メインメニューを開く
1987年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 1986 翌年: 1988
一覧: 開催国 | 開催レース

1987年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第38回大会である。ブラジルジャカレパグア・サーキットで開幕し、最終戦のオーストラリアアデレード市街地コースまで、全16戦で争われた。

目次

シーズン概要編集

「4強+1」編集

 
ダブルタイトルを獲得したウィリアムズFW11B・ホンダ(ネルソン・ピケ車)
 
マクラーレンMP4/3・TAGポルシェ(アラン・プロスト車)
 
ロータス99T・ホンダ(中嶋悟車)
 
アロウズA10B・メガトロン(エディ・チーヴァー車)
 
リジェJS29・メガトロン(ルネ・アルヌー車)

翌年にターボ(過給)エンジン世代最後のシーズンを迎える事もあり、レギュレーションによりターボ車は積載燃料が195リッター、FIAより支給・装着が義務づけられたポップオフバルブにより、過給圧は4バールに制限された。反対にNA(自然吸気)エンジンの排気量が3,500ccに引き上げられ、性能の格差縮小が図られた。一足先にNAエンジンへ転向するチームもあったが、上位チームは全てターボエンジン搭載車で占められていた。

シーズン序盤戦はマクラーレンTAGポルシェアラン・プロストロータスホンダアイルトン・セナが2勝を分け合いポイント争いをリード。中盤戦以降は連勝したウィリアムズ・ホンダのネルソン・ピケナイジェル・マンセルのほぼ一騎討ちという様相を見せた。マンセルがポールポジション8回・優勝6回と最速ながらリタイアも多かったのに比べ、ピケは優勝3回ながら2位7回という安定感でポイントリードを広げた。

ドライバーズタイトル争いはシーズン終盤までもつれ、マンセルが連勝すれば逆転の可能性もあった。だが、日本GPの予選でマンセルがクラッシュし同レースを欠場することが決まったことで、自動的にピケの1981年1983年に続く3度目のドライバーズタイトルが決定した。

プロストはポルトガルGPジャッキー・スチュワートのF1最多勝記録を16年ぶりに更新する通算28勝目を挙げた。日本GPではゲルハルト・ベルガーフェラーリにとって2年半ぶりの優勝を遂げ、「4強(プロスト、セナ、ピケ、マンセル)+1(ベルガー)」の時代を迎えた。

ホンダエンジンの活躍編集

前年に安定したパフォーマンスを見せたホンダエンジン搭載車がこの年も強さを見せ、ウィリアムズとロータスの両チーム併せて11勝を挙げた他、イギリスGPでは初の決勝1〜4位独占(マンセル、ピケ、セナ、中嶋)、イタリアGPでは決勝1〜3位(ピケ、セナ、マンセル)を達成する等、表彰台の常連となった。ウィリアムズは前年の傑作マシン、FW11を熟成させたFW11Bで9勝を挙げ、シーズンを圧倒。2位に61点差をつけてコンストラクターズタイトルを連覇した。

ロータスはアクティブサスペンションの熟成に手間取りながらも、セナが得意とする公道コース(モナコGPアメリカGP)で2勝を挙げた他、中嶋もデビューイヤーの上にアクティブサスペンションやエンジンを起因とする多くのマシントラブルに襲われたほか、予選では中段に沈むことが多かったにもかかわらず、シーズン当初から堅実にポイントを稼いだ。

この様にホンダエンジンとウィリアムズとのコンビは活躍を見せたものの、イタリアGP期間中に、ホンダは翌1988年のエンジン供給先はロータスとマクラーレンとなることを発表した。1984年以降続いたウィリアムズとの契約は、1年を残して打ち切られることとなった[1][2]

アクティブサスペンション編集

車体姿勢を油圧制御で保持するアクティブサスペンションが本格的に実戦投入された。ロータス(シーズン全戦)とウィリアムズ(イタリアGP・ポルトガルGP)が使用し計3勝を挙げたが、システムの重量や信頼性など熟成不足による課題も多く、ウィリアムズがわずか2戦のみしか使用しなかったように、この時点では他チームに普及するまでに至らなかった。

