシック・ポップ[23]ギターポップ[24] である。彼女の初期のレコーディングには、ダーク・ウェイヴ英語版ウィッチハウスの融合が見られたが[25]、「ヴィルーム・ヴィルーム英語版」は、バブルガム・ポップベース・ミュージックの要素をサウンドに含んだアヴァンギャルド・ミュージック英語版の方向性を探求していたと言われている[26]

チャーリーは、ブリトニー・スピアーズシャンプーノー・ダウトt.A.T.u.ザ・ドナス英語版ビキニ・キルマルティカザ・キュアーザ・フェミニン・コンプレックス英語版スージー・アンド・ザ・バンシーズドナ・サマー[27]マリリン・マンソン[28][29]ブレッドスパイス・ガールズアフィブルーク・キャンディー英語版リル・ウェイン[30][31][32]ケイト・ブッシュ、「ツイン・ピークス[33]パリス・ヒルトン[34]ジャスティスクリスタル・キャッスルズカルヴィン・ハリス[35]ビョーククエンティン・タランティーノスージー・スー英語版[36]に影響を受けた。彼女の「主人公としてのスージー・スー」[37]とし、彼女の「お気に入りのポップ・ガール」としてリアーナの名前を挙げた[34]ザ・ハイヴスウィーザーラモーンズ1960年代イエイエ英語版は、彼女のセカンド・アルバムに影響を与えた[38]。彼女は、「最高の芸術家は絶えず変化する―マドンナデヴィッド・ボウイ。」[39]と語る。そして、「夢のコラボレーションは、ビョーク、ケイト・ブッシュ、さらにディオンヌ・ワーウィック[40]と明かしている。

チャーリーの好きな曲は、ロバート・パーマーの「恋におぼれて英語版[40]P.M.ドーンの「セット・アドリフト・オン・メモリー・ブリス英語版」、アフィの「リッキー英語版」、バウ・ワウ・ワウの「フールズ・ラッシュ・イン」、セルジュ・ゲンスブールの「イニシャルB.B.」、ザ・キュアーの「ジャスト・ライク・ヘブン英語版[41]、パリス・ヒルトンの「スターズ・アー・ブラインド英語版[34]、ブリトニー・スピアーズの「ギミ・モア」と「ピース・オブ・ミー[42]。チャーリーの声はグウェン・ステファニー[43]マリーナ・アンド・ザ・ダイアモンズ[44]のそれと比較される。

チャーリーは、音から色への共感英語版を覚える。彼女は、「私はで音楽を見て、ピンクの音楽を愛するが、黄色茶色の音楽は嫌いだ」と主張している[45]。彼女は自分自身をフェミニストとみなしており[42]、彼女は「フェミニストの声明」として「ボディ・オブ・マイ・オウン」という曲を書いた[46]。また、BBC 3で放送された「ザ・ワード・アンド・ミー」という男女同権に関するドキュメンタリーを指揮した[47]

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
UK AUS AUT BEL FRA GER IRE JPN NZ SWI US
2013 True Romance 85 -
2014 Sucker
  • 発売日: 2014年12月15日
  • レーベル: Asylum, Atlantic
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 世界売上: 85万枚
15 53 44 61 42 57 17 70 33 28
2019 Charli
  • 発売日:2019年9月13日[48]
  • レーベル: Atlantic
  • フォーマット: CD, LP, digital download, streaming
14 7 73 55 92 91 21 86 26 54 42
2020 How I'm feeling now
  • 発売日:2020年5月15日
  • レーベル:Atlantic
  • フォーマット: Digital download, streaming
33 37 106 100 27 40 111
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

EP編集

  • You're the One (2012年)
  • iTunes Festival: London 2012 (2012年)
  • Vroom Vroom (2016年)

ミックステープ編集

  • Heartbreaks and Earthquakes (2012年)
  • Super Ultra (2012年)
  • Number 1 Angel (2017年)
  • Pop 2 (2017年)

シングル編集

  • !Franchesckaar! (2008年)
  • Emelline/Art Bitch (2008年)
  • Stay Away (2011年)
  • Nuclear Seasons (2011年)
  • You're the One (2012年)
  • You (Ha Ha Ha) (2013年)
  • What I Like (2013年)
  • Superlove (2013年)
  • Boom Clap英語版 (2014年)
  • Break The Rules (2014年)
  • Doing It (featuring Rita Ora)(2015年)
  • Famous (2015年)
  • After the Afterparty (featuring Lil Yachty) (2016年)
  • Boys (2017年)
  • Out of My Head (featuring Tove Lo and Alma) (2017年)
  • 5 in the Morning (2017年)
  • Focus (2017年)
  • No Angel (2018年)
  • Girls Night Out (2018年)
  • 1999 (with Troye Sivan)(2018年)
  • Forever (2020年)
  • Claws (2020年)
  • I finally understand (2020年)

