メインメニューを開く

La Vie en rose」(ラ・ヴィ・アン・ローズ)は、1946年エディット・ピアフ(Édith Piaf)の代表曲。ピアフ作詞、ルイギフランス語版作曲。日本語では「ばら色の人生」の邦題でも知られる。

この歌がヒットした当初、ピアフの同僚や彼女の作曲チームには予想外であったが、観客の人気を集めるようになった。[1]後に、マック・デイヴィッド英語版によって英語詞が作られた。その人気故に、後のアルバムの多くにこの歌が収録された。

また、1998年製作のエディット・ピアフのドキュメンタリーも「La Vie en Rose」と名付けられた。2007年のピアフの伝記映画『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』はピアフのニックネームla Môme(娘、お嬢ちゃん)をタイトルにしていたが、アメリカ公開用に「La Vie en rose」と変えられた。

現在まで、スタンダード・ナンバーとして多くのアーティストにより歌われるようになった。シャルル・トレネの「ラ・メール」と並んでフランスで最も売れた曲と言われている[1]1998年グラミー賞栄誉賞を受賞した。

目次

「La Vie en rose」を歌ったアーティスト編集

「ラ・ヴィ・アン・ローズ」をフィーチャーした映画編集

舞台編集

脚注編集

外部リンク編集