アリー/ スター誕生 サウンドトラック

アリー/ スター誕生 サウンドトラック』(A Star Is Born)は、2018年の同名のミュージカル映画のサウンドトラック・アルバムであり、その出演者であるレディー・ガガブラッドリー・クーパーが歌った。2018年10月8日にインタースコープ・レコードより発売された[1]。ガガとクーパーは映画にクーパーのキャラクターのバンドのメンバーとしても出演しているルーカス・ネルソン英語版を含むカントリー・ミュージシャンと協力してサウンドトラック・アルバムを作り上げた。またポップ指向の曲はガガとの常連コラボレーターであるDJホワイト・シャドウ英語版が貢献した。この他にはジェイソン・イズベル英語版マーク・ロンソンダイアン・ウォーレンマイク・スノウ英語版アンドリュー・ワイヤット英語版が参加した。商業的に成功し、オーストラリア、カナダ、クロアチア、チェコ、エストニア、ギリシャ、アイルランド、ニュージーランド、ノルウェー、スコットランド、スロバキア、スウェーデン、スイス、英国、米国で1位を獲得した。

アリー/ スター誕生 サウンドトラック
レディー・ガガブラッドリー・クーパーサウンドトラック
リリース
録音 2017年 - 2018年
時間
レーベル インタースコープ
プロデュース
レディー・ガガ アルバム 年表
ジョアン
(2016年)
アリー/ スター誕生 サウンドトラック
(2018年)
-
『アリー/ スター誕生 サウンドトラック』収録のシングル
テンプレートを表示

背景と企画 編集

2015年3月、ワーナー・ブラザースは1937年の『スタア誕生』から4度目の映画化企画ブラッドリー・クーパーを監督デビューさせる交渉を行った[2]。2016年8月にレディー・ガガが公式に加わり、翌2017年初頭にスタジオはプロジェクトに許可を出した[3]。クーパーが演じるジャクソン・メインは「ベテランのカントリー歌手であり、ガガが演じるアリーというシンガーソングライターと恋に落ちる」という役どころである[4]。ガガは「ミュージシャンとしての演技をするクーパーを助けた」[5]

クーパーは映画の準備に2年半を費やし、彼のキャラクターがどのようなミュージシャンなのかを判断した。彼は多くのミュージシャンやボーカル・コーチのロジャー・ラヴと共に働いた[6]

製作と録音 編集

 
曲が録音されたエレクトリック・レディ・スタジオ

クーパーはサウンドトラックを「物語のように進化する」と説明した[7]。ガガとクーパーは撮影しながらサウンドトラックの曲を書いたので「曲ごとの大きく異なる具現化」へとつながった[7]。クーパーはさらに「音楽が本当に映画の中のキャラクターになった。映画のどこにも、その中の人物がやっていることや公開していることと全く関係が無い歌詞が存在しない。それは私たちの発射台であり、的確な場所にどんな曲が入っているかを発見することだった」と述べた[7]ジェイソン・イズベル英語版はクーパーのキャラクターのために曲を書き、「(クーパーの)音楽を多く生み出す剣」となった。イズベルはナッシュビルを拠点とするプロデューサーのデイヴ・コブ英語版を通じてクーパーに協力した[8]

クーパーは2016年10月にデザート・トリップ英語版ルーカス・ネルソン英語版(カントリー歌手のウィリー・ネルソンの息子)のパフォーマンスを見た後に近づき、映画の音楽コンサルタントとしての仕事を依頼した[9]。ネルソンは「映画のために曲を書いて、だまされたと思って、それらをプロデューサーに送って、彼らはそれを気に入ってくれた。そしてレディー・ガガが来て、彼女に会って、私たちは意気投合した。私たちは良い友人同士となって、一緒に曲を作り始めた」と述べた[10]。ガガは2017年に発売されたネルソンのセルフタイトル・アルバムのうち2トラックにバッキングボーカルを提供した[11]。ネルソンと彼のバンドのルーカス・ネルソン&プロミス・オブ・ザ・リアルはクーパーのバッキングバンドとして映画に登場した[6]

ガガは自身の前作『ジョアン』(2016年)でも協力したプロデューサーのマーク・ロンソンとソングライターのヒラリー・リンジー英語版と再度働いた[6]。ガガは自身のキャラクターのアリーによるポップ指向の曲の多くで常連コラボレーターのDJホワイト・シャドウ英語版と協働した。アルバムの曲の多くはガガの希望によりセットでライブで録音された[1][6]

発売 編集

サウンドトラックのトラックリストと発売日は2018年8月30日に発表された[4]インタースコープ・レコードはアルバムは「幅広い音楽スタイルの19曲と15のダイアローグ・トラックの構成であり、映画を鑑賞しているように体感させる」とつぶやいた[12]。楽曲「シャロウ 〜『アリー/ スター誕生』 愛のうた」が9月27日にアルバムのリードシングルとして発売された[13]。2018年11月24日、続いて「オールウェイズ・リメンバー・アス・ディス・ウェイ 〜2人を忘れない英語版」がシングルとして発売された[14]