ロータスのセナが得意な市街地コースではいいところも見せたものの、油圧が抜けて亀の子状態になるケースや、コンピューターのトラブルで4輪がそれぞれ別の方向に動くなどのトラブル(両方ともロータスの中嶋)が起き、結局ロータスはこの年限りで、ウィリアムズも翌年中盤に従来のパッシブサスペンションに戻した。

中堅チーム編集

ベネトンBMWからフォードのターボエンジンにスイッチし、優勝こそなかったもののベテランのティエリー・ブーツェンテオ・ファビのコンビが安定した戦闘力を見せ、3位表彰台2回を獲得した。翌年以降、フォードからワークス待遇でエンジン供給を受けることになる。

アロウズブラバムリジェなどの中堅チームも全てターボエンジンを搭載し、デレック・ワーウィックエディ・チーバールネ・アルヌーリカルド・パトレーゼアンドレア・デ・チェザリスピエルカルロ・ギンザーニなどの高い経験値を持つドライバーを擁した。

上位チームがリタイアしたレース(第3戦ベルギーGP・第14戦メキシコGP)でブラバムが3位表彰台2回を獲得するほか、予選では中嶋やヨハンソンを食うことも多かったが、シーズン全般的には3チームともに速さ、信頼性が不足しており、上位チームを脅かすまでには至らなかった(ブラバム:入賞3回・獲得ポイント数10 アロウズ:入賞6回・獲得ポイント11 リジェ:入賞1回・獲得ポイント1)。特にこの年低迷したリジェは、そのまま低迷期を迎えることとなった。

下位チーム編集

ミナルディザクスピードオゼッラなどの、ターボエンジンを搭載するものの下位を定位置とするチームも参戦を続け、ミナルディのアレッサンドロ・ナニーニなどの翌年以降他チームで開花する若手ドライバーが光るところを見せたものの、速さや信頼性不足のためにいずれもポイント獲得はならなかった。

自然吸気エンジン向けタイトル編集

なお、1987年の1年限りの実施であったものの、自然吸気エンジンを使用するチームとドライバーを対象とした別規定賞典として「ジム・クラーク・トロフィ」(ドライバー向け)と「コーリン・チャップマン・トロフィ」(コンストラクターズ向け)が制定されている。これは、1989年からの過給禁止レギュレーションへの準備段階として、先に自然吸気エンジンを使用するチームとドライバーへの救済措置であったが、翌年は両者の性能差が少なくなった為に実施されなかった。

