メインメニューを開く

アブデラティフ・ケシシュ(عبد اللطيف كشيش, Abdellatif Kechiche, 1960年12月7日 - )は、チュニジア出身の映画監督脚本家俳優である。日本語では「ケシッシュ」とも表記される。

アブデラティフ・ケシシュ
عبد اللطيف كشيش
عبد اللطيف كشيش
2013年
生年月日 (1960-12-07) 1960年12月7日(58歳)
出生地 Flag of Tunisia (1959–1999).svg チュニジア共和国
職業 俳優映画監督脚本家
主な作品
アデル、ブルーは熱い色

目次

キャリア編集

1960年チュニジアの生まれ、6歳のとき両親とともにニースに移住[1]。演劇に夢中になり、アンティーブコンセルヴァトワールで学ぶ。

2000年に『La Faute à Voltaire』で監督デビューする。

監督作の『身をかわして』(2003年)と『クスクス粒の秘密』(2007年)はセザール賞で作品賞、監督賞、脚本賞を受賞した。

2007年の第64回ヴェネツィア国際映画祭では『クスクス粒の秘密』がコンペティション部門で上映された。女優のアフシア・エルジフランス語版マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)とベルリン国際映画祭シューティング・スター賞ダブルを受賞し、他に審査員特別賞国際映画批評家連盟賞、SIGNIS賞 スペシャル・メンション、ヤング・シネマ・アウォード英語版を受賞した。

2013年の第66回カンヌ国際映画祭では『アデル、ブルーは熱い色』がコンペティション部門で上映され、パルム・ドールを受賞した[2]

主なフィルモグラフィ編集

作品名 役名 備考
2000 ヴォルテールのせい
La Faute à Voltaire
監督・脚本
2003 身をかわして
L'esquive
監督・共同脚本 日本では劇場未公開。
2008年の東京日仏学院での特集上映「ジャン・ルノワール、我らの親父」にて上映。
2007 クスクス粒の秘密
La graine et le mulet
監督・脚本 日本では劇場未公開。
第21回東京国際映画祭、地中海映画祭2013(東京・福岡・大阪・京都)にて上映。
2010 黒いヴィーナス
Vénus noire
監督・脚本
2013 アデル、ブルーは熱い色
La vie d'Adèle
監督・脚本

参考文献編集

  1. ^ Fiche Allociné sur Abdellatif Kechiche
  2. ^ 2013 Official Selection”. Cannes (2013年4月19日). 2013年4月19日閲覧。

外部リンク編集