アリゼオAliseo)とは日本競走馬である。馬名の意味は母名にちなんでイタリア語で「貿易風[1]。おもな勝ち鞍は2010年毎日王冠スプリングステークス

アリゼオ
Aliseo(horse)20100418.jpg
欧字表記 Aliseo
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2007年3月12日(13歳)
登録日 2009年10月15日
シンボリクリスエス
スクエアアウェイ
母の父 フジキセキ
生国 日本の旗 日本北海道白老町
生産 白老ファーム
馬主 社台レースホース
調教師 堀宣行美浦
競走成績
生涯成績 11戦4勝
獲得賞金 1億6387万9000円
テンプレートを表示

経歴編集

社台レースホースにより総額2800万円(40口、一口70万円)で募集された。

2009年編集

初出走は東京競馬場の新馬戦。重馬場であったが後方待機から先に抜け出した1番人気のヒルノダムールをゴール前でクビ差で交わし初勝利を挙げた。年末のホープフルステークスでは1番人気に推され、先行して2着のミカエルビスティーに1馬身3/4差をつけ勝利した。

2010年編集

2010年の緒戦は重賞初挑戦となる共同通信杯に出走、単勝1.8倍の1番人気に支持された。前走と同じく先行するが、アリゼオの前で競馬をしたハンソデバンドに追いつけず、逆に後方から来たダノンシャンティに交わされて3着に敗れた。3月のスプリングステークスでは横山典弘に乗り替わりとなり、無敗の2歳王者ローズキングダムに次ぐ2番人気に推された。レースでは序盤から積極的に先頭に立ち、単騎の逃げに持ち込むと、第4コーナーで後続を突き放し、追い込んできたゲシュタルト、ローズキングダムを抑えて重賞初勝利を挙げた。迎えた皐月賞ではヴィクトワールピサ、ローズキングダムに次ぐ3番人気で出走。先団を追走したが、直線で伸びあぐねて5着に敗れた。続く第77回東京優駿では1000m通過61秒6というスローペースに落として逃げるものの直線で一杯になり13着に敗れた。

夏場を休養に当て、迎えた秋シーズン初戦の毎日王冠。鞍上が福永祐一に乗り替わったこのレースでは中団追走から直線で内を突いて、先に抜け出したエイシンアポロンとの叩き合いを制し、1988年オグリキャップ以来となる、このレースの3歳馬による勝利[2]を収めた。迎えた天皇賞(秋)では中団待機も直線では全く伸びず14着に敗れた。続いて、初ダートとなるジャパンカップダートに出走したが、見せ場なく16着と大敗した。その後屈腱炎を発症し、休養に入った[3]

2011年〜2012年編集

1年半の長期休養を挟んで2012年7月1日の巴賞で復帰したが8着。札幌記念では先行するが9着に敗れた。10月に屈腱炎が再発し、引退した[4]

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量
kg
距離(馬場) タイム
上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2009. 11. 14 東京 2歳新馬 14 5 7 5.1 (3人) 1着 三浦皇成 55 芝2000m(重) 2:03.7(34.2) -0.0 ヒルノダムール
12. 27 中山 ホープフルS OP 16 6 11 3.1 (1人) 1着 C.ルメール 55 芝2000m(良) 2:02.2(35.3) -0.3 (ミカエルビスティー)
2010. 2. 7 東京 共同通信杯 GIII 13 4 5 1.8 (1人) 3着 C.ルメール 56 芝1800m(良) 1:48.2(33.9) 0.0 ハンソデバンド
3. 21 中山 スプリングS GII 15 3 5 6.0 (2人) 1着 横山典弘 56 芝1800m(良) 1:48.2(35.6) -0.2 ゲシュタルト
4. 18 中山 皐月賞 GI 18 8 18 8.1 (3人) 5着 横山典弘 57 芝2000m(稍) 2:01.1(35.7) 0.3 ヴィクトワールピサ
5. 30 東京 東京優駿 GI 17 3 6 28.2 (6人) 13着 C.ウィリアムズ 57 芝2400m(良) 2:28.2(34.7) 1.0 エイシンフラッシュ
10. 10 東京 毎日王冠 GII 10 4 4 15.8 (6人) 1着 福永祐一 56 芝1800m(稍) 1:46.4(34.5) -0.0 エイシンアポロン
10. 31 東京 天皇賞(秋) GI 18 8 18 24.9 (6人) 14着 福永祐一 56 芝2000m(稍) 2:00.2(36.2) 2.0 ブエナビスタ
12. 5 阪神 ジャパンカップダート GI 16 4 7 9.6 (5人) 16着 C.ルメール 56 ダ1800m(稍) 1:54.0(41.0) 5.1 トランセンド
2012. 7. 1 函館 巴賞 OP 12 4 4 9.0 (5人) 8着 岩田康誠 57 芝1800m(良) 1:49.0(36.1) 0.9 トウカイパラダイス
8. 19 札幌 札幌記念 GII 14 7 12 41.3 (10人) 9着 秋山真一郎 57 芝2000m(良) 1:59.7(36.2) 1.0 フミノイマージン

血統表編集

アリゼオ血統ロベルト系Hail to Reason 4×5=9.38%) (血統表の出典)

*シンボリクリスエス
1999 黒鹿毛
父の父
Kris S.
1977 黒鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Sharp Queen Princequillo
Bridgework
父の母
Tee Kay
1991 黒鹿毛
Gold Meridian Seattle Slew
Queen Louie
Tri Argo Tri Jet
Hail Proudly

スクエアアウェイ
1998 栗毛
フジキセキ
1992 青鹿毛
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
Halo
Wishing Well
*ミルレーサー
Millracer
Le Fabuleux
Marston's Mill
母の母
スケアヘッドライン
1988 栗毛
*パドスール
Pas de Seul
Mill Reef
Thereby
シャダイチャッター *ノーザンテースト
ベルースポート F-No.19

脚注編集

  1. ^ 社台サラブレッドクラブホームページより。母名は英語で「追い風を受ける」の意味がある。
  2. ^ 1988年当時の馬齢表記は4歳。3歳馬(旧4歳馬)同士による決着は1958年以来52年ぶり。
  3. ^ 重賞2勝アリゼオ引退…屈腱炎発症、一度は復帰も”. スポニチアネックス (2012年10月27日). 2014年11月25日閲覧。
  4. ^ 重賞2勝アリゼオ引退 屈腱炎が再発”. 日刊スポーツ (2012年10月27日). 2014年11月25日閲覧。

外部リンク編集