C-17 グローブマスターIII

C-17 test sortie.jpg

C-17は、マクドネル・ダグラス(現ボーイング)社が製造し、アメリカ空軍が保有・運用する、主力の軍用長距離輸送機である。愛称はグローブマスターIII(Globemaster III)で、旧ダグラス・エアクラフト社の開発した輸送機C-74 グローブマスターC-124 グローブマスターIIに由来している[1]

概要編集

C-17は、C-5戦略輸送機に近い大型貨物の長距離空輸能力と、C-130戦術輸送機並みの短滑走距離での離着陸が可能な性能を持つ大型輸送機である。

アメリカ空軍では、研究開発機を除く223機を航空機動軍団(AMC/Air Mobility Command)、太平洋空軍(PACAF/Pacific Air Force)、航空教育訓練軍団(AETC/Air Education and Training Command)、空軍予備役軍団(AFRC/Air Force Reserve Commnad)、州兵航空隊(ANG/Air National Guard)に配備しているほか、平和維持活動や人道支援によるの海外派遣が世界的に増えたことからその長距離・大型輸送能力が評価され、他国でも採用が広がっていた。

しかし、国際的な軍事費削減の動きなどを受け、ボーイング社は2015年をもってC-17の製造ラインを閉鎖した。その後、アメリカ国内からも中国脅威論が現実の問題として認識されるようになり、中東での多国籍軍による対テロ戦争が継続している事から生産の継続もしくは、C-5Mのように初期の生産分を近代化する改修工事工程を設ける提案がなされている[2]

特徴編集

アメリカ陸軍のすべての装甲戦闘車両航空機の搭載が可能で、C-5戦略輸送機の最大ペイロードの65%近くとなる77トンの貨物搭載ができる。

上から見たC-17
60トン近い自走砲が搭載可能な貨物室
コックピット
操縦桿
搭載例

最大ペイロードでの航続距離4,440 km、離着陸距離910m。先進中型短距離離着陸輸送機計画(AMST)において試作されたYC-15が実証したEBF(Externally blown flap)方式のパワード・リフト・システム(Powered lift system)を用いてSTOL性能を確保している。これは、エンジン噴射流を主翼下面とスロッテッド・フラップに吹き付けて揚力を増す方式である。

スラスト・リバーサーは車輪の制動力が期待できない不整地への着陸を考慮し強力で、4基のエンジン全てに装備、バイパス比の大きなターボファンエンジンに使用されるファンコールドストリーム型だけでなく、燃焼ガスにはクラムシェル型を併用することにより100%の逆噴射が行える、また上方へ噴射することで、未舗装滑走路で異物を巻き上げ、エンジンに吸い込むことによる故障(FOD)を最小限にしている。これらにより、戦略輸送機と戦術輸送機を兼ねられる機体としているが、厳密には降着装置の接地圧が致命的に高く、後者の条件は満たしていない。

C-17は太い胴体とともに、横に突き出したスポンソン部に4ユニット計12個の車輪を収めることで、大きな貨物の搭載を可能としている。貨物の積み下ろし口は後部ランプのみであるが、油圧ウインチと8列ローラー・コンベアによる省力化で、1人のロードマスターでも卸下運用が行えるようになっている。

コックピット内部は広く、2名のパイロット席後部の2名分の追加乗員席に加えて、ギャレーや2名分のベッドが備えられている[1]。計器は4基の多機能ディスプレイを備えたグラスコックピットとなっており、輸送機としては世界で初めてヘッドアップディスプレイを採用した。操縦装置はフライ・バイ・ワイヤで操縦輪ではなく操縦桿を採用しているが、配置はサイドスティック方式ではなく、床から伸びた台座に操縦桿を設置する変則的なセンター配置である。また、前部胴体の右側にはロードマスター用の操作席が設けられている。

多くの用輸送機と同じく高翼配置の主翼ターボファンエンジンを4基搭載し、T字尾翼となっている。翼端にはウィングレットを装備している。また、19tまでの低高度パラシュート抽出システム(LAPES)に対応している。

