アジアリーグアイスホッケー2009-2010

アジアリーグアイスホッケー2009-2010シーズンは、2009年9月19日から2010年3月28日にかけて開催された。優勝は安養ハルラ(初優勝)。

アジアリーグアイスホッケー 2009-2010
リーグアジアリーグアイスホッケー
スポーツアイスホッケー
期間2009年9月19日 - 2010年3月28日
試合数121 (レギュラーリーグ105・プレーオフ16)
チーム数7 (日本4・韓国2・中国1)
レギュラーリーグ
レギュラーリーグ1位安養ハルラ
得点王アレックス・キム(High1)
プレーオフ
優勝安養ハルラ
  準優勝日本製紙クレインズ
アジアリーグアイスホッケー seasons

参加チーム 編集

チャイナシャークスがチャイナドラゴンに改称。前シーズン限りで廃部となったSEIBUプリンスラビッツに代わり、東北フリーブレイズが新規参入し、参加チーム数は7チームのまま。

チーム 本拠地
H.C. TOCHIGI 日光アイスバックス 栃木県日光市
日本製紙クレインズ 北海道釧路市
王子イーグルス 北海道苫小牧市
東北フリーブレイズ 福島県郡山市青森県八戸市
安養ハルラ 京畿道安養市
High1アイスホッケーチーム 江原道春川市
チャイナドラゴン 上海市

レギュラーリーグ 編集

チーム GP W OTW SOW SOL OTL L GF-GA Pts
1.   安養ハルラ 36 23 2 1 3 1 6 180:109 79
2.   王子イーグルス 36 21 0 3 2 3 7 141:080 74
3.   日本製紙クレインズ 36 18 3 3 2 0 10 128:101 68
4.   High1アイスホッケーチーム 36 17 2 0 2 3 12 150:130 60
5.   東北フリーブレイズ 36 13 0 4 1 0 18 132:142 48
6.   H.C. TOCHIGI 日光アイスバックス 36 12 2 1 2 2 17 103:118 46
7.   チャイナドラゴン 36 1 0 0 0 0 35 064:218 3
  • GP:試合数、W:60分勝利、OTW:延長戦勝利、SOW:シュートアウト勝利、SOL:シュートアウト負け、OTL:延長戦負け、L:60分負け、Goals:総得点と総失点、Pts:勝点

プレーオフ 編集

セミファイナル ファイナル
      
1 安養ハルラ 3
4 High1アイスホッケーチーム 1
1 安養ハルラ 3
3 日本製紙クレインズ 2
2 王子イーグルス 1
3 日本製紙クレインズ 3

表彰 編集

最優秀選手 編集

部門 受賞者 所属
レギュラーリーグ パトリック・マルティネツ 安養ハルラ
プレーオフ ブロック・ラドゥンスキ 安養ハルラ

ベスト6 編集

部門 受賞者 所属
ベストプレイメイクFW パトリック・マルティネツ 安養ハルラ
ベストオフェンシブFW ティム・スミス High1
ベストディフェンシブFW 齊藤毅 王子イーグルス
ベストオフェンシブDF ブラッド・ファリヌック 東北フリーブレイズ
ベストディフェンシブDF キャラー・アーロン 王子イーグルス
ベストGK 春名真仁 王子イーグルス

個人タイトル 編集

部門 受賞者 チーム 成績
最多得点 アレックス・キム High1 29
最多アシスト ティム・スミス High1 48
最多ポイント アレックス・キム High1 75
最多ポイント ティム・スミス High1 75
最優秀セーブ率GK 春名真仁 王子イーグルス 91.51

その他 編集

部門 受賞者 所属
ヤングガイ・オブ・ザ・イヤー チョ・ミンホ 安養ハルラ
最優秀監督 シム・ウィシク 安養ハルラ
ホッケータウン・イン・アジア 安養市
アジアリーグ審判団特別功労賞 ワン・チャンヨン 中国アイスホッケー協会

出典 編集

関連項目 編集