なお、ジム・クラーク・トロフィは安定した走りで数回ポイント圏に食い込んだティレルジョナサン・パーマーが、コーリン・チャップマン・トロフィはマーチラルース・カルメルAGSなどとの戦いを制したティレルが獲得した。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース 開催日 開催地 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
1   ブラジルグランプリ 4月12日 ジャカレパグア   ナイジェル・マンセル   ネルソン・ピケ   アラン・プロスト   マクラーレン-TAG 詳細
2   サンマリノグランプリ 5月3日 イモラ   アイルトン・セナ   テオ・ファビ   ナイジェル・マンセル   ウィリアムズ-ホンダ 詳細
3   ベルギーグランプリ 5月17日 スパ・フランコルシャン   ナイジェル・マンセル   アラン・プロスト   アラン・プロスト   マクラーレン-TAG 詳細
4   モナコグランプリ 5月31日 モナコ   ナイジェル・マンセル   アイルトン・セナ   アイルトン・セナ   ロータス-ホンダ 詳細
5   デトロイトグランプリ 6月21日 デトロイト   ナイジェル・マンセル   アイルトン・セナ   アイルトン・セナ   ロータス-ホンダ 詳細
6   フランスグランプリ 7月5日 ポール・リカール   ナイジェル・マンセル   ネルソン・ピケ   ナイジェル・マンセル   ウィリアムズ-ホンダ 詳細
7   イギリスグランプリ 7月12日 シルバーストン   ネルソン・ピケ   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル   ウィリアムズ-ホンダ 詳細
8   ドイツグランプリ 7月26日 ホッケンハイムリンク   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル   ネルソン・ピケ   ウィリアムズ-ホンダ 詳細
9   ハンガリーグランプリ 8月9日 ハンガロリンク   ナイジェル・マンセル   ネルソン・ピケ   ネルソン・ピケ   ウィリアムズ-ホンダ 詳細
10   オーストリアグランプリ 8月16日 エステルライヒリンク   ネルソン・ピケ   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル   ウィリアムズ-ホンダ 詳細
11   イタリアグランプリ 9月6日 モンツァ   ネルソン・ピケ   アイルトン・セナ   ネルソン・ピケ   ウィリアムズ-ホンダ 詳細
12   ポルトガルグランプリ 9月20日 エストリル   ゲルハルト・ベルガー   ゲルハルト・ベルガー   アラン・プロスト   マクラーレン-TAG 詳細
13   スペイングランプリ 9月27日 ヘレス   ネルソン・ピケ   ゲルハルト・ベルガー   ナイジェル・マンセル   ウィリアムズ-ホンダ 詳細
14   メキシコグランプリ 10月18日 メキシコシティ   ナイジェル・マンセル   ネルソン・ピケ   ナイジェル・マンセル   ウィリアムズ-ホンダ 詳細
15   日本グランプリ 11月1日 鈴鹿   ゲルハルト・ベルガー   アラン・プロスト   ゲルハルト・ベルガー   フェラーリ 詳細
16   オーストラリアグランプリ 11月15日 アデレード   ゲルハルト・ベルガー   ゲルハルト・ベルガー   ゲルハルト・ベルガー   フェラーリ 詳細

エントリーリスト編集

エントラント コンストラクタ シャシー エンジン タイヤ ドライバー
  マールボロ・マクラーレン・インターナショナル マクラーレン MP4/3 TAG TTE PO1(V6ターボ)(ポルシェ) G 1. アラン・プロスト
2. ステファン・ヨハンソン
  データ・ジェネラル・チーム・ティレル ティレル DG016 フォードDFZ(V8) G 3. ジョナサン・パーマー
4. フィリップ・ストレイフ
  キヤノン・ウィリアムズ・ホンダ・チーム ウィリアムズ FW11B ホンダRA167E(V6ターボ) G 5. ナイジェル・マンセル
(5.) リカルド・パトレーゼ
6. ネルソン・ピケ 
  モーターレーシング・ディベロップメント ブラバム BT56 BMW M12/13/1(直4ターボ) G 7. リカルド・パトレーゼ
(7.) ステファノ・モデナ
8. アンドレア・デ・チェザリス
  ウェスト・ザクスピード・レーシング ザクスピード 861B
871
ザクスピード F1[3](直4ターボ) G 9. マーティン・ブランドル
10. クリスチャン・ダナー
  キャメル・チーム・ロータス・ホンダ ロータス 99T ホンダRA167E(V6ターボ) G 11. 中嶋悟
12. アイルトン・セナ
  チーム・El Charro・AGS AGS JH22 フォードDFZ(V8) G 14. パスカル・ファブル
(14.) ロベルト・モレノ
  レイトンハウス・マーチ・レーシングチーム マーチ 87P
871
フォードDFZ(V8) G 16. イヴァン・カペリ
  USF&G・アロウズ・メガトロン アロウズ A10 メガトロン(BMW)M12/13(直4ターボ) G 17. デレック・ワーウィック
18. エディ・チーバー
  ベネトン・フォーミュラLtd ベネトン B187 フォードGBA(V6ターボ) G 19. テオ・ファビ
20. ティエリー・ブーツェン
  ステバーニ・オゼッラ・スクアドラ・コルセ オゼッラ FA1F
FA1G
FA1H
アルファロメオ890T(V8ターボ) G 21. アレックス・カフィ
22. ガブリエル・タルキーニ
(22.) フランコ・フォリーニ
  ミナルディチームSpA ミナルディ M187 モトーリ・モデルニ615-90(V6ターボ) G 23. エイドリアン・カンポス
24. アレッサンドロ・ナニーニ
  リジェ・ロト リジェ JS29B
JS29C
メガトロン(BMW)M12/13(直4ターボ) G 25. ルネ・アルヌー
26. ピエルカルロ・ギンザーニ
  スクーデリア・フェラーリSpA SEFAC フェラーリ F187 フェラーリTipo033D(V6ターボ) G 27. ミケーレ・アルボレート
28. ゲルハルト・ベルガー
  ラルース・カルメル ローラ LC87 フォードDFZ(V8) G 29. ヤニック・ダルマス
30. フィリップ・アリオー
  エンツォ・コローニ・レーシングカー・システム コローニ FC187 フォードDFZ(V8) G 32. ニコラ・ラリーニ