批評家の反応 編集

Professional ratings
総スコア
出典評価
Metacritic78/100[15]
レビュー・スコア
出典評価
AllMusic     [16]
デイリー・テレグラフ     [17]
ガーディアン     [18]
NME     [19]
ピッチフォーク7.4/10[20]
ローリング・ストーン     [21]
Slant Magazine     [22]

サウンドトラックは批評家から概ね肯定的な反応を受けた。主流の出版物のレビューを100点満点で標準化して評価を割り出すMetacriticでは7件のレビューに基づいて78点を示した[15]。『ワシントン・ポスト』はサウンドトラックを「5ツ星級の傑作」と評し、グラミー賞受賞の可能性があると褒め称えた[23]。『ガーディアン』のベン・ビューモント=トーマスは「ブラッドリー・クーパーが歌い、演じ、そして監督できることを示した」と述べた上で「それは壮大なピアノ・バラードややるせないデュエットなど、各トラックを高めるレディー・ガガのポップな才能だ」と評した[18]

スティーヴン・トマス・アールワインオールミュージックで「全ての曲がナレーション的で、そしてそれ自身で意味を成し合っているので、うまくかみ合い、一流のサウンドトラックとなっている」と評したが、アルバムに含まれるダイアローグについては批判した[16]。『ローリング・ストーン』のブルターニュ・スパノスはサウンドトラックに5ツ星満点で4ツ星を与え、「ガガの音楽はアリーのキャリアの中のこの広がりを描くのを助け、(中略)叙情的なことなく豪華でロマンチックで、そして強力だ」と評した[21]。『NME』のニック・ライリーはアルバムの「運命的なロマンスのハートフルな物語に完全に適した感情的な曲」を褒め称え、「近年で最高のハリウッドのサウンドトラックの1つ」と評した[19]

デイリー・テレグラフ』のニール・マコーミック英語版はアルバムに概ね好意的で、サウンドトラックを楽しめると評したが、その上で「ロックバラードから浅薄なポップへのややぎこちない旅」を批判し、「サウンドトラックがギアをモダンポップにシフトさせるにつれて変な食い違いがある」と述べた[17]。『スラント・マガジン英語版』のジェレミー・ウィノグラドはアルバムに批判的であり、「『アリー/ スター誕生』の中核をなす強力な10曲が確かにあるが、より大きな地に足がついたパフォーマンスに影響を与えられた大きなセンスが表現されている映画とは異なり、大言壮語を正当化するための充分なものではない」と書いた[22]

売り上げ 編集

『アリー/ スター誕生』は発売初週に米国のBillboard 200で1位となり、23万1000アルバム相当単位、実売で16万2000枚を記録した。これは過去3年以内に発売されたサウンドトラックの初動記録としては最高であり、ガガにとっては5枚目の米国1位アルバムとなった。またこれでガガはテイラー・スウィフトを抜いて2010年代に最も多くアルバム・チャート1位を獲得した女性アーティストとなった。実売の他、『アリー/ スター誕生』はストリーム相当単位で3万7000、トラック相当単位で3万2000を記録した[24]。サウンドトラックは2週目に14万3000相当単位(実売8万6000枚)を記録し、ガガにとっては『ボーン・ディス・ウェイ』(2011年)以来となる2週連続1位となった[25]。3週目は10万9000相当単位(実売6万1000枚)を売り上げ、『ハイスクール・ミュージカル2』(2007年)以来となる3週連続1位を獲得したサウンドトラックとなった。またガガにとっては初の3週連続1位獲得アルバムであった[26]。4週目はアンドレア・ボチェッリの『Sì〜君に捧げる愛の歌英語版』に敗れて2位となった[27]

カナディアン・アルバム・チャート英語版では1万8000相当単位を記録して1位となった。ガガにとっては同国で3枚目の1位獲得アルバムであり、『ボーン・ディス・ウェイ』以来のことであった[28]。2週目も1万2000相当単位を記録してアルバム・チャート連続1位となった[29]。3週目は11%増加した1万4000相当単位を記録して3週連続1位を獲得した。米国同様、ガガにとってカナダで最も長く1位を獲得したアルバムとなった[30]。4週目も1万2000相当単位を売り上げて1位を獲得したが、これによりカナダでは『アナと雪の女王』(2014年3月に7週連続を記録)以来となる4週連続1位獲得のサウンドトラックとなった[31]。5週目は12%減の1万500相当単位を売り上げて1位となった[32]

『アリー/ スター誕生』は英国ではトゥエンティ・ワン・パイロッツの5枚目のスタジオアルバム『トレンチ英語版』と競合し、ミッドウィーク・チャートでは後者が1位となった。『ミュージック・ウィーク英語版』のアラン・ジョーンズによると最後の追い上げにより全英アルバムチャートで1位を獲得し、売り上げは3万1816枚(ストリーム相当単位の6178枚を含む)を記録した。ガガにとっては英国では4枚目の1位獲得アルバムであり『アートポップ』(2013年)以来のこととなった[33][34]。翌週は2万4732相当単位を売り上げたがジェス・グリンの『オールウェイズ・イン・ビトウィーン英語版』に敗れて2位に後退した[35][36]。11月1日の週は2万4982枚(スリーミングの6645相当を含む)を売り上げて1位を奪還した。同週には「シャロウ 〜『アリー/ スター誕生』 愛のうた」も全英シングルチャートで1位を獲得し、ガガとクーパーにとっては初、ガガ個人では3度目となる全英チャート同時1位英語版達成となった[37][38]