生産71号機以降は中央翼部に燃料タンクが増設されて航続距離が延び、ボーイング社ではこの型をC-17ERと呼んでいる。

推力向上型エンジンと新型フラップシステムの導入によって離着陸性能を向上させ、滑走路面への荷重分散のため中央胴体下に主脚を1本増設するC-17Bも計画されていたが実現しなかった[3]

歴史編集

 
YC-15

アメリカ空軍は、1970年代にC-130の後継機計画を模索しており[4]先進中型短距離離着陸輸送機計画(Advanced Medium STOL Transport, AMST)によってボーイングYC-14を、マクドネル・ダグラスYC-15を提案した[5]。両者の提案は空軍の要求するスペックを上回ったものであったが、開発段階に進む前にAMSTは中止となってしまった。その後1979年11月に米次期輸送機計画C-X(Cargo experimental)としてAMSTは再開された[6]1980年にアメリカ空軍は老朽化したC-141を大量に保有していたが、空軍は迅速な展開を必要とする空輸のために、戦略的空輸能力の向上を必要としていた。1980年10月、空軍はC-XのRFP(提案依頼書)を発表した。マクドネル・ダグラスはYC-15をベースにした新型機を開発し、ボーイングは、AMSTのYC-14を拡張させた機体を、ロッキードは、C-5をベースにした機体とC-141を拡張した機体の2種類を提案した。1981年8月28日、マクドネル・ダグラスがC-17の開発を担当することが決定した。YC-15との違いは、後退翼であること、機体サイズが大きくなっていること、エンジンが強力になっていることなどである。C-17の開発によってC-141の任務とC-5の担っていた大型貨物輸送の一部を行うことができる[7]

C-Xの選定後も、空輸のニーズを満たすためにC-141AをC-141Bに改良する案、C-5を増産する案、KC-10を継続購入する案、民間予備航空隊を活用する案などの代替案が出た。予算や技術的な問題で4年間の延期を余儀なくされたが、この間に予備設計作業とエンジン認証のための契約が結ばれ[8]1985年12月31日に全規模開発契約が結ばれた[9]。原型機のロールアウトが1990年12月となった。初飛行は1991年9月15日に、カリフォルニア州ロングビーチ工場で行われた。部隊への配備開始は1993年7月であり、第437空輸航空団から開始された。その後も、価格性能比問題[10] により調達に遅れが生じたりしたが、問題払拭後は発注数が増加している。

C-17は開発目標をおおむね達成し、その性能に高い評価が与えられており、近年のアメリカ軍中東展開には、欠かせないものとなっている[1]

ノーザン・ディレイ作戦・機上のドラゴン作戦編集

C-17は、イラク戦争におけるアメリカ軍初のエアボーン作戦に参加したことで知られている。

2003年3月26日アルビール州北部のバシュール飛行場奪取を目的として、ノーザン・ディレイ作戦英語版が発動された。本作戦には、地上部隊として第173空挺旅団から旅団長ウィリアム・C・メイヴィル大佐を含む954名が、航空部隊として第62、315、437、446空輸航空団より26機のC-17が参加した。

深夜、地上部隊を搭乗させたC-17がイタリアアヴィアーノ空軍基地より飛び立った。パラシュート降下は高度300mの低空にて実施され、午後8時10分から25分間で全隊員が降下した。夜闇と強風によって降下部隊は分散し、兵力の集結には時間を要した。しかし、アメリカ特殊部隊に支援されたクルド人民兵ペシュメルガ」と連携しており、また、敵の抵抗も微弱であったため、成功裏に飛行場を奪取した。以後、26機のC-17による空輸が行われ、4日間で旅団の残余2,200名、M119 105mm榴弾砲6門、車両400両以上、貨物3,000トンが輸送された。

その後4月7日より、旅団に配属されていた1/63機甲大隊を空輸するための機上のドラゴン作戦英語版が発動された。この作戦のもと、19日までの12日間で、新たに24機のC-17により、兵員300名と車両78両が空輸された。車両の内訳は、M1A1戦車(60トン)5両、M88A2戦車回収車(60トン)1両、M2A2歩兵戦闘車(27トン)5両、重PLS輸送車(25トン)1両、HEMTT重機動トラック(18トン)7両、M113A3装甲兵員輸送車(12トン)12両、FMTVトラック(9トン)4両、M997改造指揮車(4トン)2両、ハンヴィー汎用車(2.5トン)37両であった。