1987年のドライバーズランキング編集

ドライバーズポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。ベスト11戦がポイントランキングに数えられた。

順位 ドライバー BRA
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
MEX
 
JPN
 
AUS
 
ポイント[4]
1   ネルソン・ピケ 2 DNS Ret 2 2 2 2 1 1 2 1 3 4 2 15 Ret 73 (76)
2   ナイジェル・マンセル 6 1 Ret Ret 5 1 1 Ret 14 1 3 Ret 1 1 DNS 61
3   アイルトン・セナ Ret 2 Ret 1 1 4 3 3 2 5 2 7 5 Ret 2 DSQ 57
4   アラン・プロスト 1 Ret 1 9 3 3 Ret 7 3 6 15 1 2 Ret 7 Ret 46
5   ゲルハルト・ベルガー 4 Ret Ret 4 4 Ret Ret Ret Ret Ret 4 2 Ret Ret 1 1 36
6   ステファン・ヨハンソン 3 4 2 Ret 7 8 Ret 2 Ret 7 6 5 3 Ret 3 Ret 30
7   ミケーレ・アルボレート 8 3 Ret 3 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 15 Ret 4 2 17
8   ティエリー・ブーツェン 5 Ret Ret Ret Ret Ret 7 Ret 4 4 5 14 16 Ret 5 3 16
9   テオ・ファビ Ret Ret Ret 8 Ret 5 6 Ret Ret 3 7 4 Ret 5 Ret Ret 12
10   エディ・チーバー Ret Ret 4 Ret 6 Ret Ret Ret 8 Ret Ret 6 8 4 9 Ret 8
11   ジョナサン・パーマー 10 Ret Ret 5 11 7 8 5 7 14 14 10 Ret 7 8 4 7
12   中嶋悟 7 6 5 10 Ret NC 4 Ret Ret 13 11 8 9 Ret 6 Ret 7
13   リカルド・パトレーゼ Ret 9 Ret Ret 9 Ret Ret Ret 5 Ret Ret Ret 13 3 11 9 6
14   アンドレア・デ・チェザリス Ret Ret 3 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 8 4
15   フィリップ・ストレイフ 11 8 9 Ret Ret 6 Ret 4 9 Ret 12 12 7 8 12 Ret 4
16   デレック・ワーウィック Ret 11 Ret Ret Ret Ret 5 Ret 6 Ret Ret 13 10 Ret 10 Ret 3
17   フィリップ・アリオー 10 8 Ret Ret Ret Ret 6 Ret 12 Ret Ret 6 6 Ret Ret 3
18   マーティン・ブランドル Ret 5 Ret 7 Ret Ret NC NC Ret DSQ Ret Ret 11 Ret Ret Ret 2
19   イヴァン・カペリ DNS Ret Ret 6 Ret Ret Ret Ret 10 11 13 9 12 Ret Ret Ret 1
20   ルネ・アルヌー DNS 6 11 10 Ret Ret Ret Ret 10 10 Ret Ret Ret Ret Ret 1
21   ロベルト・モレノ Ret 6 1
-   ヤニック・ダルマス 9 14 5 0*
-   クリスチャン・ダナー 9 7 Ret EX 8 Ret Ret Ret Ret 9 9 Ret Ret Ret Ret 7 0
-   ピエルカルロ・ギンザーニ Ret 7 12 Ret Ret DSQ Ret 12 8 8 Ret Ret Ret 13 Ret 0
-   パスカル・ファブル 12 13 10 13 12 9 9 Ret 13 NC DNQ DNQ Ret DNQ 0
-   アレッサンドロ・ナニーニ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 11 Ret 16 11 Ret Ret Ret Ret 0
-   アレックス・カフィ Ret 12 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret DNQ Ret Ret DNQ 0
-   エイドリアン・カンポス DSQ Ret Ret DNS Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 14 Ret Ret Ret 0
-   フランコ・フォリーニ Ret Ret DNQ 0
-   ニコラ・ラリーニ DNQ Ret 0
-   ガブリエル・タルキーニ Ret 0
-   ステファノ・モデナ Ret 0
順位 ドライバー BRA
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
MEX
 