アイルランドとスコットランドでも初登場1位であった[39][40]。ガガにとってはアイルランドで3枚目の1位獲得であった[41]。アイルランドでは3週連続で1位となった[42]。フランスでは8万7000枚を売り上げてSNEPアルバム・チャートで初登場7位[43]、翌週も8000枚を売り上げて同順位をとなった[44]、4週目は7500枚を売り上げて5位に浮上した[45]。オースティンのARIAアルバム・チャートでは初登場3位となった。ガガにとって7枚目の同国トップ10入りアルバムであり、また6枚目となるトップ3入りアルバムであった[46]。2週後には1位に浮上し、ガガにとっては『ザ・モンスター』、『ボーン・ディス・ウェイ』以来3枚目となるオーストラリアでの1位獲得アルバムとなった[47]。その後は5週連続で1位を獲得した[48]ニュージーランド・アルバム・チャートでは初登場6位となり、2週後に1位に達した[49]

トラックリスト 編集

通常ヴァージョン[50]
#タイトル作詞・作曲プロデューサー時間
1.「イントロ」  
2.ブラック・アイズ英語版(performed by ブラッドリー・クーパー)
3.サムホエア・オーヴァー・ザ・レインボー(ダイアローグ; featuring レディー・ガガ)
 
4.「ファビュラス・フレンチ」(ダイアローグ; featuring クーパー、ガガ、アンソニー・ラモス & シャンゲラ・ラキファ・ワドリー英語版)  
5.ラ・ヴィ・アン・ローズ(performed by ガガ)
6.「アイル・ウェイト・フォー・ユー」(ダイアローグ; featuring クーパー & ガガ)  
7.メイビー・イッツ・タイム英語版(performed by クーパー)ジェイソン・イズベル英語版
  • クーパー
  • ベンジャミン・ライス
  • ガガ[a]
8.「パーキング・ロット」(ダイアローグ; featuring クーパー & ガガ)  
9.「アウト・オブ・タイム」(performed by クーパー)
  • クーパー
  • ネルソン
  • クーパー
  • ネルソン
10.「アリバイ」(performed by クーパー)
  • ガガ
  • クーパー
  • ネルソン
  • ガガ
  • クーパー
  • ネルソン
11.「トラスト・ミー」(ダイアローグ; featuring クーパー & ガガ)  
12.シャロウ 〜『アリー/ スター誕生』 愛のうた(performed by クーパー & ガガ)
  • ガガ
  • ライス
13.「ファースト・ストップ、アリゾナ」(ダイアローグ; featuring クーパー & ガガ)  
14.ミュージック・トゥ・マイ・アイズ英語版(performed by クーパー & ガガ)
  • ガガ
  • ネルソン
ネルソン
15.「ディギン・マイ・グレイヴ」(performed by クーパー & ガガ)ポール・ケナーリー英語版
  • ガガ
  • ネルソン
16.「アイ・ラヴ・ユー」(ダイアローグ; featuring クーパー & ガガ)  
17.オールウェイズ・リメンバー・アス・ディス・ウェイ 〜2人を忘れない英語版(performed by ガガ)
18.「アンビリーヴァブル」(ダイアローグ; featuring ガガ & ラフィ・ガブロン英語版)  
19.「ハウ・ドゥ・ユー・ヒアー・イット?」(ダイアローグ; featuring クーパー & ガガ)  
20.ルック・ホワット・アイ・ファウンド英語版(performed by ガガ)
  • ガガ
  • ニラン
  • モンソン
  • ブレア
21.「メンフィス」(ダイアローグ; featuring クーパー & ガガ)  
22.「ヒール・ミー」(performed by ガガ)
  • ガガ
  • ニラン
  • モンソン
  • ブレア
23.「アイ・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ」(performed by ガガ & クーパー)
  • ガガ
  • ネルソン
  • ガガ[c]
  • ネルソン
  • ニラン[b]
  • モンソン[b]
24.「ヴァウズ」(ダイアローグ; featuring ガガ)  
25.イズ・ザット・オールライト?英語版(performed by ガガ)
  • ガガ
  • ニラン
  • モンソン
  • ブレア
  • ライティエール
  • ガガ
  • ニラン
  • モンソン
  • ブレア
26.「SNL」(ダイアローグ; featuring アレック・ボールドウィンドン・ロイ・キング英語版、マイケル・マンシーニ & ジーナ・ロシターノ)  
27.ホワイ・ディド・ユー・ドゥ・ザット?英語版(performed by ガガ)
  • ガガ
  • ニラン
  • モンソン
  • ブレア
28.「ヘアー・ボディ・フェイス」(performed by ガガ)
  • ガガ
  • ニラン
  • モンソン
  • ブレア
  • ガガ
  • ニラン
  • モンソン
  • ブレア
  • ライス[d]
29.「シーン98」(ダイアローグ; featuring クーパー & ガガ)  
30.「ビフォア・アイ・クライ」(performed by ガガ)
  • ガガ
  • ニラン
  • モンソン
  • ブレア
  • ガガ
  • ニラン
  • モンソン
  • ブレア
31.「トゥー・ファー・ゴーン」(performed by クーパー)
  • クーパー
  • ネルソン
  • クーパー
  • ネルソン
32.「トゥウェルヴ・ノーツ」(ダイアローグ; featuring ガガ&サム・エリオット)  
33.アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン英語版(映画ヴァージョン) (performed by ガガ & クーパー)
  • ガガ
  • ヘンビー
  • リンジー
  • ライティエール
  • ガガ
  • ライス
34.「アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン」(エクステンデッド・ヴァージョン) (performed by ガガ)
  • ガガ
  • ヘンビー
  • リンジー
  • ライティエール
  • ガガ
  • ライス
合計時間:
ダイアローグ無しヴァージョン[52]
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Black Eyes」  
2.「La Vie en rose」  
3.「Maybe It's Time」  
4.「Out of Time」  
5.「Alibi」  
6.「Shallow」(radio edit)  
7.「Music to My Eyes」  
8.「Diggin' My Grave」  
9.「Always Remember Us This Way」  
10.「Look What I Found」  
11.「Heal Me」  
12.「I Don't Know What Love Is」  
13.「Is That Alright?」  
14.「Why Did You Do That?」  
15.「Hair Body Face」  
16.「Before I Cry」  
17.「Too Far Gone」  
18.「I'll Never Love Again」(film version) (radio edit)  
19.「I'll Never Love Again」(extended version) (radio edit)  
合計時間:

備考

  • ^[a] – アディショナル・ヴォーカル・プロダクション
  • ^[b] – アディショナル・プロダクション
  • ^[c] – メイン&アディショナル・プロダクション
  • ^[d] – ヴォーカル・プロダクション

チャート 編集

チャート (2018) 最高
順位
Argentinian Albums (CAPIF)[53] 3
オーストラリア (ARIA)[54] 1
オーストリア (Ö3 Austria)[55] 2
ベルギー (Ultratop Flanders)[56] 4
ベルギー (Ultratop Wallonia)[57] 4
カナダ (Billboard)[58] 1
Croatia International Albums (HDU)[59] 1
チェコ (ČNS IFPI)[60] 1
デンマーク (Hitlisten)[61] 38
オランダ (MegaCharts)[62] 3
Estonian Albums (IFPI)[63] 1
フィンランド (Suomen virallinen lista)[64] 5
フランス (SNEP)[65] 5
ドイツ (Offizielle Top 100)[66] 5
Greek Albums (IFPI Greece)[67] 1
ハンガリー (MAHASZ)[68] 13
Icelandic Albums (Tonlist)[69] 2
Irish Albums (OCC)[70] 1
イタリア (FIMI)[71] 4
日本 (オリコン)[72] 52
Japanese International Albums (Oricon)[73] 11
ニュージーランド (RMNZ)[49] 1
ノルウェー (VG-lista)[74] 1
ポーランド (ZPAV)[75] 32
ポルトガル (AFP)[76] 2
スコットランド (OCC)[40] 1
Slovak Albums (ČNS IFPI)[77] 1
South African Albums (RiSA)[78] 8
韓国 (Gaon)[79] 37
South Korean International Albums (Gaon)[80] 1
スペイン (PROMUSICAE)[81] 2
Swedish Compilation (Sverigetopplistan)[82] 1
スイス (Schweizer Hitparade)[83] 1
UK アルバムズ (OCC)[84] 1
UK Soundtrack Albums (OCC)[85] 1
US Billboard 200[86] 1
US Soundtrack Albums (Billboard)[87] 1
US Top Tastemaker Albums (Billboard)[88] 1

認定と売り上げ 編集

国/地域 認定 認定/売上数
オーストラリア (ARIA)[89] 3× Platinum 210,000 
フランス (SNEP)[90] Gold 50,000 
ニュージーランド (RMNZ)[91] 3× Platinum 45,000 
韓国 3,432[92]
イギリス (BPI)[93] 2× Platinum 600,000 
アメリカ合衆国 (RIAA)[94] 2× Platinum 1,148,000 

* 認定のみに基づく売上数
^ 認定のみに基づく出荷枚数

発売史 編集

地域 日付 フォーマット レーベル Ref.
多数 2018年10月5日 インタースコープ [95]
日本 2018年11月7日
  • デジタルダウンロード
  • CD
  • LP
[96]
フランス 2018年12月14日
  • Deluxe CD
  • double vinyl
  • 3 posters
[97]

