メインメニューを開く

アトラントサウルスAtlantosaurus 「アトラスのトカゲ」の意味)は竜脚類疑わしい属の一つである。タイプ標本はアメリカ、コロラド州にあるモリソン累層英語版で地質学者アーサー・レイクス英語版によって発見され、1877年にイェール大学(当事はイェール・カレッジと称した)の古生物学者オスニエル・チャールズ・マーシュにより"Titanosaurus" montanusとして記載された。マーシュはすぐにTitanosaurusの名が既に別の竜脚類に使用されていたことに気づき、Atlantosaurus montanusと改名した。この骨格は発見されたとき最初は椎骨pleurocoels (空気で満たされたポケット)と巨大さにより他の種から識別された。しかし、発見からしばらくしてこれらの特徴は竜脚類の広範な種で見つかり、これら二つの既知のアトラントサウルスの椎骨の特徴で他の近縁種と識別することはもはや不可能に近い。そのためアトラントサウルスが実際に独自の種であるかどうかは不明確であり、疑問名nomen dubium)とみなされるようになった。研究者の中にはアパトサウルスタイプ種であるApatosaurus ajaxシノニムと考えるものもいる[1][2]

アトラントサウルス
生息年代: 150 Ma
Atlantosaurus montanus.jpg
仙骨の図版
地質時代
ジュラ紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
下目 : 竜脚下目 Sauropoda
上科 : ディプロドクス上科 Diplodocoidae
: ディプロドクス科 Diplodocidae
亜科 : アパトサウルス亜科 Apatosaurinae
: アトラントサウルス属 Atlantosaurus
学名
Atlantosaurus
Marsh1877
シノニム

(originally Titanosaurus

1886年に描かれた旧式の復元図

アトラントサウルスはアメリカで19世紀に起こった有名なボーンウォーズの期間に記載された種の一つであり、この時期には科学的方法論よりも学問での賞賛に重きが置かれてしまっていた[2]

参照編集

  1. ^ Berman, D.S. and McIntosh, J. S. (1978). "Skull and relationships of the Upper Jurassic sauropod Apatosaurus (Reptilia, Saurischia)." Bulletin of the Carnegie Museum, 8: 1–35.
  2. ^ a b Taylor, M.P. (2010). "Sauropod dinosaur research: a historical review." Pp. 361-386 in Moody, R.T.J., Buffetaut, E., Naish, D. and Martill, D.E. (eds.), Dinosaurs and Other Extinct Saurians: A Historical Perspective. London: The Geological Society, Special Publication No. 34.

外部リンク編集