JPN
 
AUS
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)

ジム・クラーク・トロフィー編集

  • 自然吸気エンジンのドライバーズタイトル
順位 ドライバー BRA
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
MEX
 
JPN
 
AUS
 
ポイント
1   ジョナサン・パーマー 1 Ret DNS 1 1 2 1 2 1 3 3 2 Ret 2 1 1 95
2   フィリップ・ストレイフ 2 1 2 Ret Ret 1 Ret 1 2 Ret 1 3 2 3 2 Ret 74
3   フィリップ・アリオー 2 1 Ret Ret Ret Ret 3 Ret 2 Ret Ret 1 1 Ret Ret 43
4   イヴァン・カペリ DNS Ret Ret 2 Ret Ret Ret Ret 3 1 2 1 3 Ret Ret Ret 38
5   パスカル・ファブル 3 3 3 3 2 3 2 Ret 4 NC DNQ DNQ Ret DNQ 35
6   ロベルト・モレノ Ret 3 4
-   ヤニック・ダルマス 4 3 2 0*
-   ニコラ・ラリーニ DNQ Ret 0
順位 ドライバー BRA
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
MEX
 
JPN
 
AUS
 
ポイント

*ポイント無効(ローラはコンストラクターズタイトルに1台しか登録していなかったため、ダルマスのポイントは無効とされた)

1987年のコンストラクターズランキング編集

コンストラクターズポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。ドライバーズタイトルとは異なり全戦がカウントされた。

