メインメニューを開く

イノセント・デイズ』は、早見和真によるミステリー小説である。2013年4月号から2014年4月号まで『小説新潮』に掲載され、加筆修正ののち2014年8月20日新潮社から単行本が刊行された。

イノセント・デイズ
著者 早見和真
発行日 2014年8月20日
発行元 新潮社
ジャンル サスペンス
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 348
公式サイト www.shinchosha.co.jp
コード ISBN 978-4-10-336151-0
ISBN 978-4-10-120691-2文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

2015年、第68回日本推理作家協会賞の長編及び連作短編集部門を受賞した[1]

死刑囚となった女性をその周りの人々の視点から描いたミステリーで[2]、テレビや新聞が報じる事件の向こう側には何があるのかが描かれている[3]

2018年WOWOW連続ドラマWテレビドラマ化された。

目次

あらすじ編集

被告人・田中幸乃は裁判長から極刑を言い渡される。元恋人へのストーカー行為の末に、アパートに火をつけて、元恋人の妊娠中の妻と双子の子3人を焼き殺した事件は、「整形シンデレラ放火事件」とも呼ばれて世間の注目を集めていた。

丹下健生は幸乃の母・ヒカルが中絶のために初めて産院を訪れた時のことや、取り上げた赤ん坊を幸乃と名付けると言っていたことを、義理の姉・倉田陽子や小曾根理子は大好きだった幸乃と過ごした日々を、それぞれ思い返していた。

八田聡は、親友・井上敬介から初めて幸乃を紹介された時のこと、幸乃がストーカーと化してからの敬介の苦悩、そして、もしかしたら自分は幸乃の人生を変えることができたのではという思いがあった。

佐々木慎一は、幸乃の無罪を信じて焦っていた。弁護士となった幼馴染の丹下翔と再会したり、ブログの主・八田聡と会ったり、幸乃に手紙を出したりして事件の真相を追いながらも、判決が下ってからいつ刑が執行されてもおかしくない月日が経っていた。

登場人物編集

田中幸乃
元恋人の家に放火した罪で死刑判決を受け服役中。事件前には何度も整形手術を受けていて「整形シンデレラ」とマスコミから呼ばれている。母・ヒカルと同じ持病を持っている。
佐々木慎一
幸乃の幼馴染。子どもの頃から「丘の探検隊」という仲間を組み雪乃のことを助けていた。幸乃が小曾根と一緒にいたところを偶然見ており、幸乃が無罪であると判決を覆そうと尽力する。
丹下翔
幸乃と慎一の幼馴染。「丘の探検隊」の仲間。弁護士で、幸乃のニュースを知り支援団体を立ち上げる。
野田ヒカル
幸乃の母親。シングルマザーになるところを結婚し、幸乃を出産した後は幸せな家庭を築いていたが、幸乃が小学生の頃に車を運転中、持病の発作を起こして交通事故で亡くなる。
田中美智子
幸乃の祖母。スナックを営んでいる。娘のヒカルが亡くなり、孫の幸乃を強引に引き取る。
小曾根理子
中学の時に孤立していた幸乃の唯一の友達。当時、幸乃にある身代わりを頼み罪悪感を抱えている。今は翻訳家の仕事に就いている。
倉田陽子
幸乃の義姉で母の再婚相手の連れ子。子どもの頃から「丘の探検隊」の仲間とともに母と同じ病気を持つ妹を支えていた。
丹下健生
幸乃の母・ヒカルが17歳で幸乃を出産した時に立ち会った産婦人科医で、丹下翔の祖父。
井上敬介
幸乃の元恋人。破局後、別の女性と結婚し双子の子どもを授かるが、幸乃はストーカー行為をエスカレートさせていく。
八田聡
幸乃の元恋人・敬介の親友。2人が付き合っていた時の事をよく知っており、マスコミが報じる幸乃の実像がかけ離れていると感じている。
草部武
放火事件があった井上家が住んでいたアパートの大家の老人。幸乃を家に上げて話を聞いたこともある。
佐渡山瞳
幸乃を担当する女性刑務官。丹下翔との面会の様子や佐々木慎一からの手紙を読んだ幸乃の様子や、普段の幸乃に接するうちに冤罪ではないかとの疑念を持つ。

テレビドラマ編集

イノセント・デイズ
ジャンル テレビドラマ
原作 早見和真
『イノセント・デイズ』
脚本 後藤法子
監督 石川慶
出演者 妻夫木聡
竹内結子
新井浩文
芳根京子
ともさかりえ
長谷川京子
池内博之
山中崇
芦名星
佐津川愛美
清原果耶
田口浩正
原日出子
石橋蓮司
余貴美子
制作 WOWOW
放送
放送国・地域   日本
放送期間 2018年3月18日 - 4月22日
放送時間 日曜22:00 - 23:00
放送分 60分
回数 6
公式サイト

2018年3月18日から4月22日まで、毎週日曜日22時 - 23時にWOWOW連続ドラマWで放送された。全6話。

妻夫木聡が主演し企画も担当[4]。 2014年、妻夫木が主演した映画『ぼくたちの家族』の原作者・早見和真が執筆した本作に妻夫木が惚れ込み、ドラマ化を強く熱望し実現した[4]

キャスト編集

主要人物編集

その他編集

スタッフ編集

WOWOW 連続ドラマW枠
前番組 番組名 次番組
監査役 野崎修平
(2018年1月14日 - 3月4日)
イノセント・デイズ
(2018年3月18日 - 4月22日)
60 誤判対策室
(2018年5月6日 - 6月3日)

脚注編集

外部リンク編集