参考文献 編集

  1. ^ a b Reed, Ryan (2018年8月30日). “Lady Gaga, Bradley Cooper Detail 'A Star Is Born' Soundtrack”. Rolling Stone. 2018年9月2日閲覧。
  2. ^ Fleming Jr, Mike (2015年3月24日). “Bradley Cooper To Make Directing Debut, Hopes To Star With Beyonce In 'A Star Is Born' For Warner Bros”. http://deadline.com/2015/03/bradley-cooper-beyonce-a-star-is-born-directing-debut-warner-bros-1201381195/ 2015年4月5日閲覧。 
  3. ^ Fleming Jr, Mike (2016年8月16日). “'A Star Is Born' Gets Warner Bros Green Light; Bradley Cooper Directs, Stars With Lady Gaga”. オリジナルの2016年8月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160817131751/http://deadline.com/2016/08/bradley-cooper-lady-gaga-a-star-is-born-warner-bros-remake-1201804358/ 2016年8月17日閲覧。 
  4. ^ a b Rao, Sonia (2018年8月30日). “What we know about the lengthy ‘A Star Is Born’ soundtrack, like its copious amount of Bradley Cooper”. The Washington Post. 2018年9月6日閲覧。
  5. ^ Kaufman, Amy (2018年8月30日). “Lady Gaga on letting go for 'A Star Is Born' and what Bradley Cooper insisted she do before filming”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/movies/la-ca-mn-sneaks-lady-gaga-star-is-born-20180830-story.html 2018年9月6日閲覧。 
  6. ^ a b c d Nolfi, Joey (2017年12月6日). “Get to know the songwriters behind Lady Gaga's A Star Is Born”. Entertainment Weekly. https://ew.com/movies/lady-gaga-a-star-is-born-music-songwriters/ 2018年9月6日閲覧。 
  7. ^ a b c Stack, Tim (2018年8月11日). “Inside the creation of the thrilling new A Star Is Born soundtrack”. Entertainment Weekly. https://ew.com/movies/2018/08/11/a-star-is-born-soundtrack/ 2018年9月6日閲覧。 
  8. ^ Betts, Stephen (2017年12月6日). “Jason Isbell, Lukas Nelson Songs to Appear in Lady Gaga's 'A Star Is Born'”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/music/music-country/jason-isbell-lukas-nelson-songs-to-appear-in-lady-gagas-a-star-is-born-197184/ 2018年9月6日閲覧。 
  9. ^ Greene, Andy (2018年4月4日). “Lukas Nelson Talks Writing With Lady Gaga, Gigging With Neil Young”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/music/music-features/lukas-nelson-talks-writing-with-lady-gaga-gigging-with-neil-young-629586/ 2018年9月6日閲覧。 
  10. ^ Finn, Timothy (2018年2月2日). “He’s worked with Neil Young, Gaga and his dad, Willie Nelson. Now he’s coming to KC”. The Kansas City Star. http://www.kansascity.com/entertainment/ent-columns-blogs/back-to-rockville/article198149869.html 2018年4月5日閲覧。 
  11. ^ Stephens, Samantha (2017年9月18日). “How Lady Gaga Brought Lukas Nelson and Promise of the Real’s "Find Yourself" to Life”. CMT. http://www.cmt.com/news/1786617/how-lady-gaga-brought-lukas-nelson-and-promise-of-the-reals-find-yourself-to-life/ 2018年4月5日閲覧。 
  12. ^ @Interscope (2018年8月30日). "#AStarIsBornSoundtrack features 19 songs in a wide range of musical styles + 15 dialogue tracks that will take you on a journey that mirrors the experience of seeing the film. Pre-order the music from the film now, out Oct. 5. smarturl.it/ASIBSoundtrack @StarIsBornMovie #AStarIsBorn". X(旧Twitter)より2018年9月3日閲覧
  13. ^ Balancia, Donna (2018年9月25日). “REVIEW: Lady Gaga and Bradley Cooper Let the Music Shine in 'A Star Is Born'”. http://californiarocker.com/2018/09/25/review-lady-gaga-and-bradley-cooper-let-the-music-shine-in-a-star-is-born/ 2018年9月25日閲覧。 
  14. ^ Radio 2 New Music: A List: November 24, 2018”. BBC Radio 2. 2018年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月22日閲覧。
  15. ^ a b A Star Is Born (Original Motion Picture Soundtrack)”. Metacritic. 2018年10月11日閲覧。
  16. ^ a b Thomas Erlewine, Stephen (2018年10月5日). “Lady Gaga / Bradley Cooper - A Star Is Born [Original Motion Picture Soundtrack”]. AllMusic. https://www.allmusic.com/album/a-star-is-born-original-motion-picture-soundtrack-mw0003206483 2018年10月5日閲覧。 