客演参加シングル編集

  • Starkey 『Lost in Space』 (2011年)
  • Alex Metric 『End of the World』 (2011年)
  • Icona Pop 『I Love It』 (2012年)
  • J£ZUS MILLION 『Illusions of』 (2013年)
  • Iggy AzaleaFancy』(2014年)
  • Ty Dolla Sign 『Drop That Kitty』 feat. Tinashe (2015年)
  • Mr Oizo 『Hands in the Fire』(2015年)
  • 中田ヤスタカ「Crazy Crazy」(2017年)

客演参加曲編集

  • Ocelot 『Your Eyes』(『No Requests』収録) (2010年)
  • Benga 『Smile』(『Chapter II』収録) (2013年)
  • Danny Brown『Float On』(『Old』収録) (2013年)
  • Simon Le Bon 『Kingdom』(サントラ『The Hunger Games: Mockingjay – Part 1』収録) (2014年)
  • Madeon 『OK』(『Adventure』収録) (2015年)
  • Giorgio Moroder『Diamonds』(『74 Is the New 24』収録) (2015年)

コラボレーション編集

ソングライティング編集

  • Neon Jungle『So Alive』(『Welcome to the Jungle』収録) (2014年)
  • Ryn Weaver『OctaHate』(『Promises』収録) (2014年)
  • Buckcherry『Say Fuck It』(『Fuck』収録) (2014年)
  • James Blunt 『When I Find Love Again』(『Moon Landing (Apollo Edition)』収録) (2014年)
  • Bella Thorne 『Boyfriend Material』(『Jersey』収録) (2014年)
  • Iggy Azalea featuring 『Beg For It』(『Reclassified』収録) (2014年)
  • Gwen Stefani 『Hard 2 Love』 (2015年)
  • Gwen Stefani『Hell Yeah Baby』(2015年)
  • Selena Gomez『Same Old Love』(2015年)
  • will.i.am (featuring Pia Mia)『Boys & Girls』(2016年)
  • Rita OraSigala 『You For Me』(2021年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 20 Best Pop Albums of 2014”. ローリング・ストーン誌 (2014年12月19日). 2016年11月20日閲覧。
  2. ^ Charli XCX's 'Number 1 Angel' mixtape is more than just a stopgap between records | NME” (英語). NME | Music, Film, TV, Gaming & Pop Culture News (2017年3月10日). 2020年12月3日閲覧。
  3. ^ Beaumont-Thomas, Ben (2017年12月4日). “The top 100 tracks of 2017” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/music/2017/dec/04/the-top-100-tracks-of-2017 2020年12月3日閲覧。 
  4. ^ Best Songs of the Year 2017” (英語). NME | Music, Film, TV, Gaming & Pop Culture News (2017年11月27日). 2020年12月3日閲覧。
  5. ^ Charli XCX - 'Pop 2' | NME” (英語). NME | Music, Film, TV, Gaming & Pop Culture News (2017年12月18日). 2020年12月3日閲覧。
  6. ^ Willman, Jem Aswad,Andrew Barker,Chris (2019年12月5日). “The Best Albums of 2019” (英語). Variety. 2020年12月3日閲覧。
  7. ^ Charli XCX - "i finally understand"” (英語). www.stereogum.com. 2020年12月3日閲覧。
  8. ^ Video: Charli XCX: "Nuclear Seasons"”. Pitchfork. 2016年6月28日閲覧。
  9. ^ Charli XCX Reschedules North American Tour Dates”. Undertheradarmag.com. 2016年6月28日閲覧。
  10. ^ Los Angeles Times (2015年8月21日). “Singer Charli XCX buys a Hollywood Hills Tudor that breaks the design rules”. latimes.com. 2017年4月21日閲覧。
  11. ^ Andy Downing. “Concert preview: Charli XCX brings electro-pop bangers to LC Pavilion”. Columbus Alive. 2017年4月21日閲覧。
  12. ^ UK dance sensation Charli XCX takes The TLA by storm”. The Key. 2017年4月21日閲覧。
  13. ^ The Billboard Cover Story - Charli XCX: Pop's Punk Princess”. Billboard (2014年10月3日). 2017年4月21日閲覧。
  14. ^ Punk Pop Princess”. 2014年10月30日閲覧。
  15. ^ Joel Meares (2015年4月30日). “Charli XCX review: Fancy, trashy punk-pop star doesn't need Iggy Azalea to rock the Metro”. The Sydney Morning Herald. 2018年8月23日閲覧。
  16. ^ Simon Keegan (2015年9月11日). “Charli XCX pulls a TAMPON from her shorts and throws it to crowd during gig”. mirror. 2018年8月23日閲覧。
  17. ^ Sean P. MeanS The Salt Lake Tribune (2015年8月24日). “Charli XCX and Bleachers cancel rest of tour, including Oct. 10 SLC stop”. The Salt Lake Tribune. 2018年8月23日閲覧。
