メインメニューを開く

アルプス公園(アルプスこうえん)は、長野県松本市蟻ケ崎にある総合公園。園内には山と自然博物館(旧アルプス山岳館)や小さな動物園(小鳥と小動物の森)、アルプスドリームコースターなどがある。国営アルプスあづみの公園との区別のため、通常は「松本アルプス公園」などと呼ばれる。

アルプス公園
AlpsPark
泉小太郎の枝垂桜 - panoramio.jpg
泉小太郎のシダレザクラ
分類 総合公園[1]
所在地
座標 北緯36度15分39.24秒 東経137度57分17.4秒 / 北緯36.2609000度 東経137.954833度 / 36.2609000; 137.954833座標: 北緯36度15分39.24秒 東経137度57分17.4秒 / 北緯36.2609000度 東経137.954833度 / 36.2609000; 137.954833
面積 71.1 ha[1]
開園 1974年
運営者 TOYBOX(指定管理者)[1]
設備・遊具 アルプスドリームコースター、小鳥と小動物の森、山と自然博物館、森の入口休憩所、古民家体験学習施設ほか[3]
駐車場 南入口駐車場(181台)[4]
東入口駐車場(466台)
北入口広場(23台)
アクセス 松本駅からタクシーで15分[5]
松本バスターミナルからバスで20分
事務所 TOYBOX アルプス公園サービスセンター[1]
事務所所在地 〒390-0861
長野県松本市蟻ケ崎2455番地[1]
公式サイト toybox-net.jp/alpspark/
テンプレートを表示

平成19年度に公園が北側に拡張整備され、総面積は約71haと従来より拡大され、新たに東入口駐車場(466台)が整備された。サービスセンターや古民家体験学習施・自然そのままの遊歩道などもこの拡張部にある。

施設編集

遊具としては大きな滑り台や屋外のトランポリン、アスレチックなどがある。

アルプスドリームコースター編集

ボブスレータイプの滑走系有料施設。営業期間は3月から12月。滑降コース630m、登反コース365mの総延長995m。 このタイプの施設では珍しく、スタート地点までソリに乗車したまま戻ってこられるのが特徴である。繁忙期にはかなりの待ち時間を要することも。大人から子供まで楽しめる施設である。携帯電話のバーコードリーダー機能を使用した珍しい販売方法で乗車記念写真の販売も行っており、滑走中に撮影された写真が購入できる。

山と自然博物館編集

  松本市山と自然博物館
 
施設情報
正式名称 松本市山と自然博物館
前身 松本市アルプス山岳館
専門分野 自然
管理運営 松本市
開館 2007年
外部リンク 公式Webサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

登山道具や動物剥製植物標本などを展示する博物館。松本市では1939年昭和14年)、松本記念館(現・松本市立博物館)に山岳室が設置され、1975年(昭和50年)にはアルプス山岳館が開館した。その後、アルプス公園の整備に合わせてアルプス山岳館が建て替えられ、2007年5月3日に「山と自然博物館」として開館した[6]。館内には国土交通省北陸地方整備局松本砂防事務所の無線中継所などを併設した。5階は展望台になっている。

小鳥と小動物の森編集

小鳥と小動物の森は市制施行70年を記念して作られた小さな動物園で、園内にはサルキツネタヌキなどがいる。小鳥も多くおり、インコなどの小鳥の音色を楽しむことができる。

アクセス編集

公共交通機関
松本バスターミナルからアルピコ交通バス「アルプス公園行」で約20分。終点下車。バスの本数は1日2本(松本バスターミナル発10時・14時)と少ない。
自家用自動車
長野自動車道松本インターチェンジから車で25分[7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 松本市アルプス公園 公式ホームページ ご利用案内」(2011年5月20日閲覧)より。
  2. ^ 座標は「電子国土ポータル」(2011年5月20日閲覧)にて取得。
  3. ^ 松本市アルプス公園 公式ホームページ 園内マップ」の「主な施設のご案内」(2011年5月20日閲覧)より。
  4. ^ 印刷用 アルプス公園 園内マップ」(2011年5月20日閲覧)より。
  5. ^ 松本市アルプス公園 公式ホームページ アクセス」(2011年5月20日閲覧)より。
  6. ^ 山と自然博物館 オープン」(2007年5月10日更新、2011年5月20日閲覧)より。
  7. ^ さわやか信州旅.net アルプス公園」(2011年5月20日閲覧)より。

関連項目編集

外部リンク編集