  17. ^ a b McCormick, Neil (2018年10月5日). “Lady Gaga & Bradley Cooper: A Star Is Born soundtrack, review: an enjoyable but very peculiar album”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/music/what-to-listen-to/lady-gaga-bradley-cooper-star-born-soundtrack-review-enjoyable/ 2018年10月15日閲覧。 
  18. ^ a b Beaumont-Thomas, Ben (2018年10月5日). “A Star Is Born soundtrack review – instant classics full of Gaga's emotional might”. The Guardian. https://www.theguardian.com/music/2018/oct/05/a-star-is-born-soundtrack-review-lady-gaga-bradley-cooper 2018年10月5日閲覧。 
  19. ^ a b Reilly, Nick (8 October 2018). "'A Star Is Born' – soundtrack review". NME. 2018年10月8日閲覧
  20. ^ Fitzmaurice, Larry (2018年10月8日). “Lady Gaga / Bradley Cooper - A Star Is Born Original Motion Picture Soundtrack”. Pitchfork. 2018年10月8日閲覧。
  21. ^ a b Spannos, Brittany (2018年10月5日). “Review: Lady Gaga and Bradley Cooper Shine Bright on the ‘A Star Is Born’ Soundtrack”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/music/music-album-reviews/review-lady-gaga-and-bradley-cooper-shine-bright-on-the-a-star-is-born-soundtrack-733184/ 2018年10月5日閲覧。 
  22. ^ a b Winograd, Jeremy (2018年10月10日). “A Star Is Born Original Soundtrack”. Slant Magazine. 2018年10月11日閲覧。
  23. ^ Kennedy, Mark (2018年10月4日). “Review: 'A Star Is Born' soundtrack is a five-star marvel”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/entertainment/music/review-a-star-is-born-soundtrack-is-a-five-star-marvel/2018/10/04/6956aef2-c7e2-11e8-9c0f-2ffaf6d422aa_story.html 2018年10月4日閲覧。 
  24. ^ Caulfield, Keith (14 October 2018). "Lady Gaga & Bradley Cooper's 'A Star Is Born' Soundtrack Debuts at No. 1 on Billboard 200 Albums Chart". Billboard. 2018年10月15日閲覧
  25. ^ Caulfield, Keith (21 October 2018). "'A Star Is Born' Soundtrack Spends Second Week at No. 1 on Billboard 200 Chart". Billboard. 2018年10月21日閲覧
  26. ^ Caulfield, Keith (28 October 2018). "'A Star Is Born' Soundtrack Earns Third Week at No. 1 on Billboard 200 Chart, Future & Juice WRLD Debut at No. 2". Billboard. 2018年10月28日閲覧
  27. ^ Caulfield, Keith (4 November 2018). "Andrea Bocelli Earns First No. 1 Album on Billboard 200 Chart With 'Si'". Billboard. 2018年11月4日閲覧
  28. ^ Tuch, Paul (2018年10月15日). “A Star Is Reborn At No. 1 On This Week's Albums Chart”. FYIMusicNews. 2018年10月15日閲覧。
  29. ^ Tuch, Paul (2018年10月22日). “Rap Dominates This Week's Chart, But A Star Is Born Remains No. 1”. FYIMusicNews. 2018年10月22日閲覧。
  30. ^ Tuch, Paul (2018年10月29日). “Ginette Reno, Arkells Debut With Strong Numbers On This Week's Chart”. FYIMusicNews. 2018年10月29日閲覧。
  31. ^ Tuch, Paul (2018年11月5日). “Tory Lanez Releases 2nd Hit Album In Seven Month Stretch”. FYIMusicNews. 2018年11月5日閲覧。
  32. ^ Tuch, Paul (2018年11月12日). “Queen Places Five Albums In This Week's Top 200”. FYIMusicNews. 2018年11月12日閲覧。
  33. ^ Myers, Justin (2018年10月12日). “Lady Gaga tops Official Albums Chart for fourth time thanks to A Star Is Born”. Official Charts Company. https://www.officialcharts.com/chart-news/lady-gaga-tops-official-albums-chart-for-fourth-time-thanks-to-a-star-is-born__24436/ 2018年10月12日閲覧。 
  34. ^ Jones, Alan (12 October 2018). "Charts analysis: A Star Is Born races to No.1". Music Week. 2018年10月12日閲覧
  35. ^ Jess Glynne scores second Number 1 album with Always In Between”. Official Charts Company (2018年10月19日). 2018年10月21日閲覧。
  36. ^ Jones, Alan (20 October 2018). "Charts analysis: Jess Glynne sophomore album races to No.1". Music Week. 2018年10月22日閲覧
  37. ^ Myers, Justin (2018年10月26日). “Lady Gaga and Bradley Cooper score the Official Chart double as Shallow becomes Gaga's fifth UK Number 1”. Official Charts Company. 2018年10月27日閲覧。
  38. ^ Jones, Alan (26 October 2018). "Charts analysis: A Star Is Reborn on albums chart". Music Week. 2018年10月27日閲覧
  39. ^ Mapstone, Lucy (2018年10月12日). “Lady Gaga and Bradley Cooper top charts with A Star Is Born soundtrack”. Irish Independent. 2018年10月13日閲覧。
