メインメニューを開く

岡本 茉利(おかもと まり、岡本 茉莉の表記もあり、1954年10月31日[1] - )は、日本女優声優[1]東京都出身[1][2]。身長154cm、血液型はB型[3]かつては[要出典]マウスプロモーション[4]ALBAに所属していた[要出典]。現在は81プロデュースに所属。

おかもと まり
岡本 茉利
生年月日 (1954-10-31) 1954年10月31日(64歳)
出生地 日本の旗日本東京都
身長 154cm
血液型 B型
ジャンル 女優声優
活動期間 1961年 -

目次

人物編集

小学生時代を大阪府枚方市で過ごし、1961年に映画『喜劇・団地親分』でデビューした。当時は野田睦美で関西を中心に芸能活動をしていたが、1970年に東京へ引っ越し、以降活動拠点を東京に移すと共に、芸名を岡本茉利に改める。1971年に『男はつらいよ』シリーズ第8作『寅次郎恋歌』に旅役者の娘・大空小百合役で出演したのをきっかけに、山田洋次作品の常連となる。

声優としてのデビューは1970年のアニメ『昆虫物語 みなしごハッチ』へのゲスト出演である。初レギュラーは同年放送のアニメ『いなかっぺ大将』の大柿キク子。アニメでの代表作には『ヤッターマン』のアイちゃん(ヤッターマン2号)、『花の子ルンルン』のルンルン・フラワー、『おはよう!スパンク』の森村愛子等がある。

1970年代から1980年代前半にかけてはタツノコプロ作品を中心にアニメへのレギュラー出演も多かったが、1980年代半ばからは沢竜二の劇団で大衆演劇の女優としての活躍がメインとなり、声優活動は少なくなった。

2007年3月、宮崎県高原町のたかはるふるさと大使任命。

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

  • 沢竜二劇団

テレビアニメ編集

1970年
1971年
1973年
1974年
1975年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1986年
1987年
1995年
1998年
2003年
2005年
2009年
2017年

劇場アニメ編集

1980年
1981年
  • シュンマオ物語 タオタオ(アン)
1982年
1989年
1997年

OVA編集

1993年

ゲーム編集

1998年
1999年
2001年
2004年
2017年
  • リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議(ルーキッチ先生[11]

ラジオドラマ編集

吹き替え編集

洋画編集

テレビドラマ編集

アニメ編集

バラエティ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 岡本茉利”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2018年4月21日閲覧。
  2. ^ Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 title は必須です。茉利 {{{title}}}”. 81プロデュース. 2018年4月21日閲覧。
  3. ^ 岡本茉利”. タレントデータバンク. 2018年4月21日閲覧。
  4. ^ 岡本茉利 - マウスプロモーション(2010年7月6日時点のアーカイブ
  5. ^ タイムボカン”. メディア芸術データベース. 2016年10月4日閲覧。
  6. ^ 宇宙戦艦ヤマト2”. メディア芸術データベース. 2016年10月8日閲覧。
  7. ^ “フウムーン”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/57.html 2016年5月3日閲覧。 
  8. ^ “ブレーメン4 地獄の中の天使たち”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/58.html 2016年5月3日閲覧。 
  9. ^ “タイムスリップ10000年 プライム・ローズ”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/59.html 2016年5月3日閲覧。 
  10. ^ 男はつらいよ 〜寅次郎忘れな草〜”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月19日閲覧。
  11. ^ CHARACTER”. リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議. バンダイナムコエンターテインメント. 2017年8月28日閲覧。

外部リンク編集