メインメニューを開く

イオンタウン成田富里(イオンタウンなりたとみさと)は、千葉県成田市東町にあるショッピングセンターである。敷地の一部は富里市日吉倉に跨っている。

イオンタウン成田富里
ÆON TOWN NARITA-TOMISATO
イオンタウン成田富里.jpg
地図
店舗概要
所在地 286-0025
千葉県成田市東町133番地[1]
座標 北緯35度46分41.5秒 東経140度19分20.0秒 / 北緯35.778194度 東経140.322222度 / 35.778194; 140.322222座標: 北緯35度46分41.5秒 東経140度19分20.0秒 / 北緯35.778194度 東経140.322222度 / 35.778194; 140.322222
開業日 2015年(平成27年)11月19日[2]
施設管理者 イオンタウン株式会社
敷地面積 43,160 m²
中核店舗 マックスバリュ成田富里店
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 約1,080台
最寄駅 成田駅京成成田駅共に徒歩約10分
最寄IC 成田ICまたは富里IC[3]
外部リンク イオンタウン成田富里
ÆON TOWN
テンプレートを表示

2006年(平成18年)に撤退したジャスコ成田店の跡地[4]に建設され、2015年(平成27年)11月19日にオープンした。

なお、成田山新勝寺を挟んだ反対側に位置する、国道408号沿いのウイング土屋地区には、イオンモール成田が存在する。

概要編集

成田駅京成成田駅から徒歩約10分、成田市東町に2015年(平成27年)11月19日にオープンした。敷地面積約43,160m2、建物延床面積約28,560m2。店舗数68[1]

成田市の中心街や成田山新勝寺からもほど近く、成田空港に近いという場所柄もあり、成田空港周辺のホテルに宿泊する乗り継ぎ客や乗務員、成田空港に勤務する航空会社の社員を中心とした外国人の買い物客を見込んで、インバウンド対応の取り組みを重視するとしている[1]

沿革編集

ここでは、合わせて同じ敷地に存在した、旧扇屋ジャスコ時代からの沿革も記載する。

  • 1981年(昭和56年)12月16日 - 扇屋ジャスコ成田店オープン[5]
  • 2006年(平成18年)8月30日 - 閉店[6]。解体され、更地になる。
  • 2014年(平成26年)9月下旬 - イオンタウン成田富里店建設開始[5]
  • 2015年(平成27年)11月19日 - イオンタウン成田富里店オープン。

主なテナント編集

核店舗はマックスバリュ成田富里店である。出店している専門店全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップ」を参照。

営業時間編集

店舗によって異なる。詳細情報は公式サイト「アクセス・営業時間のお知らせ」を参照。

交通アクセス編集

鉄道
自動車
バス[7]
  • 市内循環バス(Circlr Bus)[8] 空港周辺のホテルから市内を循環するバス。イオンタウン・菊水ホテル停留所下車[1]

その他編集

旧ジャスコ成田店の近隣の富里市日吉台地区には、2001年(平成13年)までダイエー成田店が存在していたが、ヤオコー成田駅前店(2003年(平成15年)開店)と成田富里徳洲会病院(2015年(平成27年)開院)が、跡地にそれぞれ新しく開業している。

関連項目編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b c d イオンニュースリリース 11/19(木)イオンタウン成田富里グランドオープン
  2. ^ 読売新聞 外国人客の対応 充実…イオンタウン成田富里
  3. ^ 地図蔵 » 地図で距離測定で実際に測ってみたところ、直線距離の場合は成田ICから約3㎞、富里ICから約3.4㎞。道路上の距離の場合は、成田ICからは国道295号国道51号利用で約4㎞。富里ICからは国道409号と国道51号利用で約4.4㎞とのこと。つまり、概ね両インターチェンジの中間地点に位置する事になる。
  4. ^ ジャスコ成田店撤退後に建屋は解体、更地にされ、イオンタウン成田富里の建設が始まるまではコインパーキングだった。
  5. ^ a b 早川健人(2014年8月14日). “イオン:ジャスコ成田店跡地、再開発 来夏、商業施設開店へ”. 毎日新聞(毎日新聞社)
  6. ^ イオン株式会社 2007年2月期 決算補足資料(82期)』イオン(株)(2007年4月6日)
  7. ^ 高速バスの東京 - 富里・匝瑳線「富里バスターミナル」からも、徒歩や路線バスの乗り継ぎでアクセスは可能だが、路線バスでは京成成田駅東口または日吉台口下車で約15〜30分程度、徒歩の場合は約30分〜40分程度かかる。
  8. ^ 市内循環バス Circle Bus

外部リンク編集