  40. ^ a b "Official Scottish Albums Chart Top 100". Official Charts Company. 2018年10月13日閲覧。
  41. ^ White, Jack (2018年10月12日). “The A Star Is Born soundtrack bests Twenty One Pilots for Official Irish Albums Chart Number 1”. Official Charts Company. https://www.officialcharts.com/chart-news/the-a-star-is-born-soundtrack-bests-twenty-one-pilots-for-official-irish-albums-chart-number-1__24433/ 2018年10月12日閲覧。 
  42. ^ White, Jack (2018年10月26日). “Lady Gaga & Bradley Cooper's A Star Is Born holds at Number 1, Dua Lipa returns to Top 3 on the Official Irish Albums Chart”. Official Charts Company. https://www.officialcharts.com/chart-news/lady-gaga-bradley-coopers-a-star-is-born-holds-at-number-1-dua-lipa-returns-to-top-3-on-the-official-irish-albums-chart__24566/ 2018年10月27日閲覧。 
  43. ^ Ruelle, Yohann (2018年10月15日). “Top Albums : Trois Cafés Gourmands détrône Mylène Farmer, Angèle devant Lady Gaga” (フランス語). PureBreak Charts. 2018年10月15日閲覧。
  44. ^ Ruelle, Yohann (2018年10月29日). “Top Albums : Johnny Hallyday entre dans l'histoire et fait le triplé, SCH dans le top 5” (フランス語). PureBreak Charts. 2018年10月29日閲覧。
  45. ^ Ruelle, Yohann (2018年11月7日). “Top Albums : Johnny Hallyday en tête devant Jenifer, la frénésie Queen démarre” (フランス語). PureBreak Charts. 2018年11月7日閲覧。
  46. ^ Ryan, Gavin (2018年10月14日). “Australian Albums : twenty one pilots 'Trench' Lands At No 1”. Noise11. 2018年10月27日閲覧。
  47. ^ A Star Is Born Jumps To #1”. Australian Recording Industry Association (2018年10月27日). 2018年10月27日閲覧。
  48. ^ A Star Is Born Soundtrack hits fifth week at #1”. Australian Recording Industry Association (2018年11月24日). 2018年11月25日閲覧。
  49. ^ a b "Charts.org.nz – Soundtrack / Lady Gaga / Bradley Cooper – A Star Is Born". Hung Medien. 2018年10月26日閲覧。
  50. ^ A Star Is Born Soundtrack | Credits”. A Star Is Born. Interscope Records. 2018年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月14日閲覧。
  51. ^ Over the Rainbow: BMI Work #21904915”. BMI. 2018年10月5日閲覧。
  52. ^ A Star Is Born (Without Dialogue)”. Spotify. 2018年10月4日閲覧。
  53. ^ Los discos más vendidos: "TRENCH" de TWENTY ONE PILOTS se quedó con en el primer puesto en la semana del 15 al 21 de Octubre” (ポルトガル語). Diario de Cultura. 2018年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月22日閲覧。
  54. ^ "Australiancharts.com – Soundtrack / Lady Gaga / Bradley Cooper – A Star Is Born". Hung Medien. 2018年10月27日閲覧。
  55. ^ "Austriancharts.at – Soundtrack / Lady Gaga / Bradley Cooper – A Star Is Born" (in German). Hung Medien. 2018年10月24日閲覧。
  56. ^ "Ultratop.be – Soundtrack / Lady Gaga / Bradley Cooper – A Star Is Born" (in Dutch). Hung Medien. 2018年10月12日閲覧。
  57. ^ "Ultratop.be – Soundtrack / Lady Gaga / Bradley Cooper – A Star Is Born" (in French). Hung Medien. 2018年10月12日閲覧。
  58. ^ "Lady Gaga Chart History (Canadian Albums)". Billboard. 2018年10月16日閲覧。
  59. ^ Lista prodaje 45. tjedan 2018” (Croatian). HDU. 2018年11月21日閲覧。
  60. ^ "Czech Albums – Top 100". ČNS IFPI. Note: On the chart page, select 201842 on the field besides the word "Zobrazit", and then click over the word to retrieve the correct chart data. 2018年10月23日閲覧。
  61. ^ "Hitlisten.NU – Album Top-40 Uge 45, 2018". Hitlisten. 2018年11月14日閲覧
  62. ^ "Dutchcharts.nl – Soundtrack / Lady Gaga / Bradley Cooper – A Star Is Born" (in Dutch). Hung Medien. 2018年10月19日閲覧。
  63. ^ Nestor, Siim (2018年10月22日). “EESTI TIPP-40 MUUSIKAS: Lenna kihutas koos nubluga, aga” (Estonian). Eesti Ekspress. https://ekspress.delfi.ee/areen/eesti-tipp-40-muusikas-lenna-kihutas-koos-nubluga-aga?id=84081050 2018年10月29日閲覧。 
  64. ^ "Elokuvamusiikki: A Star Is Born" (in Finnish). Musiikkituottajat – IFPI Finland. 2018年11月11日閲覧。
  65. ^ "Le Top de la semaine : Top Albums (Week 44, 2018)". Syndicat National de l'Édition Phonographique. 2018年11月5日閲覧
  66. ^ "Offiziellecharts.de – Soundtrack – A Star Is Born" (in German). GfK Entertainment Charts. 2018年10月12日閲覧。
