メインメニューを開く

アラン・ベネット・クルーガー英語: Alan Bennett Krueger1960年9月17日 - 2019年3月16日)はアメリカ合衆国経済学者プリンストン大学の教授であり、全米経済研究所(NBER)のリサーチ・アソシエイトでもある。バラク・オバマ大統領の大統領経済諮問委員会(CEA)の委員長も務めた。

アラン・クルーガー
Alan Krueger
アラン・クルーガー(2009年)
生誕 1960年9月17日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州リヴィングストン
死没 2019年3月16日(58歳没)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 プリンストン大学
研究分野 労働経済学
母校 コーネル大学
ハーバード大学
受賞 カーショウ賞(1997年)
マハラノビス賞(2001年)
政治学および社会学のIZA賞(2006年)
トムソン・ロイター引用栄誉賞(2013年)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

略歴編集

将来通し編集

  • 朝日新聞(夕刊)2012年1月7日
クルーガー氏は「米経済や、労働市場が治癒しつつあることを示している」と指摘。雇用情勢の行方は11月の大統領選を左右するとみられているだけに、政権の取り組みが実を結びつつあるとの考えを強調した。

一方で、欧州の政府債務(借金)危機などの影響で「世界経済は脆弱な状態が続いている」との認識も示し、「米国内の需要を増やすなど我々がとれる対策を打つことが重要だ」と語った。

具体的には、昨年12月末の期限切れ直前に米与野党が合意した「給与税減税の2カ月延長」について、今年末まで延ばす必要性を強調。また「インフラへの投資を増やし、教師や警官・消防士の雇用を維持するために米国の各州や地方政府を支援する」ことなどを挙げ、「これらは米経済がいま必要としている一種の治療薬だ」と語った。

欧州危機については、9日に独仏首脳会談が開かれることを念頭に、「欧州連合(EU)のリーダーたちが、問題に対処する対策をとることが重要だ。彼らは早く行動する力がある」と、欧州が自発的に危機を封じ込めるよう促した。

主な著作編集

日本語訳編集

著書(原書)編集

  • Card, David; Krueger, Alan B. (1995), Myth and Measurement: The New Economics of the Minimum Wage, Princeton: Princeton University Press, ISBN 0-691-04823-1 .
  • Krueger, Alan B. (2001), Education Matters: Selected Essays by Alan B. Krueger, Cheltenham, UK: Edward Elgar, ISBN 1-84064-106-1 .
  • Krueger, Alan B. (2007), What Makes a Terrorist: Economics and the Roots of Terrorism, Princeton: Princeton University Press, ISBN 0-691-13438-3 .

脚注編集