エリアス・ケレヘタ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はケレヘタ第二姓(母方の)はガラテです。(Template:スペイン語圏の姓名

エリアス・ケレヘタ・ガラテスペイン語: Elías Querejeta Gárate, スペイン語発音: [eˈli.as keɾeˈxeta], 1934年10月27日2013年6月9日[1])は、スペインギプスコア県エルナニ出身の映画プロデューサー・脚本家[2]。加えて何本かの映画の監督を務めており、シネアストになる前はサッカー選手だった。娘に映画監督のグラシア・ケレヘタスペイン語版がいる[2]。スペイン文化省による芸術功労賞スペイン語版を受賞している。

エリアス・ケレヘタ
本名 Elías Querejeta
生年月日 (1934-10-27) 1934年10月27日
没年月日 (2013-06-09) 2013年6月9日(78歳没)
出生地 スペインの旗 スペイン共和国ギプスコア県エルナニ
死没地 スペインの旗 スペインマドリード州マドリード
国籍 スペインの旗 スペイン
職業 映画プロデューサー・脚本家映画監督
配偶者 マリーア・デル・カルメン・マリン
チルカ・バルセロー・タボアーダ
著名な家族 グラシア・ケレヘタスペイン語版(娘)
 
受賞
スペイン文化省 芸術功労賞 (1998)
テンプレートを表示

1960年代と1970年代には映画プロデューサーとして数々の著名作品を手掛け、カルロス・サウラ監督の13作品、ビクトル・エリセ監督の2作品、モンチョ・アルメンダリス監督の4作品、フェルナンド・レオン・デ・アラノアスペイン語版監督の3作品などに携わっている[2]

経歴編集

サッカー選手編集

1934年にバスク地方ギプスコア県エルナニに生まれた[2]。1952年から1958年まで地元のサッカークラブであるレアル・ソシエダに所属し、1953年4月5日、18歳の時にプリメーラ・ディビシオンデビューした。公式戦では41試合に出場して6得点、うちプリメーラ・ディビシオンでは39試合に出場して5得点した。1955年10月9日にはホームのエスタディオ・デ・アトーチャアルフレッド・ディ・ステファノ擁するレアル・マドリードと対戦し、レアル・ソシエダの勝利につながる貴重な得点を決めている。サッカー選手活動と並行して化学法学を学び、23歳だった1958年にサッカーの世界から退いた。

シネアスト編集

1963年には自身の制作会社を設立し、50本以上の映画を制作した。フェルナンド・レオン・デ・アラノアスペイン語版監督の『カット!』(1996年)や『Barrio』(1998年)、実娘のグラシア・ケレヘタスペイン語版監督の『Una estación de paso』(1992年)や『El viaje de Robert Rylands』(1996年)や『Cuando vuelvas a mi lado』(1999年)を制作している。しかし、ケレヘタがスペイン映画に果たしたもっとも重要な貢献は、カルロス・サウラビクトル・エリセマヌエル・グティエレス・アラゴンスペイン語版モンチョ・アルメンダリスらの偉大な監督の作品を制作したことである。

サウラ監督と初めて組んだ1966年の『狩り』はベルリン国際映画祭で監督賞を受賞し、1967年の『ペパーミント・フラッペ』でも同賞を受賞した。『Stress es tres, tres』(1968年)、『La madriguera』(1969年)、『El jardín de las delicias』(1970年)でもサウラ監督の作品を制作。1970年代前半のサウラ監督作では『Ana y los lobos』(1972年)、『従妹アンヘリカ』(1973年)、『カラスの飼育』(1975年)などを制作し、後者の2作品はカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した。1970年代後半には『Elisa, vida mía』(1977年)、『Los ojos vendados』(1978年)、『ママは百歳』(1979年)、『急げ、急げ』(1980年)などでサウラ作品を手掛け、『急げ、急げ』はベルリン国際映画祭で作品賞を受賞した。

1973年にはエリセ監督の『ミツバチのささやき』を制作し、この作品は1973年のサン・セバスティアン国際映画祭で作品賞を受賞している。約10年後の1983年にはエリセ監督の次作『エル・スール』を制作し、シカゴ国際映画祭サンパウロ国際映画祭で作品賞を受賞した。レオン・デ・アラノア監督作品も3作品手掛けており、2002年の『月曜日にひなたぼっこ』はゴヤ賞で作品賞を受賞した。

