メインメニューを開く

アヴェレージ・ホワイト・バンドAverage White Band)はイギリス、スコットランド出身のファンクソウル/R&Bのバンド。

アヴェレージ・ホワイト・バンド
Average White Band
Average White Band 2013.jpg
2013年のアヴェレージ・ホワイト・バンド
基本情報
出身地 スコットランドの旗 スコットランドダンディー
ジャンル ブルー・アイド・ソウル
ファンク
ポップ・ロック
ソウルミュージック
活動期間 1972年 - 1983年 -
1989年 - 現在
レーベル アトランティック・レコード
RCAレコード
MCAレコード
ライノ・エンタテインメント
アリスタ・レコード
メンバー アラン・ゴリー英語版
オニー・マッキンタイヤー
フレッド・バイドア
Cliff Lyons
ロッキー・ブライアント
ブレント・カーター
Rob Aries
旧メンバー ロジャー・ボール英語版
マルコム・ダンカン英語版
ロビー・マッキントッシュ英語版
Michael Rosen
ヘイミッシュ・スチュアート
スティーヴ・フェローン英語版
エリオット・ルイス英語版
Alex Ligertwood英語版
Tiger McNeil
ピーター・アボット
フレッド・アリアス
アダム・デイッチ英語版
ブライアン・ダン
クライド・ジョーンズ
モリス・プレジャー英語版
モンティ・クロフト

目次

略歴編集

1971年にスコットランドで結成。1973年エリック・クラプトンのコンサートのサポートを務め、同年にアルバム『Show Your Hand』でデビューした。1974年ニューヨークへ渡る。同年8月、アリフ・マーディンのプロデュースにより2枚目のアルバム『AWB』を発表。シングルカットされた「ピック・アップ・ザ・ピーセズ[1]」は、翌1975年2月インストゥルメンタル曲としては異例の全米1位の大ヒットを記録した。さらに、ファンキーな「カット・ザ・ケイク」もヒットした。

バンド名の通りメンバーは白人ながら(後に黒人メンバーも在籍)、音は非常に黒い。そのためホワイト・ソウル、ホワイト・ファンクと呼ばれることがある。何度かのメンバーチェンジを経て、1980年にはディスコ調の「レッツ・ゴー・ラウンド・アゲイン」を発表するがバンドは音楽的に行き詰まり、1982年に解散した。1996年に再結成し、現在も活動中。

ディスコグラフィー編集

  • Show Your Hand (1973)
  • AWB (1974)
  • Cut The Cake (1975)
  • Soul Searching (1976)
  • Person To Person (live) (1976)
  • Benny & Us (1977)
  • Warmer Communications (1978)
  • Feel No Fret (1979)
  • Shine (1980)
  • Volume VIII (1980)
  • Cupid's In Fashion (1982)
  • Soul Tattoo (1997)
  • Face To Face (live) (1999)
  • Living In Colour (2003)
  • Greatest and Latest (2005)

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集