メインメニューを開く

イエス

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

目次

イエス または Yes

イエス(人名)編集

「神(ヤハウェ)は救い」を意味するユダヤ人の男性名。原語であるヘブライ語ではヨシュアיְהוֹשֻׁעַイェホシュア / יֵשׁוּעַイェシュア)。当時のユダヤ人としてはありふれた一般的な男性名であった。キリスト教のもととなったイエスの存在についてはフラウィウス・ヨセフス(1世紀)、タキトゥス(1世紀)、スエトニウス(1世紀)などの歴史家がその著作の中で言及している。

日本語表記の「イエス」は、ヨシュアのギリシャ語形イエースース(Ίησοῦς)、ラテン語形イエースース(Iesus)に由来する。「イエズス」(かつてのカトリック教会での呼び方)、「イイスス」(正教会)、「イエスス」(共同訳)、「エス」などとも呼ばれる。古くはポルトガル語に由来する「ゼス」「ゼズス」なども使われた。英語形ではJesus(ジーザス)、中国語では耶穌耶稣 (Yēsū)。日本語訳版聖書においては、原語がヘブライ語である旧約聖書では「ヨシュア」、ギリシャ語が原語の新約聖書では、旧約に登場するヨシュアを指す場合を除いて「イエス」と表記するのが一般的。英語版聖書でも「Joshua」「Jesus」と書き分けられているケースが殆どである。なお、新約聖書ギリシャ語本文では旧約のヨシュアを指す場合もイエースースと表記されている。

ナザレのイエス - 紀元前1世紀末頃に生まれたとされる、ユダヤ人の宗教指導者。以下を参照。

ナザレのイエス以外のイエス - 新約聖書に登場するイエス

  • バラバと呼ばれたイエス - 強盗・殺人犯として逮捕されていたユダヤ人。ナザレのイエスの代わりに恩赦され釈放された。
  • ユストとも呼ばれるイエス - コロサイの信徒への手紙に登場する、1世紀のユダヤ人キリスト教徒。使徒パウロの同伴者の一人とされる。
  • 魔術師バルイエス - 名前は「イエスの子」という意味。使徒行伝に登場する、キプロスの地方総督セルギオ・パウロと交際していたユダヤ人の偽預言者。直後に出てくる魔術師エルマと同一人物と考えられ、使徒パウロの宣教を邪魔したので聖霊によってしばらくの間盲目にされた。

ナザレのイエスに由来するもの編集

Yes編集

Yes(イエス) - 英語で『はい』等肯定の意味。英語の否定形の質問では『いいえ』の意味になる。(対義語はNo)の言葉。また、『やったぜ!』など、間投詞的意味合いもある。

  • YES! - (イエス)ドイツのフンケ・ウント・ヴィル (Funke & Will) 社の製造する小型スポーツカー。
  • YES-FM(イエスエフエム) - 大阪のコミュニティFM局、エフエムちゅうおうの愛称。
  • YESネットワーク (Yankees Entertainment and Sports Network) の略称。
  • YES'89(イエスはちじゅうきゅう) - 横浜博覧会の愛称。
  • YESそうご電器 - かつて北海道に存在した家電量販店チェーン。→ そうご電器を参照。
  • yes (UNIX) - UNIX のコマンド。
  • YES - プログラム - Youth Employability Support Program(若年者就職基礎能力支援事業)
  • Yes! - 日本のスーパーマーケットヤオコーが使用するブランド。
  • イエス (小惑星) - 小惑星帯に位置する小惑星

音楽編集

関連項目編集