1998年にはスペイン映画芸術科学アカデミー(AACCE)によるゴヤ賞功労賞を受賞した。2005年にはスペイン映画批評家協会の功労賞を受賞し、2012年にはフォトグラマス・デ・プラータの功労賞を受賞。2007年にはスペイン内戦の歴史を国外内の立場から語る映像作品『Noticias de una guerra』を制作した[3]。2013年6月9日、肺癌のためにマドリードの自宅で死去した。78歳だった。

フィルモグラフィー編集

日本語題 原題 担当 備考
1960年 A través de San Sebastián 脚本・監督
1962年 A través del fútbol 脚本・監督 短編
1962年 Noche de verano 制作 監督はホルヘ・グラウ
1963年 Los inocentes 脚本
1966年 狩り La caza 制作 ベルリン国際映画祭監督賞受賞, サウラ監督
1967年 Último encuentro 制作・脚本 カンヌ国際映画祭作品賞ノミネート, 監督はアントニオ・エセイサ
1967年 El próximo otoño 制作 監督はアントニオ・エセイサ
1967年 De cuerpo presente 制作・脚本 監督はアントニオ・エセイサ
1967年 ペパーミント・フラッペ Peppermint Frappé 制作 ベルリン国際映画祭監督賞受賞, 監督はサウラ
1968年 Si volvemos a vernos 制作 監督はフランシスコ・レゲイロ
1968年 Stress-es tres-tres 制作 ヴェネツィア国際映画祭作品賞ノミネート, 監督はカルロス・サウラ
1969年 La madriguera 制作 ベルリン国際映画祭作品賞ノミネート, 監督はカルロス・サウラ
1969年 挑戦 Los desafíos 制作 オムニバス映画, サン・セバスティアン国際映画祭監督賞受賞
1970年 Las secretas intenciones 制作 監督はアントニオ・エセイサ
1970年 悦楽の園 El jardín de las delicias 制作 サン・ジョルディ賞作品賞受賞, 監督はカルロス・サウラ
1972年 Carta de amor de un asesino 制作 監督はフランシスコ・レゲイロ
1973年 Ana y los lobos 制作 カンヌ国際映画祭作品賞ノミネート, 監督はカルロス・サウラ
1973年 La banda de Jaider 制作
1973年 ミツバチのささやき El espíritu de la colmena 制作 サン・セバスティアン国際映画祭作品賞受賞, 監督はビクトル・エリセ
1974年 従妹アンヘリカ La prima Angélica 制作 カンヌ国際映画祭審査員賞受賞, 監督はカルロス・サウラ
1976年 El increíble aumento del coste de la vida 制作 短編, 監督はリカルド・フランコスペイン語版
1976年 カラスの飼育 Cría cuervos 制作 カンヌ国際映画祭審査員賞受賞, 監督はカルロス・サウラ
1976年 Pascual Duarte 制作・脚本 カンヌ国際映画祭作品賞ノミネート, 監督はリカルド・フランコスペイン語版
1976年 El desencanto 制作 詩人のレオポルド・パネロに関するドキュメンタリー, 監督はハイメ・チャバリ
1977年 Elisa, vida mía 制作 カンヌ国際映画祭作品賞ノミネート, 監督はカルロス・サウラ
1977年 A un dios desconocido 制作・脚本 サン・セバスティアン国際映画祭最優秀スペイン映画, 監督はハイメ・チャバリスペイン語版
1978年 Las palabras de Max 制作・脚本
1978年 Los ojos vendados 制作 カンヌ国際映画祭作品賞ノミネート, 監督はカルロス・サウラ
1979年 ママは百歳 Mamá cumple cien años 制作 サン・セバスティアン国際映画祭審査員特別賞受賞, 監督はカルロス・サウラ
1980年 Los primeros metros 制作 監督はハビエル・アナスタシオなど
1980年 Dedicatoria 制作・脚本 カンヌ国際映画祭作品賞ノミネート, 監督はハイメ・チャバリスペイン語版
1981年 急げ、急げ Deprisa, deprisa 制作 ベルリン国際映画祭作品賞受賞, 監督はカルロス・サウラ
1982年 Dulces horas 制作 監督はカルロス・サウラ
1983年 エル・スール El sur 制作 カンヌ国際映画祭作品賞ノミネート, 監督はビクトル・エリセ
