アマンダ・アニシモバAmanda Anisimova, 2001年8月31日 - )は、アメリカの女子プロテニス選手。2019年全仏オープン女子シングルスでベスト4に入った選手である。これまでにWTAツアーでシングルス1勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス23位。身長180cm。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

アマンダ・アニシモバ
Amanda Anisimova
Tennis pictogram.svg
Amanda Anisimova (46899871691).jpg
アマンダ・アニシモバ
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ニュージャージー州フリーホールド
居住地 同・フロリダ州ペンブロークパインズ
生年月日 (2001-08-31) 2001年8月31日(18歳)[1]
身長 180cm
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2016年
ツアー通算 1勝
シングルス 1勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 1,560,150 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2019)
全仏 ベスト4(2019)
全英 2回戦(2019)
全米 1回戦(2018)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2019)
全仏 2回戦(2019)
全米 1回戦(2017)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 23位(2019年7月15日)
ダブルス 386位(2019年6月24日)
2019年7月19日現在

来歴編集

両親はロシア出身。3歳からテニスを始める。

4大大会では2017年全仏オープン主催者推薦選手として初出場した。1回戦で奈良くるみに 6-3, 5-7, 4-6 で敗れた。2018年9月のジャパン女子オープンテニスでは予選から勝ち上がり決勝に進出した。決勝で謝淑薇に 2–6, 2–6 で敗れ準優勝となった。

2019年全豪オープンでは1回戦でモニカ・ニクレスク、2回戦で第24シードのレシア・ツレンコ、3回戦で11シードのアリーナ・サバレンカを破り4回戦に進出した。4回戦では第8シードのペトラ・クビトバに 2–6, 1–6 で敗れた。4月のボゴタ大会の決勝でアストラ・シャルマを 4–6, 6–4, 6–1 で破りWTAツアー初優勝を果たした。

2019年全仏オープンではノーシードから快進撃を見せベスト8に進出した。準々決勝では第3シードの前年優勝者シモナ・ハレプを 6-2, 6-4 で破りベスト4に進出した[2]。準決勝では優勝したアシュリー・バーティに 7-6, 3-6, 3-6 で敗れ決勝進出はならなかった。大会後の2019年6月10日付ランキングで自己最高の26位を記録している。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 2回 (1勝1敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0–0)
WTAファイナルズ (0–0)
プレミア・マンダトリー (0–0)
プレミア5 (0-0)
WTAエリート・トロフィー (0-0)
プレミア (0–0)
インターナショナル (1–1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2018年9月16日   広島 ハード   謝淑薇 2–6, 2–6
優勝 1. 2019年4月14日   ボゴタ クレー   アストラ・シャルマ 4–6, 6–4, 6–1

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A A A 4R 3–1
全仏オープン A 1R A SF 5–2
ウィンブルドン A A A 2R 1–1
全米オープン LQ LQ 1R A 0–1

脚注編集

外部リンク編集