シリア内戦編集

2017年、アメリカ軍はISILが首都と位置付けるラッカへの攻勢を行うため、シリア北部の飛行場を拡張強化した上でC-17を投入。アメリカ海兵隊シリア民主軍に対して物資供給などの支援が行われた[11]

アメリカ軍のアフガニスタン撤退編集

 
キャビン一杯に乗り込んだ避難民

2021年ターリバーン攻勢 では、アメリカの想定以上の速さでターリバーンが首都カーブルを制圧。多くの避難民がターリバーンから逃れるためにカーブル国際空港に殺到した。この際、アメリカ軍は一部の避難民の国外輸送にC-17を使用したが、首都陥落直後の混乱で8月16日空港制限区域内に一般人が乱入し、誘導路や滑走路上を移動しているC-17機体側面にしがみつき離陸後に転落したり、着陸地で主脚格納装置に巻き込まれて死亡しているのが確認される事態が発生する[12] 一方、1機で600人以上の民間人を機内にスシ詰め状態にして運用せざるを得ない状況となった[13]

採用国編集

現在、C-17を採用しているのは7ヶ国と1機構軍である。

 
C-17採用国(青色)

  アメリカ合衆国

 
ハリケーン・カトリーナによる災害派遣で救援物資を輸送したアメリカ空軍のC-17
アメリカ空軍航空機動軍団(AMC)では223機が配備され運用されている。
 
大統領専用車の国内および国外の移動で利用されるC-17

  イギリス

 
イギリス空軍のC-17
イギリス空軍ではエアバス A400Mの開発遅延もあり、2001年からグローブマスター C.1の名称で(ただし、この名称はすぐに廃れ、現在は単にC-17A グローブマスターIIIとなっている[14])C-17Aの運用を開始した。当初はリース契約であったが、2004年に購入契約に切り替えた。
4機の運用であったが、2009年までに6機に増強され、同年12月に更に1機が追加発注され、最終的に8機となった。

  オーストラリア

 
オーストラリア空軍のC-17
2006年オーストラリア空軍が開発中のA400Mとの比較検討の上、国外展開用に4機の購入を決定した。費用は10億オーストラリア・ドルである。
2006年-2008年にかけて機体を受領し、第36飛行隊に配備されている。2011年に発生した東北地方太平洋沖地震においては当時利用可能であった3機全てが救援物資の輸送のため日本に派遣された。
2011年の追加発注により、2012年11月には6機に増強され、2015年までに8機となった。

  カナダ

 
カナダ空軍のCC-177
カナダ軍カナダ空軍)は、国外展開用に長距離輸送機を求めており、2007年からC-17Aの取得を開始した。
4機を取得し、CC-177の名称で第429航空隊に配備されている。2014年12月19日には5機目の導入を発表した。

  カタール

 
カタール航空の塗装が施されたカタール空軍のC-17
カタール空軍は、2008年7月21日にC-17Aを2機発注。2009年に受領。2015年までに8機となった。すべて民間登録で、うち1機(機体記号A7-MAB)はカタール航空の塗装である[15]

  UAE

2009年にC-17Aを2機、2010年1月に4機をさらに追加発注。2011年に最初の2機、2012年に4機が納入。

  NATO

 
SACで使用されるC-17
C-17Aを多国籍で共同調達・共同運用を行う戦略空輸能力英語版(SAC)構想を発表し、2008年10月1日ブルガリアエストニアハンガリーリトアニアオランダノルウェーポーランドルーマニアスロベニア、アメリカのNATO加盟10ヶ国とNATO非加盟のスウェーデンフィンランドの合計12ヶ国が了解覚書に調印。
アメリカ空軍から1機が提供されるほか、2009年に新造機2機を調達し、ハンガリー空軍のパパ空軍基地を拠点に運用が行われている。そのため、機体にはハンガリー空軍の国籍マークが描かれている。

  インド

 
インド空軍のC-17
インド空軍ロシア製のIl-76 20機の後継としてC-17Aの購入を希望し、2009年2月にアメリカ空軍に対し取得費や運用コストについての情報を求めた。最終的に2011年6月に10機の発注に至り、2013年から2014年末までに10機を受領した。
2015年イエメン内戦で、孤立した自国民の出稼ぎ労働者の救出に派遣された。また、同年、ネパール地震では救援物資の輸送のためにネパールに派遣された。[16]