  67. ^ Official IFPI Charts Top-75 Albums Sales Chart Εβδομάδα: 46/2018” (Greek). IFPI Greece. 2018年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月26日閲覧。
  68. ^ "Top 40 album DVD és válogatáslemez-lista – 2018. 44. hét" (in Hungarian). MAHASZ. 2018年11月8日閲覧。
  69. ^ Tonlistinn Vika 43 – 2018” (Icelandic). Tonlistinn. 2018年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月31日閲覧。
  70. ^ "Official Irish Albums Chart Top 50". Official Charts Company. 2018年10月12日閲覧。
  71. ^ "Italiancharts.com – Soundtrack / Lady Gaga / Bradley Cooper – A Star Is Born". Hung Medien. 2018年11月20日閲覧。
  72. ^ {{{album}}} ORICON NEWS. oricon ME. 2018年11月14日閲覧。
  73. ^ Oricon Top 50 Western Albums: 2018-11-19” (Japanese). Oricon. 2018年11月14日閲覧。
  74. ^ "Norwegiancharts.com – Soundtrack / Lady Gaga / Bradley Cooper – A Star Is Born". Hung Medien. 2018年11月3日閲覧。
  75. ^ "Oficjalna lista sprzedaży :: OLiS - Official Retail Sales Chart". OLiS. Polish Society of the Phonographic Industry. 2018年10月18日閲覧。
  76. ^ "Portuguesecharts.com – Soundtrack / Lady Gaga / Bradley Cooper – A Star Is Born". Hung Medien. 2018年10月28日閲覧。
  77. ^ Slovak Albums – Top 100”. ČNS IFPI. 2018年10月22日閲覧。 Note: On the chart page, select SK Albums and "201842" on the field besides the word "Zobrazit", and then click over the word to retrieve the correct chart data.
  78. ^ South Africa Top 20” (Afrikaans). Recording Industry of South Africa (2018年11月3日). 2018年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月29日閲覧。
  79. ^ "South Korea Gaon Album Chart". On the page, select "2018.10.14~2018.10.20" to obtain the corresponding chart. Gaon Chart 2018年10月25日閲覧。
  80. ^ "South Korea Gaon International Album Chart". On the page, select "2018.10.07~2018.10.13", then "국외", to obtain the corresponding chart. Gaon Chart 2018年10月18日閲覧。
  81. ^ "Spanishcharts.com – Soundtrack / Lady Gaga / Bradley Cooper – A Star Is Born". Hung Medien. 2018年10月23日閲覧。
  82. ^ Veckolista Samlingar – Vecka 41, 12 oktober 2018” (Swedish). Sverigetopplistan (2018年10月12日). 2018年10月12日閲覧。
  83. ^ "Swisscharts.com – Soundtrack / Lady Gaga / Bradley Cooper – A Star Is Born". Hung Medien. 2018年10月24日閲覧。
  84. ^ "Official Albums Chart Top 100". Official Charts Company. 2018年10月13日閲覧。
  85. ^ "Official Soundtrack Albums Chart Top 50". Official Charts Company. 2018年10月16日閲覧。
  86. ^ "Lady Gaga Chart History (Billboard 200)". Billboard. 2018年10月16日閲覧。
  87. ^ "Lady Gaga Chart History (Soundtrack Albums)". Billboard. 2018年10月16日閲覧。
  88. ^ "Lady Gaga Chart History (Top Tastemaker Albums)". Billboard. 2018年10月26日閲覧。
  89. ^ ARIA Australian Top 50 Albums”. Australian Recording Industry Association (2018年11月19日). 2018年11月17日閲覧。
  90. ^ "French album certifications – Lady Gaga – A Star Is Born Soundtrack" (French). Syndicat National de l'Édition Phonographique. 2018年11月12日閲覧
  91. ^ "New Zealand album certifications – Lady Gaga and Bradley Cooper – A Star Is Born OST". Recorded Music NZ. 2018年11月9日閲覧
  92. ^ 2018년 10월 Album Chart” (Korean). Gaon Music Charts. 2018年11月22日閲覧。
  93. ^ "British album certifications – Motion Picture Cast Recording – A Star Is Born". British Phonographic Industry. 2018年11月2日閲覧 Select albums in the Format field. Select Platinum in the Certification field. Type A Star Is Born in the "Search BPI Awards" field and then press Enter.
  94. ^ "American album certifications – Lady Gaga & Bradley Cooper – A Star Is Born Soundtrack". Recording Industry Association of America. 2018年12月11日閲覧
  95. ^ A Star Is Born – Official store”. Warner Bros.. 2018年9月2日閲覧。
  96. ^ 'A Star Is Born (Movie)' Original Soundtrack” (Japanese). CDJapan. 2018年10月25日閲覧。
  97. ^ A star is born (bof) , Edition limitée capbox deluxe contenant 3 posters, CD + Box” (French). E.Leclerc. 2018年11月21日閲覧。

外部リンク 編集