メインメニューを開く

アレキサンダー(アレック)・キャンベル・ベネット(Alexander Campbell Bennett、1970年 - )は、ニュージーランド出身の武道学者京都大学博士カンタベリー大学Ph.D.)。関西大学教授。専門は、日本思想史日本文化論武道学に関する研究。

剣道教士七段、なぎなた五段、居合道五段、銃剣道(五段)、短剣道(五段)、天道流、鹿島神傳直心影流を修行する武道家である。第五回世界なぎなた選手権大会男子個人部準優勝。

目次

来歴編集

クライストチャーチ生まれ。1987年に交換留学生として来日し千葉市立稲毛高校に1年間留学。稲毛高校で剣道と出会う。

1995年にカンタベリー大学文学士(第一等日本語学専攻)、1997年に同大学文学修士課程、2001年に京都大学大学院人間環境学科博士課程修了。京都大学に武士道に関する博士論文を提出し、博士(人間・環境学)の学位を取得。論文は『武士のエトスとその歩み:武士道の思想史的考察』という題名で2009年に京都の思文閣から出版。京都大学での指導教授は薗田稔。2012年にカンタベリー大学博士課程言語文化研究科日本文化専攻を修了し、Ph.D.を取得。

国際日本文化研究センター助手(2002年から2006年)、帝京大学文学部日本文化学科専任講師(2006年から2008年)、関西大学国際部准教授(2008年から2014年)を経て、2015年に同教授に昇格。

全日本剣道連盟国際委員国際なぎなた連盟副会長、ニュージーランド剣道連盟総監督、日本武道学会理事、神道国際学会理事、全日本銃剣道連盟国際委員、和文化教育学会理事など。

出版社(株)文化舎インターナショナルを設立、外国人向けの武道専門書を多数出版。また英語版武道専門誌「Kendo World」を創立し、バティスト・タヴェルニエらと発行。


主な著作編集

単著編集

  • 『Naginata: The Definitive Guide』(2005・KW Publications)
  • 『Budo Perspectives』(2005・日文研 & KW Publications)
  • 『日本の教育に武道を』(2005・明治図書)
  • 『ボクは武士道フリークや』(2006・小学館)
  • 『武士のエトスとその歩み:武士道の思想史的考察』(2009・思文閣出版)
  • 『Budo: The Martial Ways of Japan』(2010・日本武道館)
  • 『The History and Spirit of Budo』(2010・国際武道大学武道・スポーツ科学研究所)
  • 『日本人の知らない武士道』(2013・文春新書)
  • 『Hagakure: The Secret Wisdom of the Samurai』(2014・Tuttle Publishing)
  • 『Kendo: Culture of the Sword』 (2015・University of California Press)
  • 『Bushido and the Art of Living』(2017・日本図書)
  • 『Naginata: History and Practice』(2017・Bunkasha International)
  • 『Japan: The Ultimate Samurai Survival Guide』(2018・Tuttle Publishing)
  • 『The Complete Musashi: The Book of Five Rings and Other Works』(2018・Tuttle Publishing)
  • 『Nitobe Inazo’s Bushido Annotated』 (2019・Tuttle Publishing)
  • 『The Samurai Bushido Code』 (2019・Tuttle Publishing)

共編著編集