  クウェート

 
クウェート空軍のC-17
2010年9月にFMS(対外有償軍事援助)形式で1機の購入を希望し、2013年に2機を発注、翌年2月13日に初号機が納入された。

検討編集

  日本

航空自衛隊C-1の後継候補となったが、使用できない飛行場があり、最高巡航速度が性能要求を下回ることから採用されなかった[17]
伊藤忠商事が日本での輸入代理店になっており、1990年代後半の『自衛隊装備年鑑』などに掲載した広告には、日本国政府専用機の塗装を施したC-17のイラストが添えられていた。

  フランス

2009年3月27日フランス国防省アメリカ空軍に書簡を送り、3機のC-17A購入についての価格や引き渡し時期などのデータの問い合わせを行った。

  韓国

C-17の導入を正式に決めたわけではないが、2008年夏にC-17クラスの輸送機を3-4機購入する資金を準備したとされていた。

民間型編集

マクドネル・ダグラス時代の1990年代に本機の民間用バージョンとして「MD-17」が計画されていたが、実現しなかった。2000年にはボーイングが民間型「BC-17X」のアナウンスを行ったが、受注は得られていない[18]

搭載機器編集

仕様編集

  • 全長:53.0 m
  • 全幅:51.8 m
  • 全高:16.8 m
  • 翼面積:353.02 m²
  • 最高巡航速度:M0.77[19][20]
  • 巡航速度:M0.74(450 knot、833 km/h、高度8,530 m)[20][21]
  • 実用上昇限度:45,000 ft (13,716 m)
  • エンジン:P&W F117-PW-100 ターボファン(18,460 kg)4基
  • 航続距離:5,190 km(空荷フェリー時:9,815 km)
  • 貨物室:h:主翼後端までの約13mは3.76m、主翼後端からランプ付近までは5.3m、ランプ端付近は4.1m、w:5.48m、l:26.82m(6mランプ含む)
  • 空虚重量:128.1 t
  • 最大離陸重量:265.35 t
  • 最大積載量:77.519 t
  • 最低着陸必要距離:1,000 m(500 mで着陸した実績有り)[1]
主な大型輸送機の比較
 C-5B  C-17  Il-76MD  An-124  An-225  Y-20
画像            
乗員 2 - 5名 2 - 4名 5名 4 - 6名 6名 3名
全長 75.3 m 53.0 m 53.19 m 68.96 m 84.0 m 47.0 m
全幅 67.89 m 51.8 m 50.5 m 73.3 m 88.71 m 50.0 m
全高 19.84 m 16.8 m 14.44 m 20.78 m 18.1 m 15.0 m
空虚重量 170 t 128.1 t 175 t 285 t 100 t
基本離陸重量 263 t 600 t
最大離陸重量 388 t 265.35 t 210 t 405 t 640 t 220 t
最大積載量 122.471 t 77.519 t 53 t 150 t 250 t 66 t
発動機 TF39×4 F117-PW-100×4 PS-90A-76×4 D-18T×4 D-18T×6 D-30KP-2×4
ターボファン
巡航速度 830 km/h 830 km/h 800 km/h 800 – 850 km/h 800 km/h 810 km/h
航続距離 122 t / 4,444 km 0 t / 9,815 km
71 t / 4,630 km
40 t / 5,000 km
53 t / 4,200 km
0 t / 15,000 km
150 t / 3,700 km
600 t / 4,000 km 0 t / 7,500 km
最短離陸滑走距離 1,600 m 1,000 m 1,800 m 2,530 m 600 - 700 m
運用状況 現役 ※使用不能 現役

