メインメニューを開く

アルファロメオ・185Tは、ジョン・ジェントリーが設計したアルファロメオF1マシンで、1985年シーズンの開幕戦から第8戦まで投入された。

アルファロメオ・185T
リカルド・パトレーゼが駆る予選中の185T、1985年、ニュルブルクリンク
リカルド・パトレーゼが駆る予選中の185T、1985年、ニュルブルクリンク
カテゴリー F1
コンストラクター アルファロメオ
デザイナー マリオ・トレンティーノ
ジョン・ジェントリー
先代 184T
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) コイル, ウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) コイル, ウィッシュボーン, プッシュロッド
トレッド 前: 1,810 mm (71 in)
後: 1,680 mm (66 in)
ホイールベース 2,720 mm (107.1 in)
エンジン アルファロメオ・890T, 1,496 cc (91.3 cu in), 90° V8, t/c, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション アルファロメオ / ヒューランド 6速 マニュアル
重量 550 kg (1,212.5 lb)[2]
燃料 アジップ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ベネトン チーム・アルファロメオ
ドライバー 22. イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ
23. アメリカ合衆国の旗 エディ・チーバー
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1985年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
8 0 0 0
テンプレートを表示

目次

185T編集

スペック編集

シャーシ編集

エンジン編集

  • エンジン名 アルファロメオ890T
  • 気筒数・角度 V型8気筒ターボ・90度
  • 排気量 1,497cc
  • 燃料・潤滑油 アジップ

成績編集

エディ・チーバーが第4戦モナコGPで予選4位につくものの、エンジントラブルに泣かされ、リカルド・パトレーゼと共に決勝最高位が9位という不本意の成績に終わった。第9戦以降は前年型の184Tが使用された。

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1985 185T BRA
 
POR
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
BEL
 
ESP
 
EUR
 
RSA
 
AUS
 
0 -
22  パトレーゼ Ret Ret Ret Ret 10 Ret 11 9
23   チーバー Ret Ret Ret Ret 17 9 10 Ret

参照編集

  1. ^ Alfa Romeo 185T @ StatsF1”. Statsf1.com. 2012年2月20日閲覧。
  2. ^ Alfa Romeo”. gaffersports.com. 2008年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月5日閲覧。