  18. ^ Charli XCX”. Lollapalooza. 2017年10月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  19. ^ Charli XCX releases The Fault in Our Stars music video for Boom Clap”. Hypable. 2018年8月23日閲覧。
  20. ^ Charli XCX Shares Colorful 'London Queen' Lyric Video”. Music Times (2014年10月21日). 2018年8月23日閲覧。
  21. ^ Breihan, Tom (2012年12月18日). “Charli XCX – "You (Ha Ha Ha)"”. Stereogum. 2015年7月1日閲覧。
  22. ^ Mitchell, Billy (12 June 2012). “Charli XCX Streams New Track”. CMJ. http://www.cmj.com/news/charli-xcx-streams-new-track/ 2015年7月1日閲覧。. 
  23. ^ Charli XCX vs DENA”. IDOL Magazine (2013年6月25日). 2018年8月23日閲覧。
  24. ^ PureVolume. “Charli XCX And Bleachers Announce Co-Headlining Tour”. 2018年6月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  25. ^ Rising”. Pitchfork (2011年12月13日). 2018年8月23日閲覧。
  26. ^ Knopper, Steve (2016年3月19日). “Charli XCX Explores New Avant-Pop Direction with Sophie at SXSW”. Rolling Stone. 2016年6月28日閲覧。
  27. ^ Joiner, James (2014年12月12日). “Charli XCX's Top 10 Influential Female Musicians”. Esquire. 2015年11月22日閲覧。
  28. ^ Morris, Andy (2015年2月13日). “Charli XCX on the wisdom of Marilyn Manson + Kanye”. Gigwise. Giant Digital. 2016年8月5日閲覧。
  29. ^ Lipshutz, Jason (2014年12月13日). “5 Things We Want to See Charli XCX Do on 'SNL'”. Billboard (Prometheus Global Media). http://www.billboard.com/articles/columns/pop-shop/6406075/5-things-we-want-to-see-charli-xcx-do-on-snl 2016年8月30日閲覧。 
  30. ^ British pop starlet Charli XCX, the particularly grown-up 21-year-old”. Nashville Scene. 2014年7月22日閲覧。
  31. ^ Artist Biography by Heather Phares. “Charli XCX | Biography”. AllMusic. 2014年4月20日閲覧。
  32. ^ Gimme Five: Charli XCX on Her Musical Obsessions”. Billboard. 2014年4月20日閲覧。
  33. ^ Phares, Heather. “Charli XCX”. Slacker. 2015年11月20日閲覧。
  34. ^ a b c Roth, Madeline (2015年9月14日). “Charli XCX Is Working With Rihanna And Inspired By Paris Hilton (Seriously)”. MTV. 2015年11月20日閲覧。
  35. ^ 14 (CD liner notes). Charli XCX. Orgy Music. 2008.
  36. ^ Neil McCormick (2014年6月17日). “Is Charli XCX the new Adele?”. Telegraph.co.uk. 2015年2月15日閲覧。
  37. ^ Joe Bosso Neil (2012年6月14日). “Breaking an interview with Charli XCX”. Self-titledmag.com. 2015年2月15日閲覧。
  38. ^ Carl Williott. “Charli XCX Disses Flo Rida, Says Sophomore Album Has Punk Influence | Music News, Reviews, and Gossip on”. Idolator.com. 2014年4月20日閲覧。
  39. ^ Charli XCX interview 'I really want to change the way women think about themselves. A lot of young girls are quite lost'”. Standard.co.uk (2014年10月3日). 2015年2月15日閲覧。
  40. ^ a b Alex Catarinella (2012年7月19日). “Interview with Charli XCX”. Elle.com. 2015年2月15日閲覧。
  41. ^ Rollins, Samantha (2013年8月10日). “Charli XCX's 5 favorite songs”. The Week. 2015年11月12日閲覧。
  42. ^ a b Goldstein, Jessica (2014年10月6日). “Charli XCX on Britney Spears: "Have You Heard her Albums? They're So Intelligent"”. Cosmopolitan. 2015年5月27日閲覧。
  43. ^ [1] [リンク切れ]
  44. ^ Marina And The Diamonds & Charli XCX – "Just Desserts"”. Stereogum (2013年5月1日). 2016年6月28日閲覧。
  45. ^ Savage, Mark (2013年12月11日). “Charli XCX: Pop, punk and synaesthesia”. BBC News. 2015年1月6日閲覧。
  46. ^ Smith, Ryan (2015年4月2日). “'Girls should own their bodies': Charli XCX unveils 'feminist' track about self pleasure... as she admits to feeling like a pop 'outsider'”. Daily Mail. 2015年5月27日閲覧。
  47. ^ Kreps, Daniel (2015年11月25日). “Watch Charli XCX's Feminism Film 'The F Word And Me'”. Rolling Stone. 2017年4月21日閲覧。
  48. ^ Charli [VINYL: Amazon.co.uk: Music]”. Amazon.co.uk. 2019年6月14日閲覧。

外部リンク編集