2022年ロシアのウクライナ侵攻による攻撃で焼損し、破壊される。

主な軍用輸送機の比較
 C-2  A400M  C-17  Y-20  C-130J  KC-390  An-178  Il-276
画像                
乗員 3名 3-4名 2-4名 3名 3-6名 2名 3名 2名
全長 43.9 m 45.1 m 53.0 m 47.0 m 29.79 m 35.20 m 32.95 m 33.2 m
全幅 44.4 m 42.4 m 51.8 m 50.0 m 40.41 m 35.05 m 28.84 m 30.1 m
全高 14.2 m 14.7 m 16.8 m 15.0 m 11.84 m 11.84 m 10.14 m 10.0 m
空虚重量 69.0 t 76.5 t 128.1 t 100 t 34.25 t - 48.5 t -
基本離陸重量 120 t - 263 t - 70.305 t - - -
最大離陸重量 141 t 136.5 t 265.35 t 220 t 79.38 t 81.0 t - 68.0 t
最大積載量 32 t(2.5G)
36 t(2.25G)
30 t(2.5G) 77.519 t 66 t 19.050 t 26 t 18.0 t 20.0 t
発動機 CF6-80C2K1F×2 TP400-D6×4 F117-PW-100×4 D-30KP-2×4 AE2100-D3×4 V2500-E5×2 D-436-148FM×2 PD-14M×2
ターボファン ターボプロップ ターボファン ターボプロップ ターボファン
巡航速度 マッハ0.80
890 km/h
マッハ0.68-0.72
781 km/h
(高度9,450 m)
マッハ0.74
830 km/h
(高度8,530 m)
マッハ0.75 マッハ0.59
671 km/h
(高度6,700 m)
マッハ0.80
870 km/h
マッハ0.77
825 km/h
マッハ0.75
810 km/h
航続距離 0 t/9,800 km
20 t/7,600 km
30 t/5,700 km
36 t/4,500 km
0 t/8,710 km
20 t/6,390 km
30 t/4,540 km
0 t/9,815 km
72 t/4,630 km
0 t/7,500 km
0 t/6,445 km
16.3 t/3,150 km
0 t/6,241 km
14 t/5,019 km
23 t/2,722 km
26 t/2,000 km
0 t/5,500 km
5.0 t/4,700km
18.0 t/1,000 km
0 t/7,300 km
4.5 t/6,000 km
20 t/3,250 km
最短離陸滑走距離 500 m 770 m 1,000 m - 600 m - - 1,050 m
運用状況 現役 実用試験中 開発中


事故編集

登場作品編集

映画・テレビドラマ編集

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
イギリス空軍機が登場。
GODZILLA ゴジラ
兵員や車両をハワイから本土に空輸する他、ムートーによってサンフランシスコにまで運ばれた核弾頭を回収するため、主人公、フォードの所属する特殊部隊HALO降下させる。
エージェント・オブ・シールド
シーズン1とシーズン2に主に登場する航空機「the BUS」は、C-17を改造している。
グリーンランド -地球最後の2日間-
アメリカ空軍所属機などが登場。彗星クラークの地球直撃が迫る中、政府が選んだ「選抜者」らを各地のシェルターへと空輸する。このうちロビンス空軍基地に駐機していた数機は、パニックで基地内に侵入した群衆と空軍兵らの間で発生した銃撃戦の余波で燃料が引火、地上で爆発する。
トランスフォーマー
カタールの基地に駐機しているが、ディセプティコンの襲撃を受け基地ごと破壊される。中盤、スコルポノックの尻尾とレノックス大尉らを、カタールからアメリカ本土まで輸送する。
トランスフォーマー/リベンジ
オプティマスプライムを上海上空まで輸送する。戦闘後はオートボットと対ディセプティコン特殊部隊NESTを本土まで輸送する。終盤、オプティマスプライムの亡骸とNESTをエジプトまで輸送し、空挺降下を行う。
トランスフォーマー/ロストエイジ
反トランスフォーマー組織「KSI」がガルヴァトロンを含む人造トランスフォーマーを中国に輸送する際にアメリカ空軍機を使用する。
マン・オブ・スティール
敵の巨大メカを破壊するため、かつてスーパーマンが地球まで乗ってきた宇宙船を乗せて出撃。敵の迎撃に合いながらも最後は巨大マシンに特攻し、破壊することに成功する。
ランペイジ 巨獣大乱闘
主人公達と巨獣を載せて輸送するが、輸送途中に巨獣がキャビン内で暴れ出したことで地上に墜落する。主人公達は墜落直前に貨物扉からパラシュートで脱出している。

