メインメニューを開く

ウルフ・ヘルシャーUlf Hoelscher, 1942年1月17日 バイエルン州ウンターフランケン管区キッツィンゲン – )はドイツヴァイオリニスト・音楽教師。バーデン北部のヌスロッホ在住。

ウルフ・ヘルシャー
Bundesarchiv B 145 Bild-F075423-0011, Bonn, Konzert in der Beethovenhalle.jpg
ウルフ・ヘルシャー(中央)
基本情報
生誕 (1942-01-17) 1942年1月17日
出身地 ドイツの旗 ドイツ バイエルン州ウンターフランケン管区キッツィンゲン
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン
公式サイト Ulf Hoelscher

目次

生い立ち編集

父フェルディナントはヴァイオリニストで音楽教育者。母ベティは古典的な教育を受けた声楽家であった。弟ウーヴェは、ウーヴェ=マルティン・ハイベルク(Uwe-Martin Haiberg)の芸名でハンブルク・ブラームス四重奏団(Brahms Quartetts Hamburg)の第1ヴァイオリニストとして活動する傍ら、ベルリン芸術大学の教授を務める。末妹グンヒルト(Gunhild Hoelscher)もヴァイオリニストである。

ノイシュタットループレヒト選帝侯ギムナジウムの教師であった父親からヴァイオリンの手解きを受ける。その後はハイデルベルク高等音楽学校にてBruno Masuratに師事。16歳のときケルン高等音楽学校にてマックス・ロスタルの薫陶を受け、ディプロマを得て卒業した。3年間アメリカ合衆国留学し、インディアナ大学ジョーゼフ・ギンゴールドに、カーティス音楽院イワン・ガラミアンに師事して修行時代を終えた。

活動編集

1970年代から、国際的に重要なヴァイオリニストならびに室内楽奏者として活躍する。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団BBC交響楽団シュターツカペレ・ドレスデンなどの主要なオーケストラや、ルドルフ・ケンペヴァーツラフ・ノイマンエサ=ペッカ・サロネンヴォルフガング・サヴァリッシュレナード・スラットキンホルスト・シュタインジェフリー・テイトクラウス・テンシュテットハンス・フォンクブルーノ・ヴァイル若杉弘デイヴィッド・ジンマンらの著名な指揮者と共演してきた。

古典派ロマン派の有名なヴァイオリン協奏曲だけでなく、シュポーアシューマンR・シュトラウスプフィッツナーシェックコルンゴルトヴォルフ=フェラーリジークフリート・ワーグナーフランケルらの不当に忘れられた協奏曲ならびに協奏的作品もレパートリーに収めている。

現代音楽にも積極的に取り組んでおり、1972年ベルリンで、ハンス・ウェルナー・ヘンツェの《ヴァイオリン協奏曲 第2番》のドイツ初演で独奏を担当した。その後も、オーレ・シュミットのヴァイオリン協奏曲の初演(1972年ドルトムントならびにコペンハーゲン)や、Bülent Tarcanのヴァイオリン協奏曲の初演(1973年イスタンブール)、フォルカー・ダーヴィット・キルヒナーのヴァイオリン協奏曲の初演(1984年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と)、フランツ・フンメルのヴァイオリン協奏曲の初演(1988年レニングラード)、アリベルト・ライマンの《ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲》の初演(1989年ハノーファートゥールーズチューリヒニューヨークベルリンヴォルフガング・ベッチャーと)を実現させてきた。

室内楽の演奏にも携わっており、たとえばロストロポーヴィチヴィシネフスカヤの共演者として、ショスタコーヴィチの作品集を録音している。またミシェル・ベロフとは、シューマンフランクR・シュトラウスシマノフスキヴァイオリンソナタを録音しており、カール・エンゲルとはシューベルトのヴァイオリンとピアノのための作品を全曲録音した。ベネディクト・ケーレンとはヒンデミットのヴァイオリンソナタを録音している。また、ジークフリート・マウザーとは、ヴォルフガング・リームのヴァイオリンとピアノのための作品集を録音した。ハインリヒ・シフクリスティアン・ツァハリアスとは、ベートーヴェンの《三重協奏曲》やブラームスの《ピアノ三重奏曲 第1番 ロ長調》を録音している。

大規模な室内楽団「ウルフ・ヘルシャー・アンサンブル」の一員としても演奏に取り組み、ブルッフの《八重奏曲》などを録音・上演してきた。また、2006年の「モーツァルト・イヤー」に向けて室内楽オーケストラ「カメラータ・ディアナ」を結成し、南西ドイツ放送のテレビ番組でモーツァルトのヴァイオリン協奏曲やヴァイオリンとオーケストラのための断章を演奏した。

1981年よりカールスルーエ国立高等音楽学校ヴァイオリン科の教授を務める。また、国際的な夏季講習会でマスタークラスを主宰している。

脚注編集

外部リンク編集