エア・マラウイ

エアマラウイAir Malawi)はマラウイ航空会社であった。

エアマラウイ
IATA
QM
ICAO
AML
コールサイン
MALAWI
設立 1967
ハブ空港 ブランタイヤチレカ国際空港
焦点空港 リロングウェリロングウェ国際空港
マイレージサービス SkyPoints
保有機材数 5機
就航地 6都市
本拠地 リロングウェ
外部リンク http://www.airmalawi.com/
テンプレートを表示

目次

概要編集

2013年2月に運行が停止された。マラウイ国内とアフリカ大陸南東部を中心に就航していたが、一時期、イギリスロンドンガトウィック空港アラブ首長国連邦(UAE)のドバイにも便があった。

1985年には当時の大統領ヘイスティングズ・カムズ・バンダのイギリス訪問のためだけに南アフリカ航空よりボーイング747SPを短期リースした。同機はエアマラウイの塗装に 塗り替えられ大統領専用機として用いられた。

路線編集

  • マラウイ国内

 リロングウェ(リロングウェ国際空港)、ブランタイヤ(チレカ国際空港)、ムズズ(Mzuzu)、クラブ・マココラ(Club Makokola) (一時期、カロンガ)等へ就航していた)

  • アフリカ大陸

 ヨハネスブルグハラレルサカダルエスサラームナイロビ(一時期、ルブンバシ(Lubumbashi)、ナンプラ(Nampula)、ムフウェ(Mfuwe)等へ就航していた)

  • その他

 ロンドンドバイ

保有機材編集

関連項目編集

外部リンク編集