順位 コンストラクター 車番 BRA
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
MEX
 
JPN
 
AUS
 
ポイント
1   ウィリアムズ-ホンダ 5 6 1 Ret Ret 5 1 1 Ret 14 1 3 Ret 1 1 DNS 9 137
6 2 DNS Ret 2 2 2 2 1 1 2 1 3 4 2 15 Ret
2   マクラーレン-TAG 1 1 Ret 1 9 3 3 Ret 7 3 6 14 1 2 Ret 7 Ret 76
2 3 4 2 Ret 7 8 Ret 2 Ret 7 6 5 3 Ret 3 Ret
3   ロータス-ホンダ 11 7 6 5 10 Ret NC 4 Ret Ret 13 11 8 9 Ret 6 Ret 64
12 Ret 2 Ret 1 1 4 3 3 2 5 2 7 5 Ret 2 DSQ
4   フェラーリ 27 8 3 Ret 3 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 15 Ret 4 2 53
28 4 Ret Ret 4 4 Ret Ret Ret Ret Ret 4 2 Ret Ret 1 1
5   ベネトン-フォード 19 Ret Ret Ret 8 Ret 5 6 Ret Ret 3 7 4 Ret 5 Ret Ret 28
20 5 Ret Ret Ret Ret Ret 7 Ret 4 4 5 14 16 Ret 5 3
6   ティレル-フォード 3 10 Ret Ret 5 11 7 8 5 7 14 14 10 Ret 7 8 4 11
4 11 8 9 Ret Ret 6 Ret 4 9 Ret 12 12 7 8 12 Ret
7   アロウズ-メガトロン 17 Ret 8 Ret Ret Ret Ret 5 Ret 6 Ret Ret 13 10 Ret 10 Ret 11
18 Ret Ret 4 11 6 Ret Ret Ret 8 Ret Ret 6 8 4 9 Ret
8   ブラバム-BMW 7 Ret 9 Ret Ret 9 Ret Ret Ret 5 Ret Ret Ret 13 3 11 Ret 10
8 Ret Ret 3 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 8
9   ローラ-フォード 29 9 14 5 3
30 10 8 Ret Ret Ret Ret 6 Ret 12 Ret Ret 6 6 Ret Ret
10   ザクスピード 9 Ret 5 Ret 7 Ret Ret NC NC Ret DSQ Ret Ret 11 Ret Ret Ret 2
10 9 7 Ret EX 8 Ret Ret Ret Ret 9 9 DNS Ret Ret Ret 7
11   リジェ-メガトロン 25 DNS 6 11 10 Ret Ret Ret Ret 10 10 Ret Ret Ret Ret 9 1
26 Ret 7 12 Ret Ret DSQ Ret 12 8 8 Ret Ret Ret 13 9
12   AGS-フォード 14 12 13 10 13 12 9 9 Ret 13 NC DNQ DNQ Ret DNQ Ret 6 1
13   マーチ-フォード 16 DNS Ret Ret 6 Ret Ret Ret Ret 10 11 13 9 12 Ret Ret Ret 1
-   ミナルディ-モトーリ・モデルニ 23 DSQ Ret Ret DNS Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 14 Ret Ret Ret 0
24 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 11 Ret 16 11 Ret Ret Ret Ret
-   オゼッラ-アルファロメオ 21 Ret 12 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret DNQ Ret Ret DNQ 0
22 Ret Ret Ret DNQ
-   コローニ-フォード 32 DNQ Ret 0
順位 コンストラクター 車番 BRA
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
MEX
 
JPN
 
AUS
 
ポイント

ローラはコンストラクターズタイトルに1台しか登録していなかったため、ダルマスのポイントは無効とされた。

コーリン・チャップマン・トロフィー編集

  • 自然吸気エンジンのコンストラクターズタイトル
順位 コンストラクター 車番 BRA
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
MEX
 
JPN
 
AUS
 
ポイント
1   ティレル-フォード 3 1 Ret Ret 1 1 2 1 2 1 3 3 2 Ret 2 1 1 169
4 2 1 2 Ret Ret 1 Ret 1 2 Ret 1 3 2 3 2 Ret
2   ローラ-フォード 29 4 3 2 43
30 2 1 Ret Ret Ret Ret 3 Ret 2 Ret Ret 1 1 Ret Ret
3   AGS-フォード 14 3 3 3 3 2 3 2 Ret 4 NC DNQ DNQ Ret DNQ Ret 3 41
4   マーチ-フォード 16 DNS Ret Ret 2 Ret Ret Ret Ret 3 1 2 1 3 Ret Ret Ret 38
-   コローニ-フォード 32 DNQ Ret 0
順位 コンストラクター 車番 BRA
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
MEX
 
