メインメニューを開く

エリアナ・パヴロワEliana Pavlova、Еле́на Па́влова 1899年3月22日 - 1941年5月6日)は、ロシア出身の日本のバレリーナである。1937年帰化、日本名霧島 エリ子きりしま えりこ)。横浜、のちに鎌倉でバレエを教え、日本にバレエを根づかせた最初の人物として知られる。「日本バレエの母」と呼ばれる。

人物・生涯編集

1899年(明治32年)3月22日、ロシア・サンクトペテルブルク貴族の家庭に生まれる。

母・妹とともにロシア革命から逃れ、ヘルシンキハルビン上海を経て、1920年(大正9年)に日本に入国する。翌1921年(大正10年)、小山内薫が所長を務める東京市本郷区(現在の文京区本郷)の「松竹キネマ研究所」が製作したサイレント映画君よ知らずや』の主演に抜擢される。

 
エリアナ・パヴロワ邸。1979年3月16日撮影。

1927年(昭和2年)、神奈川県鎌倉郡腰越津村七里ヶ浜(現在の鎌倉市七里ガ浜東)に日本初のバレエの稽古場を開設、東勇作橘秋子貝谷八百子近藤玲子大滝愛子島田廣服部智恵子らを育てた。1937年(昭和12年)、日本に帰化した。

1941年(昭和16年)5月6日日本軍慰問に訪れた南京で死去した。42歳で没。その死は軍属戦病死として扱われ、御霊は靖国神社に祀られた。

稽古場はエリアナの死後も母ナタリア(1872-1956)と妹ナデジタ(1905-1982)[1] により続けられたが、ナデジタの死により閉鎖された。その後は長らく「鎌倉パブロワ記念館」として公開されていたが、1996年(平成8年)に閉鎖され個人の邸宅となっている。

同地には元門下生や有志によって「日本バレエ発祥の地」という記念碑が建立されている。 なお、ナデジタは1977年10月24日放送の新日本紀行「湘南・電車通り 〜鎌倉・藤沢〜」に出演しており、その中で姉について語っている[2][3][4][5]

メディア編集

  • BS朝日『草刈民代 日本バレエの母を求めて ~エリアナ・パヴロバの波乱の生涯と謎~』2014年12月30日放送[6]

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集