小説編集

GODZILLA 怪獣黙示録
アメリカ、インディアナポリスで行われるゴジラへの核攻撃に際し、核弾頭の運搬機が不足していたため、本機が急遽改造され、核攻撃機として使用される。

ゲーム編集

Just Cause 2
「Bering I-86DP」の名称で本機とC-130 ハーキュリーズが混ざった外見の輸送機が登場する。
エースコンバットシリーズ
敵や味方の輸送機として登場。
エースコンバット3 エレクトロスフィア
コフィンシステム搭載などの改良が行われた「C-17B グローブマスターIII」が多国籍企業ゼネラルリソースの装備として登場する。
空中給油機型の「EK-17U(KC-17U)」も治安維持機構UPEOの装備として登場する。
エースコンバット6
空挺部隊M113装甲兵員輸送車投下する。
エースコンバット7
オーシア国防空軍の輸送機として登場する。
コール オブ デューティ ゴースト
キャンペーンでM1A2 エイブラムス戦車を投下する際に登場する。本来なら1両しか積載出来ないがなぜか2両積載されている。降下前、もしくは降下後に戦闘機の迎撃を受けて多数が撃墜されている。
マーセナリーズ
国連軍所属の機体が登場し、オープニング直後に主人公を乗せたハンヴィーDMZへ降り立たせる。

出典編集

  1. ^ a b c d e 軍事研究2007年10月号「地球の裏へ急速空輸:C-5/C-17巨人機」
  2. ^ “ボーイング、軍用機「C17」生産を15年に打ち切り 加州工場閉鎖へ”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2013年9月18日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324353404579084751838868892.html 2013年10月8日閲覧。 
  3. ^ Trimble, Stephen. "Boeing offers C-17B as piecemeal upgrade." Archived 7 December 2017 at the Wayback Machine. Flight International, 19 August 2008.
  4. ^ "Air Force Lets Advanced STOL Prototype Work." Archived 7 November 2012 at the Wayback Machine. The Wall Street Journal, 13 November 1972.
  5. ^ Miles, Marvin. "McDonnell, Boeing to Compete for Lockheed C-130 Successor." Archived 7 November 2012 at the Wayback Machine. Los Angeles Times, 11 November 1972.
  6. ^ Kennedy, Betty R. Globemaster III: Acquiring the C-17. McConnell AFB, Kansas: Air Mobility Command Office of History, 2004.p3–20, 24
  7. ^ Norton, Bill. Boeing C-17 Globemaster III (Warbird Tech, Vol. 30). North Branch, Minnesota: Specialty Press, 2001. ISBN 1-58007-040-X.p12–13
  8. ^ Norton, Bill. Boeing C-17 Globemaster III (Warbird Tech, Vol. 30). North Branch, Minnesota: Specialty Press, 2001. ISBN 1-58007-040-X.p13、15
  9. ^ "Douglas Wins $3.4B Pact to Build C-17." Archived 7 November 2012 at the Wayback Machine. Los Angeles Times, 3 January 1986.
  10. ^ C-17 AIRCRAFT Cost and Performance Issues アメリカ会計検査院報告
  11. ^ 米軍、シリア北部の滑走路拡張 C17輸送機でラッカ奪還の支援強化 AFP(2017年4月5日)2017年4月5日閲覧
  12. ^ カブール離陸の米軍機から転落死 19歳のサッカー選手
  13. ^ 米軍機内にアフガン人600人超 劇的な退避作戦の写真公開”. AFP (2021年8月18日). 2021年8月18日閲覧。
  14. ^ RAF - C-17A Globemaster
  15. ^ 「月刊エアライン」2018年5月号p.121。
  16. ^ Air Force Warrior Sentinels: C-17 Globemaster
  17. ^ 次期輸送機 政策評価書 防衛省・自衛隊
  18. ^ Boeing Is Undisputed Leader In Providing Air Cargo Capacity
  19. ^ "C-17 Technical Specifications" The Boeing Company.
  20. ^ a b "CC-177 Globemaster III Overview" Royal Canadian Airforce.
  21. ^ C-17 Globemaster III” (英語). Air Force. United States Air Force. 2022年11月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集