JPN
 
AUS
 
ポイント

トピック編集

  • 中嶋悟がロータス・ホンダより日本人初のフル参戦を行なったことや、1977年以来10年ぶりに鈴鹿サーキットで日本GPが開催されたことに併せてフジテレビジョンにより全戦テレビ中継が行なわれたことから、バブル景気に沸く日本において「F1ブーム」が始まることとなった。
  • 中嶋悟のマシンにはシーズンを通じてFOCA映像配信用の車載カメラがテスト的に搭載されたが、重量バランスや空力に大きな悪影響を与える結果となり、その後は空力に悪影響を与えにくい形状の車載カメラを開発することになったほか、車載カメラを搭載しないマシンにも同重量のおもりを搭載することでイコールコンディションに近い状態にすることになった。
  • イギリスGPでは多くのドライバーがマシントラブルでリタイヤする中、中嶋は2周遅れながら4位に入賞し、ホンダの1・2・3・4フィニッシュの一端を担った(同僚のセナも1周遅れの3位に入った)。中嶋はシルバーストーンでF2のレース経験があった為、それまでとは違う「序盤から飛ばして燃費のことは後で考える(本人談)」作戦を採った。中嶋自身のベストラップは最終盤の残り3周のタイミングで記録されたが、ホンダの桜井淑敏は「レース終盤で燃料セーブのためにペースを落としトップのネルソン・ピケに抜かせたことで2周遅れにならなければ、燃料が足りずフィニッシュライン300m手前で止まってしまい完走できなかっただろう」と述べた。
  • オーストリアGPの予選中に鹿が侵入し、ステファン・ヨハンソンが運転するマクラーレンと衝突する事故が発生。決勝ではスタート直後にホームストレートで多重クラッシュが発生し再スタートが行われた。2度目のスタート直後にも同様の事故が起き、再度の再スタートが行われるなど、事故が相次いだ。オーストリアGPはこの年を最後に、1997年まで中断された。
  • 日本のアパレル企業のレイトンハウスが、マーチF1チームのメインスポンサーとなった。なお同社はその後マーチを買収することになる。
  • 新型シャシーの開発が間に合わなかったレイトンハウスは、開幕戦ブラジルGPをF3000シャシーにF1用エンジンを搭載した暫定マシンで出走した。
  • この年デビューした有力選手は中嶋悟、ステファノ・モデナロベルト・モレノ。ベネトンのテオ・ファビはこの年限りでF1から去り、その開発手腕を買われてアメリカのチャンプカー・ワールド・シリーズポルシェエンジンプロジェクトに移ることとなった。
  • この年限りでポルシェとBMWがターボエンジン供給を終了した。ポルシェは上記のようにチャンプカー・ワールド・シリーズのエンジンプロジェクトへと移り、BMWベースのメガトロンターボはアロウズへの供給を翌年も続けた。
  • BMWエンジンを失うこととなったブラバムチームが、この年の最終戦を最後に1989年の開幕戦までの1シーズン活動停止した。
  • この年初めて日本GPを開催することになった鈴鹿サーキットは、F1開催に向けてコースやピットエリア、グランドスタンドの改修を行った上に、大きな問題もなくレース運営を行ったことから、FIAより「ベストオーガナイザー賞」を授与されることとなった。

脚注編集

  1. ^ フジテレビ オフィシャル F1 YEARBOOK 87-88 (初版 ed.). 東京都新宿区河田町: 株式会社フジテレビ出版. (1987-12-21). pp. p.150. ISBN 4-594-00191-2. 
  2. ^ Henry, Alan (1998) (英語). FORMULA 1 THE TURBO ERA. Hazleton Publishing. pp. p.86. ISBN 1-874557-97-7. 
  3. ^ 単にこう呼ばれるが正式名称は無い。(イアン・バムゼイ『世界のレーシングエンジン』三重宗久訳、株式会社グランプリ出版、東京都新宿区、1990年、p.198。ISBN 4-906189-99-7)
  4. ^ ベスト11戦がポイントランキングに数えられた。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

外部リンク編集