1984年 Feroz 制作・脚本 監督はマヌエル・グティエレス・アラゴン
1984年 タシオ Tasio 制作 フォトグラマス・デ・プラータ 最優秀スペイン映画, 監督はモンチョ・アルメンダリス
1986年 27時間 27 horas 制作・脚本 ゴヤ賞作品賞ノミネート, 監督はモンチョ・アルメンダリス
1989年 El número marcado 制作 短編
1990年 アロウの手紙 Las cartas de Alou 制作 ゴヤ賞脚本賞受賞, 監督はモンチョ・アルメンダリス
1992年 Una estación de paso 制作・脚本 バリャドリッド国際映画祭審査員特別賞受賞, 監督はグラシア・ケレヘタスペイン語版
1993年 El aliento del diablo 制作 サン・セバスティアン国際映画祭作品賞ノミネート, 監督はパコ・ルシオスペイン語版
1995年 Historias del Kronen 制作 ゴヤ賞脚本賞受賞, 監督はモンチョ・アルメンダリス
1995年 ロスト・チルドレン La ciudad de los niños perdidos 制作 セザール賞プロダクション・デザイナー賞受賞, 監督はジャン=ピエール・ジュネ
1996年 El último viaje de Robert Rylands 制作・脚本 サン・セバスティアン国際映画祭作品賞ノミネート, 監督はグラシア・ケレヘタスペイン語版
1996年 カット! Familia 制作 ゴヤ賞新人監督賞受賞, 監督はレオン・デ・アラノアスペイン語版
1998年 Shampoo Horns 制作 監督はマヌエル・トレダノスペイン語版
1998年 Barrio 制作 ゴヤ賞監督賞/脚本賞受賞, 監督はレオン・デ・アラノアスペイン語版
1999年 Cuando vuelvas a mi lado 制作・脚本 ゴヤ賞作品賞ノミネート, 監督はグラシア・ケレヘタスペイン語版
2000年 La espalda del mundo 制作・脚本 第三世界に関するドキュメンタリー, 監督はハビエル・コルクエラスペイン語版
2001年 Asesinato en febrero 制作・脚本 ドキュメンタリー, 監督はエテリオ・オルテガスペイン語版
2002年 Traineras 原案 トライネラに関するドキュメンタリー, 監督はエテリオ・オルテガスペイン語版
2002年 月曜日にひなたぼっこ Los lunes al sol 制作 ゴヤ賞作品賞受賞, 監督はレオン・デ・アラノアスペイン語版
2003年 Condenados al corredor 制作 ドキュメンタリー, 監督はハビエル・コルクエラスペイン語版
2004年 Perseguidos 脚本
2005年 Invierno en Bagdad 制作 ドキュメンタリー, 監督はハビエル・コルクエラスペイン語版
2005年 Avant l'oubli 制作 監督はアグスティン・ブルヘルスペイン語版
2006年 Noticias de una guerra 制作 監督はエテリオ・オルテガスペイン語版
2006年 Goodbye, América 制作 アル・ルイスに関するドキュメンタリー, セルヒオ・オクスマンスペイン語版監督
2007年 Siete mesas de billar francés 制作 マリベル・ベルドゥなどが出演, 監督はグラシア・ケレヘタスペイン語版
2007年 Buscarse la vida 制作
2008年 El agua de la vida 制作
2009年 Cerca de tus ojos 制作・脚本・監督 ドキュメンタリー, マリベル・ベルドゥなどが出演

受賞編集

映画祭/映画賞 カテゴリー 作品 結果
1961年 スペイン映画批評家協会賞 短編映画賞 A través del fútbol 受賞
1987年 ゴヤ賞 作品賞 27時間 ノミネート
1991年 ゴヤ賞 作品賞 アロウの手紙 ノミネート
1998年 サン・セバスティアン国際映画祭 監督賞 Barrio 受賞
1961年 スペイン映画批評家協会賞 脚本賞 Cuando vuelvas a mi lado 受賞
2000年 ゴヤ賞 脚本賞 Cuando vuelvas a mi lado ノミネート
2003年 ゴヤ賞 作品賞 月曜日にひなたぼっこ 受賞
2013年 ATV賞 脚本賞 La conspiracíon ノミネート

脚注編集

文献編集

  • Whittaker, Tom. The Films of Elías Querejeta: A Producer of Landscapes. University of Wales Press. pp. 2011. ISBN 9780708324387 

外部リンク編集