アメリカを震撼させた夜

アメリカを震撼させた夜』(原題:The Night That Panicked America)は、アメリカで製作されたテレビ映画であり、1975年10月31日ABCテレビにて放送された。パラマウント・テレビジョンが制作した本作には、ポール・シェナー英語版ヴィック・モローなどが出演している。

アメリカを震撼させた夜
The Night That Panicked America
原作 ハワード・コッチ
脚本 ニコラス・メイヤー
アンソニー・ウィルソン
監督 ジョセフ・サージェント
出演者 ポール・シェナー
ヴィック・モロー
製作
製作総指揮 アンソニー・ウィルソン
制作 アメリカ合衆国の旗 パラマウント
放送
音声形式 英語
放送国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ABC
日本の旗 日本NHK総合
放送期間 1975年10月31日
放送時間 92分
回数 1
テンプレートを表示

本作は、1938年10月30日CBSラジオにて、H.G.ウェルズSF小説宇宙戦争』を単発のラジオドラマとして放送する際に改変を行い、舞台を現代アメリカにして臨時ニュースを伝えるように番組を開始、以後もオーソン・ウェルズ演じる目撃者による回想を元にしたドキュメンタリー形式のドラマにするなど、それまでに前例のない構成や演出と迫真の演技で放送した。その結果、放送が本物のニュースで火星人の侵略が実際に起こっていると聴取者から間違われ、パニックを引き起こす騒ぎとなった[1]。この一連の出来事を、セミドキュメンタリーとして描いたのが本作である[2]

日本では、NHK総合にて1977年2月26日に初放送された[3]。その後は様々な局などで再放送が行われている。

ストーリー編集

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[3]

スタッフ編集

出典編集

外部リンク編集